ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ハートネットTV 私のリハビリ・介護「がんを克服して“生きる” 宮本亞門」

    世界で活躍する演出家の宮本亞門さん。3年前、テレビ番組の出演をきっかけに前立腺がんが見つかり、ステージ2と診断された。治療法選択に悩みながらも、医師のある一言で全摘出手術の決断をする。退院後は後遺症の悩みを明るく世間に発信つづけた。去年、父が他界。最後まで「生きる喜び」を教えてくれたという。がんを克服し、父を見送る中で宮本さんが感じた「生きる」ことのすごさをうかがう。聞き手:落合恵子さん(作家)

    出演者ほか

    【ゲスト】宮本亞門,【きき手】落合恵子,【司会】中野淳

    「 がん 」 みんなの声

    関連記事