シュン

2020年09月02日(水)

「もし75年前にSNSがあったら?」1945年、広島の中学1年生・新井俊一郎さんの日記原文(1945年8月28日~9月4日)

arai.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

もし75年前にSNSがあったら、当時の人はどんなことをつぶやいていたでしょう?

NHK広島放送局では、終戦の年(1945年)に書かれた日記をもとに、75年前の人の暮らしや気持ちをTwitterで発信中です。
https://twitter.com/nhk_1945shun
「シュン」のツイートは、新井俊一郎さん(当時13歳)が書いた日記にもとづいて作成しています。現代の広島の10代が新井さんの日記を読み、その味わいを大事にしつつ、若者の感性を加味し、想像を膨らませて書いています。
ここでは、ツイートのもとにしている日記の原文を掲載します。現在では適切でない表現などを含む場合もありますが、当時の社会状況を伝えるため、原文のまま掲載します。また、プライバシーにかかわる個人名等は日記から除いています。

 

8月28日(火) 秩父の母方の本家にて
 朝食、本を読みふける。「明治大帝」といふのを見る。少し悪戯気分を出して、壊れて動かない蓄音機をいたづらする。手で音盤を廻して、かける。

8月29日(水)
 今日は、母の実家より父の実家へと帰へった。
昨日、作って、そのまま火鉢の上に乗せておいたトウモロコシの砂糖汁が、とてもドロッとして甘い。お饅頭につけて食べる。饅頭も甘いが、トウモロコシも甘い。
 ブダウを取って食べる。大分甘いのもあったが、まだ酸っぱい。もう一度、トウモロコシ汁をこしらへた。これも瞬く間に平らげた。

8月30日(木) 晴曇
 埼玉の家に来ると、つい、広島に帰へるのが厭になる。おまけに、新聞は広島の原子爆弾のひどさを大々的に書いてゐるので、何だか気が進まない。今日も大分暑い。
幼なじみの親友が訪ねて来てくれる。懐かしい。

8月31日(金) 雨
 今日、また雨が降りだした。近頃は変な天候が続く。朝食にニシンが出た。とても美味しい。
 棚の中に入ってゐた「青年」といふ本を見せてもらふ。とても面白い。伯父さんが紙芝居をして下さった。立派な舞台で、すごいものである。はじめ僕がフクチャンを見せてやる。近所の子供達も多数やって来た。父が「大楠公」をやる。面白い声でやるので、キャッキャッといふ大騒ぎであった。僕がほかに二種類ぐらいやる。

《8月の感想》
 昭和二十年八月。この年月を我々、日本国民は永久に忘れ得ない、国辱の月である。この八月こそ、日本の将来に一大転換をさせた歴史的な月である。ああ、帝国は無条件降伏をした。八月こそ、帝国の運命の月だ!!我々は、この国辱的な八月を永久に忘れず、帝国復興に力を尽くさなくてはならない。我等、日本帝国の臣民は誓ふ。
 必ず大日本帝国を以前より、より良き國に作りなほします!!世界平和、否、帝国復興のため尽力しやうではないか。歴史の月『八月』

9月1日(土) 曇
 今日は曇って、少し陰気な日である。思へば、八月といふ月は、日本の国運を左右した歴史的な日である。日本の国民は昔から敗戦、敗北といふ憂き目にあったことがない。それであるから、今度の敗戦国としての帝国の存立にとても憂へてゐる。さもあらう、帝国三千年の歴史を汚したのである。これは、御歴代の天皇、忠臣に何とお詫びしてよいやら。
 この国辱の日は、いよいよ明日と決定した。我國の代表は重光外務大臣、参謀総長。敵はダグラス・マックアーサー等である。
 ああ、遂に我々は戦ひて破る。特攻隊の勇士に何とお詫びしてよいやら。

9月2日(日) 曇
 もう埼玉へ帰へって来てから、だいぶ日がたった。本当なら、昨日までには広島に帰へってゐなくてはならないわけであるが、このやうな非常時であるため、少し遅れてもかまはないさうである。
 寸時、国民学校に遊びに行って来る。もとは自分も、ここの学校で学んだ事のある者である。何だか懐かしく思ふ。学校の裏に行って見る。ここで写真を撮ったことがある。

9月3日(月) 晴
 夕べも、実に体がかゆくてならなかった。どうかして、このかゆさが治らないものか。 
昼食のジャガイモを煮る役目をおほせつかった。薪がうんとあるので、煮るのがみやすい。沢辺のジャガイモは、ほくほくして、とても美味である。広島での配給のイモとは雲泥の差である。
 赤ちゃんと遊ぶ。ここの赤ちゃんは、とてもおとなしくて、育てるのにとても楽だと伯母さんは言ってゐられた。夕食にはサツマイモの茎のかはりに、サケの缶詰を開けた。缶詰はいつ食べても美味しい。

9月4日(火) 曇
 今日も、あまり変化なし。やはり本を読む。今の自分には、これ以上の楽しみはないのである。
 母達が蚕をやってゐるので、自分も共に手伝ふ。蚕を扱ふのも仲々面白いものである。白い色のきれいな蚕。これが立派な絹糸を出すのかと思ふと、何だか面白い。桑をやると大きな頭を振り動かして食べる。
 ジャガイモをふかして皆で食べる。とてもほくほくして美味である。風呂に入って夕食。「ひきのばし」を食べる。御飯はジャガイモが入ってゐるが、仲々うまい。寝。