ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ハートネットTV選 リハビリ・介護を生きる「母がいた場所~写真家・山崎弘義~」

    認知症の母親を3年間にわたって撮り続けた写真集「DIARY-母と庭の肖像」を出版した山崎弘義さん。「今写真に残さなかったら、母の存在は忘れ去られてしまう」 撮影は2001年9月から亡くなる日まで続いた。「この瞬間はいつまで続くのか」毎朝同じ場所で一枚限り、母に話しかけながらシャッターを切り、その日の庭の写真を添えた。「母がいた場所」「母が生きた日々」の意味を山崎さんに聞く。

    出演者ほか

    【ゲスト】写真家…山崎弘義,【司会】荒木由美子,山田賢治

    みんなの声

    関連記事