本文へジャンプ

【大会2日目】アルペン元オリンピック日本代表・川端絵美さんに聞く。

2014年03月10日(月)

大会2日目の放送を終え、
解説いただいた川端絵美さんにお話を伺いました。


川端さんの得意でいらした滑降でメダルが取れましたけれど、
日本チームの滑りを見てどうでしたか。

滑降はすごいなめらかだったなっていうか。もともとオリンピックの時も過去に無いぐらい難しいコース設定だったので、果たしてチェアスキーが降りれるのかって思っていたんですけれど、すごく選手もライン取りとかがうまくいったかなっていう感じでしたね。だから森井君のちょっと積極的なライン取りでミスをしましたけれど、そこが逆にチーム全体にとっては最終的にライン修正になった部分もあったのかなっていう気がするんですけれど、でも全体にどの選手もすごく自分の持ち味を出し切れた試合を4年に1回というあの舞台で出来ていたなって思いますね。


私たちからすると、森井選手が転倒したとき、
「これは!」と、思っちゃったんですけれど。

私は大輝(森井選手)らしい、ずらさないで切っていこうとする・・・そこは切ったら入らないでしょうと思うところまでも切っていこうとする彼の滑りの良さでもあり、それが仇ともなる場合もあるんですけれど、そういう意味で彼らしい、自分らしい攻めをしてのミスだったかなっていう気はしたんですね。本人はもちろんミスして途中棄権すれば悔しいとは思いますけれど。でもそれでダメになるっていう感じは全然受けなかったですね。大輝らしい、攻めてきたなっていう感じに私は。ここ何年か会ってないですけれど、やっぱり彼の良さだったかな、変わって無いなっていう。やっぱりトップ選手に求められるところって守りじゃなくて攻めですから。
そういうのが全面に出たレース展開をチームとしても出来たのかなっていう。


20140310_pararin001.JPG
 


チェアスキーであのスピード(時速100キロ以上)で降りるっていうのは?
おかしいですね。これは言葉にするとおかしいですねっていうのはちょっとあれですけれど。
やっぱり普通私達がクローチング組んでいても(腰を落とす姿勢)、直線をいってはねた時の吸収っていうのは難しいんですけれど。
それにあのチェアのボディとサスペンションがいいも悪いも余計に働く場合もあるので。雪が柔らかくてチェアが沢山滑っていけばバンプが増えるはずなんですけれど、私達だと吸収した状況なんですけれど。
コントロールしたっていうか、サスペンションをうまくコントロール出来ていたなっていうのを感じましたよね。


“弾丸娘”と言われていた川端さんから見ても。
何か私はそっちに行っていて、まったく私も千葉信哉さん(元五輪代表)も高速系(滑降、スーパー大回転)には日本からは誰も出場しないところをただひたすら解説して帰ってくるんですけれど。毎回。寂しいながら。
出て欲しいなと思うんですけれど、パラリンピックの方では逆に高速系というか、もともと全種目出来る選手っていう強化をしてきたわけですよね。長野から。それがすごくよく出ていて。
そのパラリンピックとオリンピックっていう部分の違いがあるにせよ、やはり日本人が苦手と言われている種目で大量に行っているっていう事はすごい誇らしげっていうか。誇らしい事だと思うんですよね。


逆に言うとオリンピックよりも先に行っちゃっている感じがしますか?
いっちゃっていますね。あの勇気を今の若いチームの子に持ってもらいたい。コワイとか言っている場合じゃないよって、言いたいなっていう勢いですね。
パラリンピックの選手はたまには制御するところがあっていいんじゃないの、ただ行けばいいっていうもんじゃないよっていう部分のある攻めすぎる人たちだから。夏目(賢司)さんなんかも途中棄権しているのを見ましたけれど。彼はどっちかっていうと慎重な部分が多いレースをするんですけれど、今日はそういう滑りでは無かったですよね。ただ雪質がああいう雪なんで。最終的に転倒しましたけれど。何かすごくいろんな4年間の経験をみんなちゃんと出し切れたレースをしているなって。
そんなにやっぱり出し切れるものじゃないと思うんですよ。4年に1回なので。


川端さんは出せませんでしたか?
3回行っても出し切れませんでしたね(笑)。でも葛西みたいに7回も8回も狙おうとは思わないけれど。
でもやっぱりね、直前まで転戦して。これは冬季の選手が夏の選手と絶対の違いで。準備期間が全くない。前の週まで直前まで合宿を、大会を回っていて、それに出ていなかったらオリンピックにも選ばれないわけですから。別にオリンピックでもワールドカップでも大差ないような。下手したら女子の選手だって観客もいなかったりなんかしたら何かあんまり関係無いみたいなね、感覚に陥るんですけれど。
そういう中でも力を出せるっていうのが。やっぱりチームとしての雰囲気もいいでしょうし。やっぱりチーム内で争う選手がいる事がすごくいいんだと思うんですよね。


川端さんが現役の時は?
チーム内に山本さち子がいた時はやっぱり。またちょっと違いましたし。リレハンメルみたいに完全一人になっちゃうと比べるものが外国選手しか無いし、でも日常生活を共にしているわけじゃないから分かりづらいっていうか。


20140310_pararin002.JPG
左から、與芝由三栄アナ、クロスカントリー元オリンピック日本代表・夏見円さん、
アルペン元オリンピック日本代表・川端絵美さん。




チームジャパンは今は?
今のアルペンチームはいいので若手が何人か加わっていますから。それを見て今のうちにどんどん上がってきて欲しい。だから今はフィギュアスケートみたいなものですよね。
ちょっと時代がずれていたら簡単に代表になれたのにねっていう状態ぐらい層が厚いんだと思うんですね。今。そこが抜けきる前にやっぱりそこに入って来られると、どんどん繋がると思うんですけれど、本当にいいレース展開していましたね。雪質が悪くて悩んでいるってコーチ陣はメールで書いてきていましたけれど。
でも自分たちの滑りを信じ切れる自信になるものがあったっていう事ですよね。


川端さんから見て、パラリンピックの魅力とは?
なぜ故に彼らがそこまでやれているのか、私は本当に不思議なんですけれど。
やっぱりいろんな状況で足や手に障害があったりしていると思うんですけれど、私たちは生活してて、生きていても何かちょっと落ち込む材料があった時に、すごく悲観的になってしまうんですが、パラリンピックの選手たちは、失ったところを戻せはしないけれど、でも新しい目標、夢をちゃんと見ていける、そこまでどうやってきたかっていうところが本当は私達が知っていかなきゃいけないと思うんですね。
オリンピアンは金銭的に参戦出来ないとかいろんな事があったとしても、好きにやって好きにケガして(笑)、ケガなんかも大した事なく復帰できるっていう状況があると思うんですけれど。そういう意味ではパラリンピアンはレースの勝った負けたプラス、多分そこに今明るくああやって見せられる顔になるまでの間っていうのが確実にあって。私たちがコーチで行ってもそこはわかりきる事が出来ませんが。そこの何か部分がたぶん見え隠れしているはずなんですよね。彼らの中にも。そこを全部は絶対にわかり得ないと思うんですけれど。
そういう何かを感じてもらいながら勇気を持って私達が普通の生活、今いじめとか色んな事を言われていますけれど、自分自身が強く新しい目標を持って向かっていく所を知れたらいいのかなと思いますよね。


彼らの滑りを見て、川端さんとしては?
 すごいと思いますよ。日常生活で私達が知らない事がありますよね。チェアスキーも乗った事ありますけれど、やっぱり足が動くから取ろうとするんですよ。しばられているから。それこそ私達は2本離れたスキーをはいているので、スノボに乗っているのに足を取って動こうとしているみたいな。だからまねごとは出来ても、やっぱりわかり得ない部分があったり。


無意識に変な力が入ったり。
彼らは障害にあった、自分たちのできる最善の策や身体作りなどの準備もされているんだと思うんですけれど。だから、競技結果だけじゃなくて、いろんな意味でどう乗り越えてその新しい目標、パラリンピックのある種目とか、そういう競技を始めて、夢を見ているのかっていうところが私達はちゃんと伝えられなきゃいけないのかなと思いますよね。

伝える?
彼らの頑張りが勇気になってくれればいいしね。大輝(森井選手)達にしても長野パラリンピックを見て、「やれるかな」と思ってやり始めたじゃないですか。そういう若い人がいろんなパラリンピックを通して、自分に合ったそういうものを見いだしてくれて。私達はスポーツをしている人間なので、芸術でも文化でも何でもいいんですけれど、スポーツというものに取り組んでもらえたら嬉しいなと思いますよね。
正確に言うと滑降ははっきり言って転んだら相当危険な転倒もあるんですけれど。でもやっぱりそれに魅せられているんですよね。彼らも。
私も滑降という競技のスピード感に魅せられていった1人だと思うし。マラソンを走ったりね、何でぜーぜーはーはー女の子が鼻水たらして走っているのっていうね。人から見たらすごいねって言いながらあり得ない事をするわけじゃないですか。でもそこには何か惹きつけられるものもあるし。
みんなそう思うと思うんですけれど、そこから伝えられる事っていうのはスポーツのいいところかなと思うので。本当に違う意味で多分オリンピアンより精神的には数段充実しているでしょうね。彼らは。


 同じアスリートとして、パラリンピックをどう見てほしいですか?
パラリンピックは、でもそれはそれの1つの種目で、その生きて行くのに車いすだから義足だからって何も隔てるものが無くて、そこにはあるルールが必要なだけで出来るんだよっていう事をやっぱり知って欲しいですよね。


ありがとうございました。
何かあの人達といるといつも不思議な感覚に襲われますからね。

  

◆シリーズ ソチパラリンピック
ダイジェスト番組
大会期間中、競技の結果を毎日、30分のダイジェスト番組でお伝えします。


過去放送
(1)目指せ!“ぶっちぎりの速さ” ―アルペンスキー 狩野亮―
(2)攻めてつかめ!まだ見ぬ“金” ―アルペンスキー 鈴木猛史―
(3)究極の走りへ!最強ロシアに挑む ―ノルディックスキー 久保恒造―
(4)ただひたむきに 前へ ―ノルディックスキー 出来島桃子―

 


 

コメント

※コメントはありません