2019年10月15日 (火)台風19号に思うこと


台風19号により、またしても国内で甚大な災害が起きてしまいました。

広島県の皆様の中にも、離れたご家族や友人の様子を心配される方は多いと思います。

被災された方に心よりお見舞い申し上げるとともに

一日も早く普段の生活を取り戻せるよう願っています。

 

今回は数日前から気象庁の異例の記者会見が行われ、全国放送でも盛んに危険性が

呼びかけられました。西日本豪雨のとき以上だったのではないかと思います。

自然の力によって川が溢れてしまったり、崖が崩れてしまったり、風による影響が出ることは

残念ながら避けられませんが、そのなかで命を落とさないよう行動することが大切です。

 

今回の大災害を「東日本や北日本は大変だった」と思わず、

自分たちに置き換えて考えてみてください。

もしも広島だったら、自分だったら、どこにいつ避難するべきなのか、

どこに近づいてはいけないのか、どんなリスクが想定されるか。

大雨と台風による暴風雨とでは、状況も変わります。

梅雨時に停電するのと今の時期とでは暑さ寒さへの備えも変わります。

避難所での生活にはどんなものが必要だろうか。

こうして被災地の様子や情報が流れてくる今の時期に、ぜひ一度、

自分の身に置き換えて考えてみてください。

私も、これが広島だったらどう呼びかけるかどう伝えるか、考えています。

 

毎年全国のあちこちで大きな災害が起きています。雨の降りかたや台風の影響が

昔とは違うと感じる方も多いと思います。ならば私たちが命を守る力を上げなければいけません。

 

西日本豪雨からまだわずか一年3ヶ月ほど。

こんなにも広範囲で大きな被害が出たことに心を痛めています。自然の力に恐怖も感じます。

来年、再来年、広島県に大雨や台風が来ない保証はありません。地震もあり得ます。

災害がどこか離れた場所で起きたとき、被災地へ思いを馳せたり復旧に協力することはもちろん、自分たちならどうするだろうかと考えること。

これも防災力をつけるために必要なことだと思います。

 

投稿者:かつまるきょうこキャスター | 投稿時間:15:30


ページの一番上へ▲

検索

カレンダー

2019年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

新着記事

RSS