2018年09月20日 (木)顕著


きょうは彼岸の入り。

お彼岸といえば、おはぎ、ぼたもち、彼岸花。

そしてこの言葉でしょうか。

R1_P006_D0_S1_11288.jpg

秋分の日(23日)を過ぎるとだんだん昼間が短くなり、

日の当たる時間が短くなることもあって残暑も落ち着く・・・

なんていいますが、本当でしょうか?

調べてみました。

 

広島市中区の気温を振り返り、その年 最後に30℃以上になった日

つまり「最終真夏日」をピックアップしてみました。

黄色く塗ったところがお彼岸。

去年までの15年分を調べ、赤い●で示してみると( ..)φ

R1_P006_D0_S1_11291.jpg

あら。全然「彼岸まで」になっていません(・_・)

暑さ寒さも体育の日くらいまで。

 

では昔はどうだったか、50年くらい前までさかのぼってみようと

1970年からの15年分を調べました( ..)φ

1980年は大冷夏だったので、なんと「最終真夏日」は8月1日!

なので、その他の14年分を青い●で示します。

R1_P006_D0_S1_11289.jpg

見事に、きっちり、きれいに、

遅くともお彼岸の期間中には真夏日が終わっています(@_@;)

これこそまさに、暑さ寒さも彼岸まで。

 

調べてみようとは思いましたが、まさかこんなにキレイに

結果が分かれるとは思っていませんでした。

私的大発見!くらいの驚きではありましたが、

でも日々の生活の中でみなさん実感はありますよね。

暑さが長引き、秋の過ごしやすい日が少なくなっているように感じます。

猛暑日が増えたり、サクラの開花が早くなったり。

温暖化の影響が色んなところに影響が出ています。

 

ことわざも、気候の変化にあわせて変えないといけなくなるかも?(・_・)

投稿者:かつまるきょうこキャスター | 投稿時間:18:10


ページの一番上へ▲

検索

カレンダー

2021年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

新着記事

RSS