ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ハートネットTV「隠して生きるしかなかった~ハンセン病家族・知られざる被害」

    ハンセン病患者に対する国の政策の過ちを認めたハンセン病国賠訴訟から18年。家族もまた被害を受けたと訴える「ハンセン病家族訴訟」がこの夏、決着した。裁判では、国の誤ったハンセン病隔離政策によって家族も被害を受けたことを認め、国に賠償を命じた。しかし未だ差別の被害は後を絶たず、多くの家族が怯えながら暮らしている。裁判で明らかになった差別の実態と、家族の被害を生んだ私たち社会にある差別の問題を考える。

    出演者ほか

    【出演】東北学院大学准教授…黒坂愛衣,弁護士…徳田靖之

    「 福祉に関する法律・制度 」 みんなの声

    関連記事