ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ろうを生きる 難聴を生きる「手話にかける青春2021 後編」※字幕スーパー

    10月に開かれた「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」本大会。注目の2チームに密着した2本シリーズの後編、いよいよ日本一が発表に…過去3度の優勝を誇る強豪、奈良県立ろう学校が演じるのは、外の世界に憧れるペンギンたちの物語。空を飛びたいという夢と現実との葛藤を自分たちに重ねます。もう1チームは埼玉の特別支援学校坂戸ろう学園。減少しているろう学校を守りたいというメッセージを訴えます。

    出演者ほか

    【語り】高山久美子

    番組ダイジェスト

    手話にかける青春 2021<後編>

    「みんな俺をバカにしているんだろ?」
    「ちがう!」
    「だから飛べる機能がないのに飛べるわけないだろ!」
    「決めつけるな!」
    「もっと現実を見ろよ!」

    photo

    芝居の稽古に打ち込む若者たち。目指す舞台は…。
    「全国高校生 パフォーマンス甲子園」。全国のろう学校や、地域の高校、53チームが頂点を競います。

    「右手が ぱーで 左手も ぱーで 手話 頑張ろう♪ 手話 頑張ろう♪」

    photo

    「『当店は注文の多い料理店ですから、ご承知下さい。』か。」

    photo

    審査の基準は“手話の正確さ・分かりやすさ”や“演出力”。

    「さんびのさ強い馬だして(寒いのに強い馬だよ)」
    「ていうか、かわいいなぁ~」

    photo

    出場校の中で、注目の2チームに密着しました。
    今回は後編。いよいよ本大会で、日本一が決まります。


    過去最多、3度の優勝を誇る、奈良県立ろう学校の演劇部。今年(2021年)の演目は、水族館のペンギンたちの物語です。
    外の世界に憧れる、好奇心旺盛なペンギンは、遠くに行くため、空を飛びたいと言い始めます。しかし、飛べないことに気づくペンギン「チョコ」。演じるのは、高等部3年生の平木愛梨(ひらき・あいり)さんです。

    photo

    演劇部 顧問 綿井朋子さん
    「やっぱり見た感じ、セリフの入りが早いかな…。もうちょっと我慢して。」

    photo

    平木さんの夢は、俳優になること。しかし、不安も多く、聞こえない自分には無理なのではと、進路を決めかねています。空を飛びたいチョコと、俳優を目指す自分。ふたつを重ね合わせながら、稽古を続けてきました。

    3年生 平木愛梨さん
    「(チョコは)できるって思う一方で、内心は無理だっていうことは、分かっている。でも、やれることをやろうって、自分自身に言う。やはり、自分の人生と重ね合わせる以上、相手に伝えられるよう、頑張っています。」

    顧問
    「遅い。もう1回。遅いよ!」

    photo

    引っ込み思案な自分を変えたいと、演劇部に飛び込んだ1年生の平野桂(ひらの・けい)さん。目線の向きなど、基本的な動作が課題です。自分でも映画を参考に、練習を重ねてきました。

    顧問
    「桂くん、今の良かったで!今の動き良かったで!」

    日本一になって 自分に自信をつけたい―

    初の大舞台に向け、地道な稽古が続きます。


    坂戸ろう学園のテーマは、ずばり「ろう学校」。18世紀、世界初のろう学校をつくったフランス人、ド・レぺの生涯から、現代に至るまでの歴史を盛り込みました。そして“ろう学校を大切にしていきたい”というメッセージを訴えます。
    大きな課題になったのは、“現代の日本”から“18世紀のフランス”に、場面を切り替える方法です。

    「世界で初めて ろう学校を建てたの 誰だか知ってる?」
    「知らない…」
    「調べてみよう!」
    「授業が始まるよー」

    photo

    試しに、現代の場面が終わるところで、照明を消してみました。そして、ド・レぺの時代の場面が始まりますが…。

    photo

    メリハリがつかず、しかも唐突な印象です。違和感のない物語にするには、どうすれば良いか。行き詰ったとき、3年生からアイデアが飛び出しました。

    「ここは地球 2年ぶりに来た」
    「久しぶりだねー」
    「ここが地球?」

    2年前の大会で好評だった、“手話星人”という宇宙人を再び登場させ、“時代を飛び越える力”を持たせたのです。

    photo

    (演目 ド・レぺの小さな学校 ~永遠に紡ぐ)

    「ここは、どこ?」
    「…ろう学校だよ。」
    「へぇー」
    「待って、ろう学校って何?」
    「私たち、ろう者がコミュニケーションできる場所だよ。」

    photo

    「すごっ!」
    「ねぇ、ろう学校というのは、昔からあるの?」
    「いいえ、今から260年前に、世界初のろう学校を作った人がいるよ。」
    「すごっ!」
    「どんな人か知りたい!」
    「260年前にタイムスリップしてみよう!」
    「消えた?!」

    (タイムスリップ中)

    「これは、花。」
    「は…な? / 花…」
    「花。」
    「はな…?」
    「そう、花。」

    photo

    18世紀、世界で初めて、手話による教育を確立した、ド・レぺの物語。その後、口話教育が進み、手話が禁止されるようになった、歴史の流れ。

    「今から口話で勉強する。」
    「嫌だ!」
    「そこ!手話禁止!」
    「そんな…」

    photo

    「次々と立ちはだかる壁を乗り越え、そして今、ろう学校がある!」
    「すごい…ろう学校の歴史が分かったよ。」
    「でも最近、ろう学校が減ってきている…。」
    「もし、ろう学校が無くなったら…どうするの?」
    「先生の話が分からなくなる!話しかけても相手にしてもらえない!私たちの居場所が無くなってしまう…。」
    「だから、今あるろう学校を無くさないで、そのまま、永遠に紡いで…」

    photo

    Q 手応えは?

    1年生 吉瀬千咲(きせ・ちさき)さん
    「バッチリだと思います。行き詰まるところが、多かったけど、3年生が、協力してくれたおかげで、成功できたと思います。」

    photo

    3年生 伏島愛美さん
    「できれば、3位以内には入りたいです。」

    Q 自信はありますか?

    3年生 伏島愛美さん
    「ぶっちゃけ微妙です。でも、できるだけ今、伝えたいことを相手に伝えられればいいかな、と思っています。」

    photo

    一方の、奈良県立ろう学校は、順調に稽古を進めていました。

    「エイ!エイ!オー!」

    それぞれの思いを、役に投影させて、演じます。

    (演目 空も飛べるはず)

    「みんな 空を 飛んでみたくない?」
    「100メートルを5秒で走れ というのと同じ」
    「ムリ!」
    「もし 俺たちが飛ぶことができたら あの岩を飛び越えて 外の世界に行けるでしょ」

    photo

    「あの岩を飛び越えるなんて」
    「ムリ!」
    「なんで?」
    「俺たちは ペンギン」

    「ペンタは ガラパゴス諸島で生まれたんだろ?」
    「こことは違う 空気 水 恐怖 をはっきり覚えています」

    photo

    「みんな俺をバカにしているんだろ?」
    「違う!」
    「だから飛べる機能がないのに 飛べるわけない!」
    「決めつけるな!」
    「もっと現実を見ろよ!」
    「空を見たら 自分も飛べるんじゃないかと…」
    「本当は 飛べないこと 分かってるのに」

    「遠くに行きたければ みんなと一緒に行こう」

    photo

    ♪と空を合わせて困難に立ち向かえば
    ♪希望は 私たちを見放さない

    photo

    「力を合わせ、夢を諦めずに生きていこう」という、メッセージを込めました。


    いよいよ、本大会の日を迎えました。
    去年(2020年)に続き、新型コロナウイルスの影響で、リモート開催となりました。まずは、各チームのビデオが上映されます。

    ♪希望を見つけて生きていれば

    photo

    「ウーバーイーツに注文したんよー」
    「おーい」
    「ウーバーイーツ無理だろ」
    「そぎゃんたい よく考えんね」
    「ここは無人島ぞ」
    「ああ ほんなこつ」

    photo

    「さやかちゃんは、男の子が好き? 女の子が好き? それとも両方?」
    「ほらぁ、困っているじゃん。」

    photo

    いよいよ結果発表です。

    司会
    「第3位に輝いたのは、神奈川県 、横浜南陵高等学校の皆さんです。おめでとうございます!」

    「ようこそ!ようこそ!手話の国へ!手話の楽しい世界が見られるよ!あっちはー?運動場!こっちはー?手話カフェ!こっちにも!ここにも!色々な体験ができるよ!」

    photo

    司会
    「いよいよ、準優勝の発表です。」
    「準優勝は…、埼玉県、坂戸ろう学園の皆さんです。」

    ろう学校の大切さを訴えた、テーマの奥深さが、評価されました。

    1年生 吉瀬千咲さん
    「今まで練習してきて、無理じゃないかなって、諦めたい気持ちも、たくさんあったんですけど、それを降り越えて、練習を重ねて、最終的に2位を取ることができて、本当に感動しました。」

    photo

    司会
    「いよいよ、優勝チームの発表です。」
    「優勝、奈良県立ろう学校。」

    photo

    自分自身の思いを語るような、リアルな演技が高く評価されました。

    1年生 平野桂さん
    「本当にうれしいです。」

    3年生 平木愛梨さん 「今回、優勝したことで、決めたのは、役者の道に進んで行きたい、ということです。それを決める、きっかけの優勝になりました。」

    手話に青春をかけた高校生たち。それぞれが、大きな一歩を、踏み出し始めていました。

    新着ダイジェスト