本文へジャンプ

【相模原市障害者施設殺傷事件】 障害者団体等の声明

2016年07月28日(木)

7月26日未明、神奈川県相模原市の障害者入所施設で、多くの利用者がその命を奪われたり負傷したりする痛ましい事件が起きました。犠牲となった方たちに心よりお悔やみを申し上げます。容疑者は障害のある人の命や尊厳を否定するような供述をしていると伝えられています。ハートネットTVではこれまで障害がある人もない人もすべて生命と尊厳が守られる社会を目指して放送を出してきました。これからも変わらず、ひとりひとりの命の重さを胸に、番組を作っていきたいと思います。

今回の事件を受けて、多くの当事者団体が声明を発表しています。

全国手をつなぐ育成連合会
特定非営利活動法人 DPI(障害者インターナショナル)日本会議
公益財団法人 日本知的障害者福祉協会
きょうされん

また、容疑者に精神科病院の入院歴があると報じられていますが、このことが精神障害者への偏見や差別につながらないよう、呼びかけている団体もあります。

公益社団法人 全国精神保健福祉連合会
COMHBO 地域精神保健福祉機構

 


各当事者団体の声明文はこちらからご覧いただけます。
※画像をクリックすると大きく表示されます。


 

全国手をつなぐ育成連合会
20160728_tewo001.png神奈川県立津久井やまゆり園での事件について(声明文)

 平成28年7月26日未明、障害者支援施設「神奈川県立津久井やまゆり園」(相模 原市緑区、指定管理者・社会福祉法人かながわ共同会)において、施設入所支援を利用 する知的障害のある方々が襲われ、19 人が命を奪われ、20 人が負傷するという未曾有 の事件が発生しました。被害に遭われ亡くなられた方々に、衷心よりご冥福をお祈りす るとともに、ご家族の皆様にはお悔やみ申し上げます。また、怪我をされ治療に当たら れている方々の一日も早い回復をお祈り申し上げます。
 
 抵抗できない障害のある人に次々と襲いかかり死傷させる残忍な行為に私たちは驚 愕し、被害にあわれた方々やそのご家族の無念を思い、悲しみと悔しさにただただ心を 震わせるばかりです。職員体制の薄い時間帯を突き、抵抗できない知的障害のある人を 狙った計画的かつ凶悪残忍な犯行であり、到底許すことはできません。
 事件は、当会会員・関係者のみならず、多くの障害のある方やご家族、福祉関係者を 不安に陥れ、深く大きな傷を負わせました。このような事件が二度と起きないよう、事 件の背景を徹底的に究明することが必要です。

 今後、事件対応に関わる皆様には、まずは被害者及び被害者の遺族・家族、同施設に 入所されている方々のケアを十分に行ってくださるようお願いいたします。その上で、 事件の背景・原因・内容を徹底して調査し、早期に対応することと中長期に対応するこ とを分けて迅速に行いつつ、深く議論をして今後の教訓にしてください。加えて、本事 件を風化させないように今後の対応や議論の経過を情報として開示してください。
 また、事件で傷ついた被害者やご遺族が少しでも穏やかに過ごせるよう、特に報道関 係機関には特段の配慮をお願いします。

 事件の容疑者は、障害のある人の命や尊厳を否定するような供述をしていると伝えら れています。しかし、私たちの子どもは、どのような障害があっても一人ひとりの命を 大切に、懸命に生きています。そして私たち家族は、その一つひとつの歩みを支え、見 守っています。事件で無残にも奪われた一つひとつの命は、そうしたかけがえない存在 でした。犯行に及んだ者は、自らの行為に正面から向きあい、犯した罪の重大さを認識 しなければなりません。
 また、国民の皆様には、今回の事件を機に、障害のある人一人ひとりの命の重さに思 いを馳せてほしいのです。そして、障害の有る無しで特別視されることなく、お互いに 人格と個性を尊重しながら共生する社会づくりに向けて共に歩んでいただきますよう 心よりお願い申し上げます。

平成 28 年 7 月 26 日 全国手をつなぐ育成会連合会 会長 久保 厚子


障害のある人たちに向けてだされた、ふりがな付きの声明文
20160728_tewo002.png


津久井(つくい)やまゆり園(えん)の事件 じけん について
(障害(しょうがい)のあるみなさんへ)

7月(がつ)26日(にち)に、神奈川県(かながわけん)にある「津久井(つくい)やまゆり園(えん) 」という施設(しせつ)で、
障 害( しょうがい)のある人(ひと) たち 19人(にん)が殺(ころ)される事件(じけん)が 起(お)きました。
容疑者(ようぎしゃ)として逮捕 (たいほ)されたのは、施設(しせつ)で 働 はたら いていた男性(だんせい)でした。
亡(な)くなった方々(かたがた)のご冥福(めいふく)をお祈(いの)りするとともに、
そのご家族(かぞく)には お悔(く)やみ申(もう)しあげます。
また、けがをされた方々(かたがた)が 一(いち)日(にち)でも早(はや)く 回復(かいふく)されることを
願(ねが)っています。

容疑者(ようぎしゃ)は、自分(じぶん)で助(たす)けを呼(よ)べない人(ひと)たちを 次々(つぎつぎ)におそい、
傷(きず)つけ、 命(いのち)をうばいました。
とても残酷(ざんこく)で、決(けっ )して 許(ゆる)せません。
亡(な )くなった人(ひと)たちのことを思(おも)うと、とても悲(かな)しく、悔(くや)しい思(おも)いです。

容疑者(ようぎしゃ)は「障害 (しょうがい)者(しゃ)はいなくなればいい」と 話(はな)していたそうです。
みなさんの中(なか)には、そのことで 不安(ふあん)に感(かん)じる人(ひと)も
たくさんいると思(おも)います。
そんなときは、身近(みぢ)な人(ひと)に不安(ふあん)な気持(き も)ちを 話(はな)しましょう。
みなさんの家族(かぞく)や友達(ともだち)、仕事(しごと)の仲間(なかま) 、支援者(しえんしゃ)は、
きっと 話(はなし)を聞(き) いてくれます。
そして、いつもと同(おな)じように 毎(まい)日(にち) を過(す)ごしましょう。
 不安(ふあん)だからといって、生活(せいかつ)のしかたを 変(か)える必要(ひつよう)は ありません。

障 害(しょうがい)のある人(ひと)もない人(ひと)も、 私(わたし)たちは 一人(ひとり)ひとりが 大切(たいせつ)な存在(そんざい)です。
障 害(しょうがい)があるからといって
誰(だれ)かに傷(きず)つけられたりすることは、あってはなりません。
もし誰(だれ)かが「 障 害(しょうがい)者(しゃ)はいなくなればいい」なんて言(い) っても、
私(わたし)たち家族(かぞく)は 全力(ぜんりょく)でみなさんのことを 守(まも)ります。
ですから、安心(あんしん)して、堂々(どうどう)と 生(い)きてください。

平成(へいせい)28年(ねん)7月(がつ)27日(にち)

全国(ぜんこく) 手(て) をつなぐ育成会(いくせいかい) 連合会(れんごうかい) 会 長(かいちょう)
久保(く ぼ) 厚子(あつこ)

もどる▲




特定非営利活動法人 DPI(障害者インターナショナル)日本会議
20160728_DPI.png

2016 年 7 月 27 日


相模原市障害者殺傷事件に対する抗議声明

 

 わたしたち DPI(障害者インターナショナル)日本会議は、障害の種別を越えて障害者が障害のない 人と共に生きることができる社会づくりのための運動を行っている団体であり、北海道から沖縄まで 91 の団体で構成されている障害当事者団体である。
 2016 年 7 月 26 日未明に相模原市の障害者施設で起きた障害者殺傷事件によりお亡くなりになられた 方々のご冥福をお祈りし、負傷された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

 現時点で事件の全容は不明でありその解明は今後を待たなければならないが、報道によると容疑者は 深夜に施設に入り、障害者を刃物で次々と襲い、殺傷し、神奈川県警の調べに対し「障害者なんていな くなればいい」という趣旨の供述をしているとも伝えられている。もし、これが事実だとすると、障害 者を「あってはならない存在」とする優生思想に基づく行為に他ならず、私たち DPI 日本会議はここに 強い怒りと深い悲しみを込めて断固として優生思想と闘っていくことを改めて誓う。

 近年、閉塞感が強まる中、障害者をはじめとするマイノリティに対するヘイトスピーチやヘイトクラ イムが引き起こされる社会状況の中で、今回の事件が起きたことを看過してはならない。ヘイトスピー チ、ヘイトクライムを許さず、それらが引き起こされる社会状況を変革し、誰もが排除したりされたり しないインクルーシブな社会づくりを進めていくことが求められている。
 障害者分野では、2014 年に障害者権利条約が批准され、今年4月からは障害者差別解消法が施行され るなど、障害の有無によって分け隔てられることのない共生社会=インクルーシブな社会づくりを目指 した取り組みが進められてきた。
 私たちは、今回の事件にひるむことなく、障害者の生命と尊厳がまもられ、様々な権利が行使できる ように、インクルーシブ社会に向けた活動をより一層強める決意である。

 なお、容疑者とされる者の入院歴等が一部マスコミで取り沙汰されているが、事件の全容が解明され ていない中で偏見と予断を煽りかねない報道は差し控えられることをあわせて求めるものである。

もどる▲



公益財団法人 日本知的障害者福祉協会 (※会員向けに出された声明文です)
20190728_chiteki.png平成28年7月26日
公益財団法人 日本知的障害者福祉協会 会 長 橘 文 也


津久井やまゆり園での事件について

 

 平成28年7月26日未明、本会会員施設、神奈川県「津久井やまゆり園」において世間 を震撼させる痛ましい事件が起きたことは誠に遺憾であります。
 多くの利用者の方が亡くなられ、負傷されましたことに対し、心よりお悔やみを申 し上げます。また、負傷された方の一刻も早い回復と、事件現場に居合わせた方々の 心的外傷が深くならぬことを願ってやみません。
 マスメディア等での情報が錯綜しておりますが、情報収集につきましては冷静な対 応をお願い申し上げます。
 現在、関東地区会並びに神奈川県協会において情報収集等について努力していただ いておりますが、本会といたしましても、当該施設を利用されている方々、ご家族、 職員等への支援のあり方について、神奈川県協会と連携を図りつつ対応していきたい と考えております。
 なお、事件の詳細は警察によって明らかになるものと思いますが、障がい福祉サー ビスを利用されている方々の不安が増幅されることのないよう適切な対応に努めてい ただきますとともに、リスク管理体制の再点検に努めていただくようお願い申し上げ ます。

もどる▲


きょうされん
20160728_kyousarenn.png

2016年7月26日

障害者入所施設で起こった悲惨な事件について

 

きょうされん常任理事会

 本日未明、神奈川県相模原市の障害者入所施設で起こった悲惨な事件は、日本各地に大きなショックをもたらしました。とりわけ障害のある当事者や家族、関係者の受けた衝撃、そして不安や悲しみは言葉であらわすことができません。

 なにより、犠牲となった障害のある当事者、そのご家族に哀悼の意を表するとともに、負傷した方たちの一日も早い回復を祈ります。ならびに、同施設で事件に遭遇した方たちの心の傷が時間をかけながら癒されることを切に願います。

 容疑者の卑劣な行為は、いかなる理由があるにせよ決して許すことはできません。一方で、なぜこのような事件が障害者入所施設で起こってしまったのか、戸惑いと疑念が晴れません。こうした事件を二度とくり返さないためにも、事件の背景や真相が究明されることを願います。
 なお、報道によると容疑者には入院歴があったとされていますが、今後、精神障害に対する誤った認識や差別が助長されないよう、各機関には慎重な対応を求めます。

 最後に、本事件の報道に触れて、全国の障害のある当事者、その家族、関係者には動揺と不安が広がっています。障害のある当事者と家族のみなさんには、できるかぎり冷静さを失うことなく、普段どおりの生活を送られることを呼びかけます。あわせて、関係者のみなさんには、障害のある人とその家族の気持ちに寄りそい、個々に応じた特別な支援・援助を行なっていくことを呼びかけます。

もどる▲

 


公益社団法人 全国精神保健福祉連合会
20160728_seisinn.png

もどる▲

 

COMHBO 地域精神保健福祉機構
相模原障害者施設殺傷事件の報道について緊急要望書を提出

私たち「認定NPO法人地域精神保健福祉機構」は、2007(平成19)年1月に設立したNPO法人で、通称をコンボと称します。
私たちは、「精神障害をもつ人たちが主体的に生きていくことができる社会のしくみをつくること。そのために地域で活動するさまざまな人たちと連携し、科学 的に根拠のあるサービスの普及に貢献すること」を使命とし、精神保健福祉関係者、ご本人・ご家族の皆さまに、ご指導・ご支援をいただきながら活動しており ます。
このたびの相模原市で起きた事件について、被害にあわれた方の一日も早い回復を願うとともに、亡くなられた方々に対し深く哀悼の意を表します。またご家族の皆さまの驚きや悲しみをお察し申し上げます。
さて、この事件で逮捕された男について、一部報道では、措置入院の過去があったと報じられています。私たちは、事件の背景・動機などの詳細が不明な段階で、精神障害による犯行とするような報道を危惧しております。
「精神病院に入院」「通院」といった部分記述は、事実であっても、その一文(以下、病歴報道)によって、読者には「精神疾患」が事件の原因であり、動機で あると読まれてしまいます。その結果、「精神病者(精神障害者)はみな危険」という画一的なイメージ(=偏見)を助長してしまうと考えるからです。
2001年の大阪教育大学付属池田小学校事件では、精神障害者の犯行として大々的に報道され、精神障害の当事者に多大な報道被害をもたらしました。
現在、入院患者だけで約30万人、精神障害者保健福祉手帳だけでも約75万人が取得しており、約396万人が精神科に入院・通院しています。こうした人たちの立場や気持ちにも配慮した記事づくりをお願いいたします。

もどる▲

 

▼関連ブログ
 相模原障害者施設殺傷事件 全6回

 第1回 追悼集会に寄せられたメッセージ
 第2回 熊谷晋一郎さんインタビュー
 第3回 中島隆信さんインタビュー
 
第4回 竹内章郎さんインタビュー
 第5回 高谷清さんインタビュー
 第6回 児玉真美さんインタビュー

 ヤマケンボイス 分かち合いたい―「津久井やまゆり園」を訪ねて―
 相模原市障害者殺傷事件に関して
 【相模原市障害者施設殺傷事件】障害者団体等の声明


▼カキコミ板
 相模原市の障害者施設殺傷事件について

コメント

精神保健福祉法「改正」法案の問題点ー相模原事件をうけて精神医療が「治安の道具」に!
             
 現在様々な深刻な問題を抱えている国会であるが、4月からは共謀罪や精神保健福祉法「改正」等さらに恐ろしい「法案」の審議が始まる。前者に関しては皆さんある程度の知識を持っておられるものであろうと思われるが、後者は前回の精神保健福祉法改正の3年後の見直し規定をうけての「改正」である。
 3年前の「改正」も医療保護入院に同意する範囲を「家族等」と3親等以内まで拡大した点等の改悪の側面が強いのであるが、医療保護入院患者には3ヶ月以内に「退院支援計画」の作成が義務付けられる等多少は改善された面もあるのは事実である。前回の「改正」では、医療保護入院のあり方の検討や権利擁護者制度(代弁者制度)の検討等様々な日本の精神医療の問題点の検討が附帯決議等で定められた。附帯決議自体に法的拘束力はないが、厚生労働省の「あり方検討会」等でこの間検討が進められてきた。
 ところが 今回の精神保健福祉法「改正」法案では、「措置入院制度」(「自傷他害のおそれ」がある場合指定医2名の判斷で患者を強制入院させる制度)の強化が急遽盛り込まれることとなった。「措置強化」と一般に言われる。言うまでもなく相模原事件を受けてのことである。
 今回の法案のもとになった報告書をまとめた厚生労働省の「あり方検討委員会」は30名の構成員のうち当事者2名(!)という非常に偏ったメンバー構成であって、検討委員会開催中も決して議論が順調に進んでいたわけではないが、情勢が一変したのが相模原事件以降である。
 まったく検討されてこなかった「措置入院制度」が検証・再発防止検討チームの結論をうけて急遽検討されることになり、措置入院解除後の「支援」が大切だということで、「関連機関(警察も含む)の連絡協議会が設置されるという今回の「改正案」が急遽作成され、閣議決定を経て、4月から国会で審議されることとなったのである!
 一般論として言えば、「措置入院患者」のみならず「医療保護入院患者」や「任意入院患者」も含め退院後の「支援」というもの自体はあったほうが良いように思う。
 
 しかし退院後どのような生活を送りたいのかと言うことは当然のことであるが本人が主体的に関わって決めるべきことである。また患者のプライバシーや医者の守秘義務が守られなくてはならないのは現代医療の常識である。
 ところが今回の「支援計画」は本人抜きで作成してもよいことになっている。本人の意志をまったく尊重しない仕組みなのである。医療者の守秘義務も相当に怪しくなる。また「支援」に主に関わるであろう保健所は現在圧倒的なマンパワー不足であって年間7000人と言われている措置入院患者の退院患者にはおそらく対応できないものと思われる。
 
 支援計画の作成には時間もかかりその分入院期間も長くなるのは必至である。急遽作られたこの法案は非現実的な机上の空論とさえ言いうるであろう。その被害者は実際に入院している患者たちである。
 
 また警察が関わるというのも今回の「改正」案が「精神医療の治安の道具化」と呼ばれる象徴であって極めて問題である。これは「支援」というより「監視」ではないかという意見は当事者団体のみならず精神医療・福祉専門職団体の間でも大変強い。また現時点法案では「支援・監視」の期間も定まっていない。「無期限監視」のおそれさえも否定出来ないのだ。
また例えば薬物依存症の患者が警察に通報されるとわかって果たして治療を受けようと思うだろうか?治療面でのマイナス面を指摘する薬物依存症当事者団体からの強い反対もある。
さらに精神病院入院患者の「人権擁護制度」に関しては前回の改正でも大きな争点となり附帯決議にもかかれていたのであるが、今回の法案では実質骨抜きとなってしまった。
 
 私自身は強制入院制度自体にも疑問を持っているが、強制入院と言う形でいやしくも人の人権を大幅に制限する以上、それに対して本人の立場に立った「権利擁護制度」は不可欠であろう。「退院請求」や「処遇改善請求」を受け付ける現行の精神医療審査会制度は書面審査のみであり実質的にはほとんど機能していないと言う事実は多くの関係者が強く訴えるところである。精神科病院での深刻な人権侵害の例は今日に至っても後を絶たない。宇都宮病院事件は過去の出来事ではまったくないのである。
 その他の法案の問題点もこの際触れておくこととする。
 
 医療保護入院制度と言うのは強制入院の一種で「病識」がない場合に、指定医一人と家族等の同意で運用される制度である。これは極めて特殊日本的な制度であって諸外国にはごく稀にしか存在しない。原理的な問題点はいやしくも人の人身の自由を奪うのに「家族等」と言う「私人」が「同意」するのはおかしいという点である。また家族によって強制入院させられたということで強制入院させられた患者と家族の関係が悪化するケースも決して珍しくはない。また最近急増している認知症患者の入院形態もほとんどが「医療保護入院」であることも是非知っておいて頂きたい。
 
医療保護入院制度自体の廃止論はかねてから強く存在し、今回の「あり方検討会」でも医療者団体や家族会も含め多くの廃止意見が出された。しかし結論は現状よりさらに後退し従来の「家族等」に加えて、いったんは非自発的入院を減らすために廃止された「市町村長同意」と言う仕組みがまた復活してしまったのである!これでは今後ますます医療保護入院患者の数が増加ことは必至である。
 現時点各種国会ロビー活動等で野党議員の多くは問題点を理解してくださり法案反対の方向性であるが、この法案が審議される国会の厚生労働委員会は、与党が圧倒的多数を占めている。このような状況下で具体的にどう闘っていくのか?(精神)障害当事者団体も医療福祉等関係者団体も頭を悩ませている状況にある。
 大阪の当事者団体の仲間はカンパを募って、国会前で座り込み等を行う予定と聞いている。その他全国各地から国会へ当事者のみならず多くの関係者も集まる。
もっと社会全体でこの問題に関心をもって頂ければと願っている。

投稿:荘一(精神障害当事者・大学客員研究員) 2017年04月03日(月曜日) 06時15分

障害をもつ、困っている 病気、貧困 だれかに、助けれて、皆生きてる、お役人は、市民がいるから お仕事あるわけです。過疎地は、役所なんてなく 皆で、助け合ってます。市民がいなくなったら困るのは、相模原市で、事件おこした お役人でしょ。だれもが、障害をもつ見になるのです。加害者だけでなく 彼を、困ってる 人として サポートできない
方々に、失望します。地域のことです。もし僕が、かれのように、相談にいき、放り出されたら、他人の目線で、仕事しようよ それが 人だと思う この地域が、よくないと 思う。どこの 市だよ とりくんでくださいよ

投稿:かながわ県に住んでます 2017年03月26日(日曜日) 23時46分

相模原市役所は今回の事件の責任は「県」で、市は検証しないと 説明が11月にありました。事件が起きた市民は 、驚いてます

投稿:県民 2016年11月18日(金曜日) 22時13分

相模原の事件で思うのですが、私自身精神の手帳を持っているものとして、障害者なんていなくなればいいというのは誰もが持っているものではないでしょうか。私は高次脳機能障害ですと診断を受けてから精神の手帳を持っているからと様々な所で差別を受けました。ある職員からは障害者を定年まで雇うと会社潰れるとか、職員がこんなことを言っても組織のトップはそんなことは知らんと言うう態度です。公の機関がこんなことを言っていいのでしょうか?自分ひとりの声が無力のは分かりますが、こんな事件は絶対にだめです。私自身精神の病院に通っていますが、社会的入院で20年、30年も入院して生活保護で暮らしている人や、本当に働けない人もいます。ある作家が言ってましたけどこの国日本は滅亡へ向っていると言いました。こんな事件が起こるとそうかもしれないと思います。私本人としては精神の偏見がまたぶり返すのではないかと思います。障害者がいて当たり前のような社会や国に日本が変わらないといけないのかもしれません。精神障害の人は犯罪予備軍ではないです。作業所に通っている身としては、作業所の工賃に最低賃金を保障してそこで技術や社会で役立つスキルを身につけて社会に再び送り返すようにしたほうがはるかにいいと思います。そうすれば生活保護も減らせると思います。もちろん年金も取るようにしないといけないと思います。税金も取るようしないといけないと思います。そのようにしないと日本が本当に潰れます。

投稿:宇宙戦艦ヤマト 2016年08月12日(金曜日) 19時37分