2015年06月12日 (金)ひと・・・○


梅雨特有の、まとわりつくような蒸し暑さでした

私のくせっ毛の髪は、

わずかな湿気にも敏感に反応する優秀な湿度計です

 

 

今日のような日は、メモリが振り切れたかのように

モワモワとまとまりがなくなります

一年で一番、直毛の人が羨ましい季節になりました。

 

憂鬱な梅雨時期、きれいな青空が出ると

うれしくて見上げたくなるものです

さて、そこに浮かぶ雲 は どうやって数えますか???

 

「数え方の辞典 」を調べてみると、

どうやら雲の種類 によっていろいろなんです。

otenki150612a.jpg

(画像をクリックすると拡大します)

 

ポッカリ浮かぶような雲 には「片」を使ったり。

飛行機雲 の「本」や「筋」は、なんとなくイメージできそうですね。

「条」は、細長いものを数えるときに使うんだそうです。

夏の主役 モクモク湧き上がる入道雲 はどうでしょうか?

 

高嶋キャスターは「ひと盛、ふた盛り

小松アナは「ひと雲、ふた雲」と予想していましたね。

高い山に見立てて、「座」を使うんだそうですよ

 

機会があったら…雲を数えてみてください。

 

投稿者:かつまるきょうこキャスター | 投稿時間:19:13


ページの一番上へ▲

検索

カレンダー

2020年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー

新着記事

RSS