ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ろうにハレルヤ! ―牧師 郡美矢―

    ろうの牧師、郡美矢(こおり・みや)さん。
    コミカルな動きと手話で神の教えを説き、広島市にある小さな教会を大きな笑いで包んでいます。
    この春、郡さんは信徒で盲ろうという障害をもつ梅木久代さんに苦悩を打ち明けられます。
    「先生、神はなぜ私に、こんな苦しみを与えたのですか?」。
    ろうとして生まれ、ろうに誇りを持って生きる郡さん。ろうの牧師として奮闘する日々を追いました。

    出演者ほか

    郡 美矢(こおり・みや)さん(牧師)
    梅木 久代さん(盲ろうの女性)
    ナレーション:高山 久美子

    番組ダイジェスト

    ろうにハレルヤ! ―牧師 郡美矢―

    あら、楽しそう!
    でも、何を見ているの!?



    実はここ、キリスト教の教会。
    みなさんは、牧師の説教を見て笑っていたんです。



    (郡さん)「神様は、いつも二人三脚で歩んでくださるのです。」

    コミカルな動きと手話を使って、神の教えを解くのは、郡 美矢(こおり みや)さん。
    46歳です。
    郡さんの説教は、まるで芝居を見ているようだと、評判を呼んでいます。



    (郡さん)「私は、ろうは神様から与えられた、個性だと思っています。
    ろうとして生まれ、ろうとして生きてきました。
    だから、ろうとして表現していきたいんです。」



    牧師として、人々の悩みや苦しみにも寄り添う郡さん。
    奮闘の日々を追いました。


    ろうにハレルヤ!~牧師 郡美矢さん~

    広島県広島市。
    郡さんの教会は小高い丘の住宅街にあります。



    日曜の、朝8時。
    スクーターに乗って郡さんがやってきました。



    この日は、聖書を元に神の教えを説く大切な日。さぞ、緊張しているのかと思いきや・・・

    (阿波踊りをする)



    どんな時も、郡さんはサービス精神いっぱいです。

    この教会では、健聴者向けの礼拝も行われています。
    郡さんの説教は、字幕を使うため会議室で行います。

    この日の参加者は19人。ほとんどがろう者です。
    2年前に赴任してから増え続けています。



    (参加者の女性)「郡さんの説教は、お芝居みたいで笑えるし、とってもおもしろいんですよ。」



    いよいよ始まりました。



    (郡さん)「みなさん、神様から元気をいただきましょう。」

    この日、郡さんが取り上げる聖書の一節はこちら。

    「疲れた者。重荷を背負う者は、誰でも私の元に来なさい。休ませてあげよう」
    この一説には、神の願いが込められていると、郡さんは言います。
    どういうことでしょうか。



    (郡さん)「神が私たち(ろう者に)望む関係は、結婚した後の夫婦の関係に、似ています。
    つまり神は、さらけだしてほしいのです。
    結婚前は、ドキドキして、花をプレゼントしたり、ラブラブでデートをしたりしますね!?」



    (郡さん)「でも、嫌われたら嫌だと遠慮して、ちょっと疲れたり、重荷に感じることもありますよね。
    それに対して、結婚後は、リラックスして、相手に全てをさらけだすことができます。
    “ 私は ろう者だから ” と遠慮せず、神に全てをさらけだせば、心は軽くなり、日々楽しく元気に暮らすことができるのです。
    神は私たちに、さらけだすことを望んでいるのです。」



    その後も、郡さんは、コミカルな動きと手話で、参加者を魅了しました。



    (郡さん)「私は、ろうは神から与えられた個性だと思っています。
    でも世間では、“ ろう者は不便で不幸だ ” と、たびたび言われます。
    ろう者自身の中にも、ろう者は不便で不幸だと思っている人がいます。
    そんな事はない!できる事はいっぱいある。
    私は、多くの人に、ろう者として誇りをもって生きていくことを、伝えたいのです。」



    郡さんは、兄以外全員、ろう者の家庭で育ちます。
    クリスチャンだった両親に連れられ、物心つくまえから、教会に通っていました。

    11歳で地域の学校で学びます。
    「勉強では健聴者にも負けたくない」と成績優秀な女の子でした。



    その後、地域でトップクラスの進学校に進みます。

    しかし、高校2年の時、理不尽な挫折を味わいました。
    薬学部を志望しましたが、当時、日本では、ろう者は薬剤師になれなかったのです。

    (郡さん)「すごく悔しかった。納得できませんでした。
    ろう者だと、なぜ薬剤師になれないのか、理由がまったくわからない。」

    郡さんは日本を飛び出しました。

    歯科技工士の資格を取得して、カナダで働き始めたのです。
    様々な言語が飛びかう、多文化社会。
    そこでは、手話も言語として尊重され、ろう者が生き生きと、活躍していました。



    (郡さん)「ろう者でも、どんな仕事にも就くことができるんです。
    ろうの医師や看護師、弁護士、パイロットまでいました。
    驚いたのは、多くのろう者が、自分がろうであることに、誇りを持っていたことです。
    “ ろうは個性であって、障害ではない ” という考え方なんです。
    “ そうだ!この考え方だ! ” と思いました。」

    34歳の時、郡さんは牧師になることを決意します。
    説教を通じて多くの人に、ろうとして誇りをもつ大切さを、伝えたいと思ったからでした。



    京都府北部、京丹後市。
    36歳で帰国した郡さんは、この地域の教会に、牧師として赴任しました。

    山あいの集落に、郡さんのおかげで、人生が開けたという人がいます。



    梅木久代さん、67歳。
    生まれてすぐに聴力を失い、40代半ばで視力も失った、盲ろう者です。

    (夫、好彦さん蝕手話通訳)「2回めのメールは届きましたか?」



    健聴者とのやりとりは、夫の好彦(よしひこ)さんが、触手話という方法を使って、仲立ちします。

    久代さんが郡さんと出会ったのは、10年前。
    住み慣れた大阪から、移り住んだ頃でした。

    慣れない土地での暮らしに、ストレスがたまり、夫とはケンカ。
    周囲とのトラブルが、絶えなかったといいます。

    相談を受けた郡さんが言った最初の言葉に、久代さんは衝撃を受けました。



    <夫通訳>(久代さん)「 “ 見えない聞こえないことで、いろんな人から、心配して助けてもらっているってことに、気がつきませんか? ” って、言われたことがある。
    それに対して、答える言葉がなかった。感謝の気持ちが足りなかった。
    逆に“ 自分がやっていることを、みな評価してくれない ” っていう不満が多くあった。
    そういう気持ちをちゃんと郡先生は見透かしてて、
    “ いつも喜びなさい。絶えず祈りなさい。全てのことについて、感謝しなさい。 ” っていう言葉が、いちばん最初のきっかけです。」



    郡さんは、積極的に教会の行事に、誘ってくれました。
    久代さんは次第に、心の落ち着きを、取り戻していくことができたといいます。

    二ヶ月に一度、郡さんは、広島から久代さんの元を訪ねます。

    到着したのは、デイサービスの施設。
    蝕手話ができる郡さんは、通訳として、久代さんのサポートをするのです。



    久々の再開。顔がほころびます。

    この日、久代さんは、郡さんに話したいことがありました。



    (久代さん)「今でもときどき、見えないことで、悩んでしまうんです。
    神経質すぎるかも知れないけれど、いろいろ考えて、よく落ち込んでしまうんです。」

    人生の半ばで視力を失った、久代さん。
    今も、見えなくなった現実を、受け止められずにいました。

    (郡さん)「見えなくなったこと。それは、神様があなたに、“ それが必要だ ” と思って、なさったのですよ。
    世の中には、いろいろな人が必要なんです。目が見えない人も、必要なんです。」

    (久代さん)「(驚き、少し怒った様子で)神様の計画なんですか!?私が見えなくなったことが?」



    言葉につまる郡さん。
    それでも一心に、久代さんに向き合います。

    (郡さん)「あなたは見えないけれど、生きていることで、多くの人に、勇気を与えているのではと思います。
    “ あなたは生きている ” それがすばらしいことなのだと、私は思います。」

    (久代さん)「そうですか・・・。
    (思い出したように)そういえば、私を見た人から、“ 元気をもらった ” と言われたことがあります。」

    (郡さん)「それは良かった。その人にあなたは、力を与えることができたんですね。」

    (久代さん)「そうですね・・・。
    わかりました。これからは少しずつ、悩みを減らしていきたいと思います。
    先生ありがとうございます。」



    (郡さん)「みなさん、元気ですか?」



    郡さんは、久代さんが通う教会で、礼拝を行いました。
    いつものように会場をわかせます。



    (郡さん)「これからは、ろう者だけでなく、健聴者にも、ろうとして生きることの誇りを伝える活動を、していきたいと思っています。」

    郡美矢さん。
    ろうであることの誇りを、これからも伝え続けていきます。



    (おわり)

    新着ダイジェスト