ハートネットメニューへ移動

本文へジャンプ

つぼみ みつけた

2015年11月

  • 「俳句『季節を感じて』」

    静岡県 小学6年 伊藤羽美(いとう・うみ)さん

    「入学式 友達ふえる よろしくね」
    今年は新しい友達が3人きました。とてもうれしかったです。

    「若葉さん お茶になっても みどりいろ」
    桜のピンク色からみどり色にかわった季節です。ふと、お茶をみるとお茶もきれいなみどり色でした。

     「七夕や わたしの願いを かなえてね」
    七月七日は七夕の日です。今年こそ、私の願いがかなうといいな。

     「満月や 目に焼きついたこがね色」
    秋になってきました。理科で勉強した月がとてもきれいに見えました。

  • 「秋の朝」

    静岡県 中学3年 杉山寛大(すぎやま・かんだい)さん

    やさしい朝の光で目が覚めた
    「まだ起きたくないな」
    ふと 窓の外を見ると
    雲一つない空が
    朝日で薄く黄色がかっていた
    その美しさに引き寄せられて窓を開けた
    さらった冷たい秋のにおい
    「今日も頑張るか」
    そして私の一日が始まる

  • 「ゆき」

    京都府 中学1年 小林柊馬(こばやし・とうま)さん

    ぼくは ふわふわだよ さわってみてごらん
    ぼくの上でねてごらん
    ベッドのように 気もちがいいよ

    でも、あまりねすぎちゃだめだよ
    ぼくはお水になって
    みんなのからだを冷やしてしまうんだ
    ごめんね

    ぼくは ふかふかだよ のってみてごらん
    僕の上であるいてごらん
    がっきのような 音がするよ

    でも、あまりあばれちゃいけないよ
    ぼくは氷になって
    みんなの足をすべらせてしまうんだ
    ごめんね