ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ろうを生きる 難聴を生きる▽“手話×ラップ”プロジェクト 後編※字幕スーパー

    日本ではほとんど例をみないスペシャルなプロジェクトに密着しました!カリスマ・ラッパーの晋平太さん、そして聞こえない2人の女子学生が挑戦したのは、なんと“手話によるラップ作り”です。リズムに合わせて言葉を刻むというラップ独特の表現に悩みながら、3人が試行錯誤を繰り返します。日本語と手話の表現の違いに悩みながら、手話ラップ完成を目指しました。後編では、いよいよステージで“手話ラップ”を披露します。

    出演者ほか

    【出演】ラッパー…晋平太,【語り】高山久美子

    番組ダイジェスト

    “手話×ラップ”プロジェクト 後編

    世界の音楽シーンを席巻する、ラップ。海外では手話通訳がつき、聞こえない人たちにも人気です。

    ♪ 教えてよ 笑ってる意味

    photo

    日本でも聞こえない人たちにラップを届けたいと考えたのが、晋平太さん。若い世代を中心に、絶大な人気を誇る、カリスマラッパーがプロジェクトを立ち上げました。

    ラッパー 晋平太さん
    「やっぱりラップは、僕の中で自分の思いを伝える道具で、だからこそ皆に勧めてたり、誰にでもできると思っているから、それはろう者もできるんじゃないかな。」

    photo

    前回の放送では、聞こえない2人の女子学生が手話のラップで思いを伝えるための過程を追ってきました。

    大学1年 樺沢環さん
    「悔しいです。」

    photo

    晋平太さん
    「悔しいのか…。」

    ろう学校 高等部3年 原島朋花さん
    「聞こえないから体も動かないっていうイメージを勝手に持っている。」

    photo

    4月のイベントに向け、試行錯誤する2か月。

    樺沢環さん
    「難しいね…。」

    ラップ独特の表現を手話にするという難題に挑む日々が続いていました。本番の舞台で思いを伝えることはできるのか?“手話ラップ”プロジェクト、今日は後編です。

    ステージ本番まで、1か月。音楽スタジオにやってきた“手話ラップ”に挑戦する3人。伝えたい思いをまとめた歌詞=リリックを手話でどう表現すればよいか、考える段階に入っていました。
    原島朋花さんと樺沢環さん。一つ一つ、ラップらしい、クールで的確に伝わる手話表現を探っています。議論になったのは「愛想笑い」の表現。

    原島朋花さん
    「『愛想笑い』『私』。」

    樺沢環さん
    「『愛想笑い』の手話はこれ?」

    photo

    2人が調べて提案した手話は、実は、日常ではあまり使われない表現でした。参加した手話通訳やろう者から、それでは見ている人に伝わらないのではないか、と指摘を受けます。

    「(歌詞の)内容に合わせて自然に、例えばこんな感じで(愛想笑いの表情を現す)。」

    photo

    手話通訳
    「『愛想笑い』ってなんか違うよね。今はそういう表現をしてたよね?“表情”を入れたらいいんじゃない?さっきの樺沢さんの表現に。」

    樺沢環さん
    「家で考えてきたんですけど、いろんな表現があるし、難しいです。」

    原島朋花さん
    「歌詞に深い意味を込めていることをあらためて感じたので、これから手話を考える時に、いいアイデアを出せたらいいなと思います。」

    ステージ本番まで、あと21日。

    晋平太さん
    「スタート。」

    手話ラップ作りは、いよいよ大詰め。最後のリリックの表現を詰めていきます。2人はこの間、それぞれ自分の思いをより伝えられる手話を提案しようと、一つ一つの表現を書き込んで、試行錯誤を重ねていました。

    photo

    しかし…。

    樺沢環さん
    「難しいね…。」

    晋平太さん
    「ラップはさ、自分の意見を言うものなの。みんなの言葉も大事だし、自分の想像しうる範囲、自分の感じられること。それを僕ら『リアル』っていう。」

    樺沢環さん
    「『自分で』『開く』って感じだよね。」

    原島朋花さん
    「『開く』『できる』…。」

    樺沢環さん
    「『開く』『進む』…。」

    原島朋花さん
    「『開く』。」

    樺沢環さん
    「開いた先に何があるんだろう…。『前に』『歩く』。」

    原島朋花さん
    「『自分』『道を』『歩く』。」

    晋平太さん
    「それカッコいいね。超ラッパーぽい。進んでいくんだぜ!みたいな。」

    樺沢環さん
    「いいんじゃない。決まりました!」

    原島朋花さん
    「『自分』『切り開く』『歩いていく』。」

    晋平太さん
    「『自分』『切り開く』『歩いていく』。」

    photo

    ステージ本番まで、あと14日。

    晋平太さん
    「3.2.1。」

    ♪ 教えてよ 笑ってる意味

    photo

    この日は、練り上げた表現を音楽に合わせる練習です。2人は晋平太さんの体の動きを目で見てリズムをとっていきます。

    ♪ 認め合う多様性 この手で広げる可能性

    photo

    晋平太さん
    「だいぶ合うようになってきたね。」

    練習後、晋平太さんがある提案をしました。

    晋平太さん
    「じゃあ今から、手話だけの会話タイム。」

    会話を手話のみにして、日ごろ2人が感じている思いを知ろうと考えたのです。

    手話通訳
    「なんていう遊びだっけ?」

    原島朋花さん
    「ドロ・ケイですか?」

    photo

    手話通訳
    「そうそう警察と泥棒のやつ。子どもの頃やった。」

    原島朋花さん
    「私もやりました。」

    手話通訳
    「そうなの?年齢が離れているのに?」

    樺沢環さん
    「私もやりましたよ。みんな集まって滑り台でね。」

    晋平太さん
    「これをずーっと…。これがずっとだったら本当…、それこそ ♪ 置いてけぼりのマイノリティ。きっと、すげーつらいですよね。すげーつらい。」

    photo

    ステージ本番まで、あと3日。この日は2人で手話表現の特訓です。

    photo

    自分たちの手話ラップが本当に伝わるのか…。繰り返し見て参考にしてきたのが、フィンランドでラッパーとして活躍する、ろう者のサインマークさんの動画です。
    番組スタッフが2人の映像を送り、アドバイスをもらうことに。サインマークさんは、手話で精一杯な2人が、大事なことを忘れていると指摘します。

    ラッパー(ろう者) サインマークさん
    「“ポーカーフェイス”で手話をしない方がいいね。表情やジェスチャー、全身で表現することがとても大切だよ。ラップの表現で大事なのは、自分の心や魂がそこに伴っていることです。」

    photo

    手話ラップのメッセージは、形だけでは伝わらない。自分たちだからこそ伝えられる表現を目指して—。
    最後の追い込みが続きます。

    ステージ本番当日。3人が会場に到着しました。

    晋平太さん
    「ろう者の人にも聴者の人にも伝わるステージ。思いを伝えに来てるわけなんで、伝わるっていうのが一番大事かな。あとは楽しく。楽しくね。」

    photo

    この日行われていたのは、世界自閉症啓発デーのイベント。会場には、聞こえない人たちの姿もありました。晋平太さんがステージに上がり、いよいよ2人の出番です。

    樺沢環さん
    「いつもより、リズムがゆっくりじゃない?緊張してるからかな?」

    晋平太さん
    「今から2人の女の子が出てきて、自分の思いを手話でラップと合わせた手話で話してくれます。ぜひ手拍子をしながら、一緒に楽しんでください。」

    ♪ 教えてよ笑っている意味
    聞こえない 私の耳
    愛想笑い していた私
    聞こえない 君の話
    隣にいるのに感じる距離
    置いてけぼりのマイノリティー

    photo

    ♪ 勇気を出して聞いたのに 「なんでもないよ」って言われる日々
    聞かせてよ 君の話
    少しの手話でも とても嬉しい
    みんなは言う どうせ無理
    私は思う どうにかなる
    どうせ無理なんて偏見より 努力でどうにかした経験
    認め合う 多様性
    この手で広げる 可能性
    君の想いが 誰かのものになった時
    HIPHOP FOR YOU

    photo

    観客
    「すごく良かったです。」

    観客
    「初めて手話ラップを見て、魂が震えました。目で見て解釈できたことが1番良かったです。」

    晋平太さん
    「できた?大丈夫だった?」

    樺沢環さん
    「はい!
    あっいう間でした。何も覚えていないです。本番前、お客さんを見たら、すごく緊張したんですけど、とにかく手話をきちんと表現して、きちんと伝えようって。間違えないようにできてホッとしています。」

    photo

    原島朋花さん
    「4月から大学生になるんですけど、手話ラップの歌詞を頭に入れて、自分から行動することを大切にして、大学生活を送っていきたいなと思います。」

    photo

    晋平太さん
    「ラップって、こんな思いとか伝えられるんだというのが分かったら、『僕もやってみよう!私もやってみよう!』ってなったらいいな。彼女たちがいなかったらできなかったし、また一緒にやりたいなと。もっといろんな気持ちを教えてもらいたいと思いました。」

    photo

    2か月にわたって、手話ラップに挑んできた2人。自分たちが作り上げた表現を胸に刻み、新たな日々を歩んでいきます。

    新着ダイジェスト