ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ハートネットTV「紫陽花時光(あじさいじこう)~ある老ウイルス学者の追憶」

    「花を愛した洋子。中でも紫陽花は洋子のもっとも好きな花の一つでした」。東京大学名誉教授の山内一也さん(88)は、天然痘の根絶に貢献したことでも知られる日本を代表するウイルス学の権威。山内さんは、毎年梅雨の季節がめぐってくると、37年前の6月30日、卵巣がんで亡くなった妻・洋子さん(享年58)と過ごした最後の日々を思い出す。小雨降りしきるコロナ禍の東京、老ウイルス学者の追憶の時間を映像詩でつづる。

    出演者ほか

    【語り】山時聡真,【朗読】中條誠子

    「 いのちをめぐる問題 、 がん 」 みんなの声

    関連記事