ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ハートネットTV「続・自閉症アバターの世界 解放の地を探して」

    バーチャル空間『セカンドライフ(SL)』。ここに自閉症の当事者たちが集う自助グループがある。昨年ハートネットTVは、米国の社会学者・池上英子教授が初めてアバターを操る本人に会う、アメリカ横断の旅に密着。放送をきっかけに、今日本でも自閉症の人たちがSLで「当時者の会」を開こうと新たな動きが始まっている。中心の朋さんは「日本では仮想空間であっても障害を明かせない」と感じ、初めての開催に向け挑戦する。

    出演者ほか

    【語り】三宅貴大

    「 発達障害 」 みんなの声

    関連記事