ハートネットメニューへ移動

本文へジャンプ

番組紹介

ろう者が日常生活で使う自然な手話を、楽しく学ぶ初心者向けの番組です。

手話を学びたい、でもその機会がなかなかない。
そんな方が基本的な手話の単語表現を学ぶのに適しています。
スキット(会話劇)は、家族全員がろう者の江川さん一家と、聴者(聞こえる人)若井さんの出会いと親交を描くホームドラマ仕立て。生活の中でよく使われる会話を取り上げ、手話の文法にも触れながら、丁寧に解説します。ろう者が共有する独自の行動や考え方などを紹介する「ろう文化」コーナーでは、ろうの若手コンビデフWが登場、ろう者の日常「あるある」話やちょっとしたハプニングなどをコントでご紹介します。番組の終わりには、オリジナル体操「しゅわっとダンシング」で一緒に手と顔と体を動かし、手話の会話に必要な動きを身につけましょう。

出演者紹介

ナビゲーター 三宅 健 (みやけ けん)

<プロフィール>
1979年生まれ、神奈川県出身。1995年、V6のメンバーとしてデビュー。 その後、テレビ・舞台など多方面で活躍中。 近年の出演作は、舞台「滝沢歌舞伎」、「二十日鼠と人間」、「六本木歌舞伎第三弾『羅生門』」。ドラマ「セミオトコ」など。また一昨年、「みんなで応援!ピョンチャン2018オリンピック」「みんなで応援!ピョンチャン2018パラリンピック」のメインパーソナリティーを務めた。

講師 森田 明 (もりた あきら)

<プロフィール>
1980年熊本県生まれ、神奈川県育ち。日本で唯一の「バイリンガルろう教育」を行っている私立ろう学校『明晴学園』教頭。小学部から中学部の「手話科」で手話言語のしくみやプレゼンテーション、ポエムなどの表現(学習言語)を指導。

講師アシスタント 那須 善子 (なす よしこ)

<プロフィール>
栃木県出身。自身も両親もろう者。2006年に結成した「たま手ばこ」で、ろう学校を中心に手話による読み聞かせ活動を行う。また、「手話」「子育て」に関する講演活動も行っている。2010年「第6回読み聞かせボランティアコンテスト」で文部科学大臣賞を受賞。

■ スキット

デフファミリー江川さん一家と 仲間たち

右から、江川家の父親役 江副悟史 (えぞえ さとし)、次女ハル役 成塚元香 (なりづか はるか)、
長女アン役 大竹杏南 (おおたけ あんな)、アンのボーイフレンド役 竹村祐樹 (たけむら ゆうき)、
江川家の隣人 若井役 若狭勝也 (わかさ かつや)。

■ ろう文化コント

デフW  長谷川翔平 (はせがわ しょうへい)、奥村泰人 (おくむら やすと)

<プロフィール>
映画監督 今井ミカのプロデュースにより、長谷川翔平と奥村泰人の2人で2017年にコンビを結成。「ろう文化」や「手話」の魅力を多くの人たちに伝えたいという思いで、『ろう者あるある』のコントを、手話TV『GO!GO!しゅわーるど』など、ネットやイベントで発信中。『みんなの手話』には、2019年度から出演している。

■ しゅわっとダンシング

舞踏家 雫境 (だけい)

<プロフィール>
2000年東京藝術大学大学院博士課程修了、美術博士号取得。国内のみならず海外で公演、ワークショップを行う。また、アニエス・トゥルブレ(アニエスベー)監督の映画『わたしの名前は...』に出演。2016年、牧原依里と共同監督の映画「LISTEN リッスン」を製作するなど幅広く活動。

■ 手話監修

小林 信恵 (こばやし のぶえ)

<プロフィール>
現在、都内の大学等で手話指導をしています。日本手話を教える中で、日本語と日本手話の共通点や違いに毎日のように驚いています。

數見 陽子 (かずみ あきこ)

<プロフィール>
慶應義塾大学非常勤講師、国立障害者リハビリテーションセンター学院 手話通訳学科非常勤講師、日本ろう者劇団員。