2020年10月06日 (火)アルバムを開いてみると・・・4


アナウンサーの浅井です。

以前このブログで

「いつかご紹介する」と書いた、

私のプロ野球初実況の試合について。

2011年7月3日、

マツダスタジアムでの

広島ヤクルトの試合です。

なかなかこの試合について

取り上げられなかったのは…

この選手の1軍昇格を待っていたから。

asa20201006_01.jpeg

中村恭平投手です。

昨シーズンからリリーフとして

活躍していますが、元々は先発。

速球派の大型左腕として

ドラフト2位で入団し、

2011年はルーキーイヤーでした。

初先発は6回途中まで無失点、

勝ちこそつかなかったものの、

期待の広がる初登板でした。

7月3日はそれを受けての

プロ2回目先発

初勝利なるか!

という登板でしたが…。

 asa20201006_02.jpegのサムネイル画像

結果は2回途中5失点での

ノックアウトでした。

放送の解説は、

カープOBの小早川毅彦さん。

私が「まだルーキーですし、

これからも登板のチャンスは

来ると思いますが…」と振ると、

一言「プロはそんなに甘くないですよ」

期待の若手だからといって、

無条件に機会を与えて

もらえるわけではない。

結果を出してこそプロ。

そうおっしゃいました。

実際、この年の中村投手は

3試合の登板で勝ち星なし。

初勝利は3年目のことでした。

それから9年、

中村投手は苦しい時期を乗り越えて

リリーフとしてカープを

支える存在になりました。

チームは苦境に立たされている

今シーズンですが、

中村投手や堂林選手など、

長く苦しんだ選手の

1軍での活躍という楽しみを

見せてくれています。

 asa20201006_03.jpeg

マツダスタジアムでは、

10月10日(土)午後6:00【全国放送】
広島ヤクルト(BS1・全国放送)

10月11日(日)午後1:05【全国放送】
広島ヤクルト(総合テレビ・全国放送)

の2試合を中継します。

厳しいプロの戦いを続ける選手たちに、

みんなでエールを!

 

投稿者:浅井 僚馬 | 投稿時間:14:00


ページの一番上へ▲

アナウンサー

キャスター

検索

カレンダー

2020年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

新着記事

RSS