2019年06月13日 (木)「ラジオで伝える"防災"」


広島局では、

梅雨や台風など雨による災害の

恐れがあるこの時期に、

ラジオを通じて災害への備えを呼びかける

「防災ラジオキャンペーン」

を行ってきました。

6年目となる今年は、

「西日本豪雨災害の教訓を生かして、命を守る」

がテーマです。

去年7月、

広島県内にも大きな被害をもたらした

西日本豪雨災害の体験談を、

アナウンサーが朗読します。

                                         

 

こちらが、今回朗読する体験談集です。

0613naitouana.jpg

砂防学会と、

広島市防災士ネットワークが発行し、

西日本豪雨災害を体験した

117人分の体験談が

掲載されています。

中には、自宅が流されたり、

親しい方を亡くされたりした方もいます。

 

「近所の方からの一言がきっかけで

 命拾いした」、

「助かったのは運が良かっただけで、

 次に何かあったら、なんとしても

 早めの避難を心がけようと誓った」

など、実際にあの豪雨を体験したからこそ

言え教訓に満ちた証言

数多く収められています。

 

この中から18人の体験談の一部を、

NHK広島放送局のアナウンサーが

朗読で紹介し、

早めの避難の大切さや、

豪雨への備えを呼びかけます。

 

放送予定

6月17日(月)から9月27日(金) 

ラジオ第1(広島県向け)

(月)~(金)1日2回 

 午前9:55 

 午後1:55

 

夕方の県内向けラジオ番組

「ひろしまコイらじ」でも、

随時放送します。

NHKネットラジオ

「らじる★らじる」でも

お聞き頂けます。

 

 

投稿者:内藤雄介 | 投稿時間:15:50


ページの一番上へ▲

アナウンサー

キャスター

検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

新着記事

RSS