ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

生理×生物学

「毎月あって、しんどいもの」。私たちにとっての“フツー”の生理は、生物界から見たら“異常”!? 類人猿のボノボやチンパンジーから、生理の常識を問い直す!

「生理は珍しい!?類人猿の生理 意外な真実」

  • ナレーション:増田明美さん
  • イラスト:名取祐一郎さん

現代の女性が生涯に経験する生理の回数は、およそ450回!でもこの回数、生物学的にみると異常な事態なんですって!教えてくれるのは、野生の類人猿を研究する京都大学野生動物研究センター助教の徳山奈帆子さんです。ヒトに最も近い大型類人猿の「ボノボ」を研究しています。見せてくれたのは、生理中とみられるボノボのお尻の貴重な写真。

(徳山さん)
「子どもとお母さんのボノボなんですけど、子どもが指でお尻を触って、血を触っているんですね。“なんじゃこりゃ?”って顔をしている。お母さんなんかは“なにこれ?”って顔していますよね。ボノボにとっても、生理を目にする機会がそんなにも多くないのかなと私はこの時、思いました。」

野生のボノボが生涯に経験する生理の回数は、50回~100回とのこと。私たちよりずいぶん少ないですが、それにはある理由が。ボノボは8歳から9歳頃、初潮を迎えると初産までの数年間は生理があります。しかし、妊娠すると生理が止まります。さらに授乳期間も生理がありません。離乳すると生理が再開。生涯で平均6回、出産するため生理の回数が少ないというのです。

(徳山さん)
「特にお腹が痛そうでもなく、イライラしている様子も目に見えるほどでもない。いいな~と思いますよね。」

でも動物園では、どうやら事情が違うようです。福岡市動物園のチンパンジーのサクラ。繁殖がコントロールされているため、現代の人間並みに生理の回数が多くなっています。そのせいか、私たちと似た不調にも悩まされているんです。2年ほど前から陰部からの不正出血があるのです。他にも、深刻な子宮の病気になった個体もいました。オランウータンのユキ。死因は子宮体癌でした。死後の病理検査では、子宮筋腫が複数見つかりました。不正出血のあるサクラと子宮筋腫の見つかったユキ。出産回数は1回と0回。何十年にもわたり、生理を経験してきました。

(福岡市動物園 獣医 山﨑理恵子さん)
「月経回数は多かったのかなと。体に負担を及ぼしている可能性もあるかなと思います。」

この動物園ではいま、サクラに「ピル」を飲ませています。生理の回数を減らして、体の負担を抑えようというのです。

その他の動画