本文へジャンプ

放送内容

「視えるということ」を制作して
―全盲の落語家・桂福点さんと高校生の対話から―

2015年12月13日(日)[ラジオ第2] 午後7時30分~8時00分
(再)2015年12月20日(日)[ラジオ第2] 午前7時30分~8時00分

放送を聞く

放送内容


写真 : 落語家の桂福点さん

写真 : 兵庫県立川西緑台高校放送部のみなさん
(左から)薄井真晃さん,古木優生さん,野中大輝さん

今年のNHK杯全国高校放送コンテスト・テレビドキュメンタリー部門で、全盲の落語家、桂福点さんを追ったドキュメンタリーが優勝した。制作したのは、兵庫県立川西緑台高校の放送部の生徒たちで、全国から集まった1662校の作品の中から選ばれた。
きっかけは、学校の人権講演会で話しに来た「おもしろそうなおじさん」に惹かれたこと。「この人をもっと知りたい」と福点さんに頼みこみ、撮影が始まった。最初は、どう接したらいいか戸惑っていた生徒たちも、福点さんから積極的なアプローチで距離が縮まるなか、障害者に対する考えが変わっていったという。
番組では、受賞作を紹介しながら、高校生と福点さんが、改めて「障害者理解」ということについて語り合っていく。

出演者
出演:
兵庫県立川西緑台高校放送部員 薄井 真晃さん
兵庫県立川西緑台高校放送部員 野中 大輝さん
兵庫県立川西緑台高校放送部員 古木 優生さん
司会 桂 福点
関連情報
●「NHK杯全国放送コンテスト」については 下記のサイトで、発表されています。

・ホームページ:http://www.nhk-sc.or.jp/kyoiku/ncon/ncon_h/

●番組についてのご意見ご感想は 「視覚障害ナビラジオ」にお寄せ下さい。
ご意見募集

番組へのご意見・ご感想をお聞かせください。
おたよりフォームはこちら

郵 便:
〒150-8001 NHK「視覚障害ナビ・ラジオ」
メール:
shikaku★nhk.jp(★を@に換えてください)