うつサポート情報室 いきいきした心をとりもどすために
サイト内検索
メニューを飛ばして本文を読む
お役立ち情報 家族のための対応ガイド よくあるQ&A うつ病の治療 うつ病とは? トップページへ戻る
体験談

うつ病の治療 協力 防衛医科大学校 野村総一郎教授

治療に欠かせない・・・・・・「薬」

薬物療法はうつ病治療の最大の武器です。中には「薬に頼りたくない」「副作用がこわい」という人がいるかもしれません。しかし、薬を適切に使用すれば高い効果を得ることができますし、現在主流になっているSSRIやSNRIといった薬は比較的副作用が少なく、依存性はありません。早期からきちんと服用することが治療のポイントです。

薬を飲むときに注意すること

効果が出ないからといって焦らない
薬の効き方はゆっくりで、効果が自覚できるまでに2〜4週間あまりかかることがあります。あせって服用をやめたのでは、効果を得ることはできません。

毎日処方量を飲む
少し気分がいいと飲まないとか、勝手に処方量を減らすなどすることは危険です。毎日継続し、決められた量を守るようにしてください。

勝手に薬をやめない
うつ病は再発しやすく、慢性化しやすいといわれます。一般的には、症状がなくなり治った後も、半年間は服用を続ける必要があると言われます。

もし副作用が出たら…
現在主流になっている薬は副作用が少ないのですが、飲みはじめには吐き気やめまいなどがあらわれる場合もあります。そんなときは医師に相談してください。

治療に欠かせない・・・・・・「薬」 次へ
ページトップへ
こころの不調・からだの不調うつ病は特別な病気ではありません日常的に感じる「ゆううつな気分」とのちがい
うつ病の症状からだの不調だけを感じる場合も
前へ戻る 次へ進む