日記の原文一郎

もとになった、大佐古一郎さんの
1945(昭和20)年の日記の原文です。