ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ハートネットTV リハビリ・介護を生きる「死ぬまで芦屋小雁でいたい」

    芸歴70年、芦屋小雁さんが認知症を公表した。本番前の舞台の袖で「ここどこや」と戸惑い、散歩に出たまま行方不明になったこともあった。昔のことは覚えていても、直近の記憶が根付かない。それでもこれからも「芦屋小雁」として生きたいと思っている。テレビや舞台の仕事を続けながら、京都の町屋で穏やかな日々を送っている。最初は施設を捜した妻の寛子さんも覚悟を決めた「わたしのことがわからなくなるまで一緒に暮らそう」

    出演者ほか

    【出演】芦屋小雁,勇家寛子

    「 認知症 」 みんなの声

    関連記事