2021年02月12日 (金)大竹和紙の伝統を支える人々をみっけ!!


こんにちは、水野貴絵です。

県内で唯一、手すき和紙を作っている、

大竹市に行ってきました。

 

和紙作り、ときくと、

液体を揺らして薄くのばし、乾かして・・・。

小学生の時に体験させてもらった記憶が。

そんなことを思いながら

『おおたけ手すき和紙の里』

という場所に向かいました。

すると、煙がモクモク。

タケノコのような匂いが・・・

mikke_20210212_01.jpg

手すき和紙保存会の会長、

森本勝見(もりもと・かつみ)さんに

いろいろ教えていただきました。

mikke_20210212_02.jpg

コウゾ、という植物の枝の皮を、

水に浸し柔らかくして、熱湯でゆでて

それを漂白して・・・

え~!紙をすく作業に入るまでに

たくさんの工程が(*゚д゚*)

知らなかった~!

mikke_20210212_03.jpg

ここではコウゾも、

コウゾの皮と混ぜる

粘り気のあるトロロアオイという植物も

自分たちで栽培しているんです。

そして「知らなかった~」が他にも!

大竹和紙を作るときは、

紙すきをするとき

前後にしか揺すらない、

ということ。

そうすることで、

強いけど加工しやすい和紙

できるんだそうです。

mikke_20210212_04.jpg

紙すきをされている

竹中智和(たけなか・ともかず)さんが

とても愛しそうに

和紙についてお話する姿が

とっても印象的でした。

mikke_20210212_05.jpg

竹中さん、歴史好きらしく

「400年以上も続いている作業を

こうして受け継いでいる・・・。

ロマンを感じますよね~!」

と話されていました(〃’▽’〃)

森本さんと竹中さんが

声をそろえて言っていたのが、

みんながいるから

こうして伝統を守ることができる、

ということ。

mikke_20210212_06.jpg

伝統を絶やすまいと心を込めて

和紙作りをしている方達と出会えた

「みっけ!!」でした。

みなさんありがとうございました(≧∀≦)

投稿者:みっけ!リポーター | 投稿時間:12:00


ページの一番上へ▲

検索

カレンダー

2021年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

新着記事

RSS