ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ろうを生きる 難聴を生きる「#この曲に心うたれました!」※字幕スーパー

    ろう者と聞こえる人の実話をもとにしたラブソングが今、大きな話題を呼んでいます。描かれたのは互いを理解しあうことの喜びや大切さです。歌うのは手話パフォーマーHANDSIGN。ミュージックビデオの再生回数は1000万回を越え、聞こえる人・聞こえない人、双方の立場に大きく支持されています。番組では、曲をきっかけに歩み出した人々の物語を見つめ、違いを越えて繋(つな)がるヒントを探します。

    出演者ほか

    【出演】手話パフォーマー…HANDSIGN,足立梨花,早瀬憲太郎,【語り】高山久美子

    番組ダイジェスト

    #この曲に心うたれました

    今、ろう者と聞こえる人の恋愛を歌った曲が、大きな話題を呼んでいます。

    ♪僕が君の耳になる 君のひとつになる そんな夢を今 叶(かな)えたい

    photo

    手話を交えて歌う「僕が君の耳になる」。実話を元に制作。“聞こえる、聞こえない”をこえ、互いを理解しあう大切さが歌われています。ミュージックビデオで、ろう者を演じた俳優の足立梨花さんも、この曲のとりこになった1人です。

    俳優 足立梨花さん
    「実際にあったお話を、ちょっと手を加えて作ったのが、あのミュージックビデオなので、リアル感…、そういうのが伝わったお陰でいろんな人が見ても、ちゃんと気持ちが伝わるものになったのかな。自分を支えてくれる…、そういう人、私にもほしいなと思ったり。」

    photo

    誕生から4年。評判は徐々に口コミで広がり、動画の再生回数は1,000万回をこえました。曲との出会いをきっかけに、人生が変わったという人もいます。

    photo

    難聴者
    「人と関わりたい。好きなこと、楽しかったことを話せるようになりたいと思いました。」

    聞こえる人
    「“人に寄り添う”というのは、たぶんこういうことなんだろうな。」

    音楽に背中を押され、新たな一歩を踏み出した人々の物語をひも解きます。


    ろうの女性と聞こえる男性。異なる人生を歩んできた2人が、戸惑いながらもひかれ合っていく物語が描かれています。

    ♪君が見ている景色 僕も見えるといいな 手と手 重なり合って 君に夢中になった 聞こえないことで僕らは 聞こえないことで二人を もっと知りたい 言葉にして

    photo

    互いを認め合い、わかり合う喜びがストレートな言葉で綴られています。
    手がけたのは、ダンスに手話を取り入れた、独自の表現で歌う「HANDSIGN」。結成は15年前。ろう学校を訪問する活動などを通じ、新たなコミュニケーションの可能性を模索してきました。“聞こえる、聞こえない”2つの世界をつなぐことが2人の夢です。

    photo

    SHINGOさん
    「伝えたいけど言葉が見つからない体験は、すごくたくさんしてきたし、ろうの方たちもたくさんあると思うので、そういったところがつながったらいいな。」

    photo

    曲の中には、TATSUさんの実体験も描かれています。

    TATSUさん
    「僕も昔、聞こえない人のことを好きになった経験もあるし、ミュージックビデオの中で『音楽の楽しさを教えてよ』というシーンがあって、あれは僕の実話なんです。」

    photo

    「私に 音楽の楽しさ教えてよ」

    photo

    TATSUさん
    「聞こえない女の子に『ドレミの音階を教えてもらいたい』と言われて、ピアノを使って教えたんですよね。『聞こえない人=音楽やピアノは関係ない』と思っていたから、ドってやって、こうやると『あっ、なんか、ちょっとわかるかも』って言い始めて、レは?『あっ、わかるかも』。そんな世界は今までになかったので、発見というか、うれしい。」

    わかり合おうとすることで、初めて見えてくる世界がある。そのメッセージに共感するろう者も多くいます。

    ミュージックビデオに出演 早瀬憲太郎さん
    「ろう者から『とても良かった。感動した』という声をたくさん聞きます。それはなぜかと考えたときに、ろう者と会って、生き方やこれまでの人生、気持ちの中まで理解して深い付き合いをする中で作った歌。ろう者をきちんと見て“伝えようとする気持ち”が伝わってきます。」

    photo

    そして今、国や立場をこえ、共感の輪が広がっています。
    この曲に、勇気をもらったという人がいます。難聴のハルさん。19歳です。
    曲に出会ったのは3年前。高校1年生のとき、インターネットでミュージックビデオを見つけたことがきっかけでした。

    ハルさん
    「自分だけじゃないんだな、と思いました。自分しか近くにいる人で、聞こえない人はいなかったので、あっ!聞こえない人がいるんだ。安心感みたいなのはありました。」

    photo

    小さいころから補聴器を付けて学校に通っていたハルさん。自分は周りの人と違うと、ずっと悩んできました。

    ハルさん
    「補聴器を隠したい。見えると『お前は障害者だ』と言われたり、自分の気づかないうちに隠されたり、遊ばれたりとかがあったので、怖くて、できるだけ隠して過ごそうと思って、髪の毛を切って隠して、結ばないようにしていました。」

    photo

    そんなハルさんが、背中を押されたという歌詞があります。

    ♪君が見ている景色 僕も見えるといいな 手と手重なり合って 君に夢中になった
    聞こえないことで僕らは 聞こえないことで二人を もっと知りたい 言葉にして

    photo

    ハルさん
    「『君が見ている景色 僕も見えるといいな』という歌詞が好きで、自分も難聴だけど、聞こえる人たちも、聞こえない人のことを知りたいんだな。もっと一緒に人と関わりたい。好きなことや楽しかったことを、話せるようになりたいと思いました。」

    そして、ハルさんは行動にうつします。思い切って自分から話しかけ、友達を作るようにしたのです。高校時代に出来た親友、ヒロミさんです。
    心許せる友ができたことで、ハルさんの生活は180度かわりました。

    photo

    ハルさん
    授業と授業の間とか、結構時間があるのに誰とも話さない状況だったので、そういうときに、ほんの少しの時間でも話せるのが嬉しかったし、楽しかった。」

    一方、ヒロミさんは、ハルさんと付き合う中でたくさんの気づきがあったといいます。

    ヒロミさん
    「普段は普通に会話ができているのでわからないけど、ちょっとしたことで何かしらの支障がでてるんだな。」

    photo

    見た目にはわからなかった、聞こえないことの悩み。授業や大勢での会話が聞き取りにくいと知り、ヒロミさんは手話を覚えてハルさんをサポートするように。

    ヒロミさん
    「聞こえないことで難しい、過ごしにくい部分を改めて知ることで世界が広がった。夢を見つけられてのは、ハルと出会ってからで。ハルと出会って、ハルの(聞こえない悩み)をいろいろ聞いていく中で、手話を使った心理カウンセラーになりたいという夢を、ハルと出会ってから見つけたから、ハルに打ち明けてくれてありがとうと言いたい。」

    ハルさん
    「ビックリしています。ええ~…。ちょっとまだ『えぇ!』って出るくらいビックリしています。」

    photo

    ハルさんにとっては、人と関わる勇気をもらい、ヒロミさんにとっては、新しい世界を知るきっかけとなった曲。

    ♪君が見ている景色 僕も見えるといいな もっと知りたい 言葉にして

    「君が見ている景色 僕も見えるといいな」それが2人をつなぐ言葉です。


    この曲は“聞こえる、聞こえない”をこえ、新たな意味を持ち始めています。

    夫婦でライブに通う、服部茂治さんと亜紀子さんです。2人とも耳が聞こえます。
    曲をきっかけに、夫婦関係を見つめ直すことができたといいます。

    photo

    亜紀子さん
    「夫が大好きな私のカレーです。」

    料理が好きで、元気に家事をこなす亜紀子さんですが、3年前までは違いました。

    photo

    亜紀子さん
    「できたよ。」

    不妊治療を8年続けるも、かなわず、そこに追い打ちをかけるかのように大きな病気が発覚。塞ぎ込む日々を送っていたといいます。

    亜紀子さん
    「持病で病院にずっと通っていて、結局、夫が大好きな子どもも授かることもできず、それから今度は大きな病気にかかって、もう本当に、このままで大丈夫なのかな、もうダメかな。」

    photo

    やがて夫婦から会話が消え、笑うこともなくなりました。

    亜紀子さん
    「どうしても自分の思うようにいかないので、夫に当たってしまう。夫といること自体がつらいかな、というときもありました。もう迷惑をかけたくない。」

    「Q:それは旦那さんへの申し訳なさ?」

    亜紀子さん
    「それがいちばんです。」

    どうすることも出来ぬまま10年が過ぎたころ、曲と出会います。

    ♪僕は君の耳になる 君のひとつになる

    亜紀子さん
    「ムクって起き上がりましたね。あれ?って感じで。」

    ♪くだらないことで僕らは くだらないことで二人を 傷つけ合って 本当ごめんね

    まるで、自分たち夫婦の関係を歌っているように聞こえたと、亜紀子さんはいいます。

    夫の茂治さんは、この曲に繰り返し出てくる、ある言葉が心に刺さったといいます。

    ♪僕は君の耳になる 君のひとつになる

    photo

    服部茂治さん
    「『君“と”ひとつになる』ではなくて、『君“の”ひとつになる』。『僕は君の中のひとつになる』というように、『君』が主体になっている。勘違いして『自分が寄り添ってやってるんだぜ』と思い込んでいる人が多い。僕もそうだったけど、そうではなくて“人に寄り添う”というのは、こういうことなんだろうなと思って、自分が今まで考えていた小さな物差しが、なんてちっぽけだったんだろうな。そこから、ずいぶん変わってきたんじゃないかな。」

    photo

    亜紀子さん
    「夫婦として、2人で協力して心が通じ合っていけたらな、と思っています。」

    大切な人を思う気持ちがつながりあって、すてきな物語が生まれていきます。

    ♪声は聞こえなくても 愛が響いている そんな君をずっと愛している

    photo

    新着ダイジェスト