ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ハートネットTV「カム バック トゥ スクール~外国人労働者の子どもたち」

    外国籍生徒が150人余り通う岐阜県可児市の中学校。親のほとんどは派遣社員で昼夜問わず工場などで働く。可児市では国の制度に先駆けて、日本語指導や生活指導など独自の支援を続けてきた。しかし不登校に陥る生徒は多く、中には退学を申し出る生徒も…。なぜ学校から子どもたちは姿を消していくのか?番組は生徒指導の現場に密着。見えてきたのは日本で働く親の労働環境。そして来日後、希薄化する親子関係だった。

    出演者ほか

    【語り】中野淳

    「 子どもサポート 」 みんなの声

    関連記事