ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

NHKハート展 詩とアートの展覧会 「オオカミ男」「てんてん」

    障害のある人がつづった詩と、その詩に寄せたアート作品との組み合わせ「NHKハート展」。第21回目を迎える今回は、3387編の応募された詩の中から50編の詩が選ばれました。ひとりひとりの世界がみずみずしい感性で表現され、抱える生きづらさや伝えきれない思いが表現されています。
    富山市在住の山田温志さん(19)の「オオカミ男」。温志さんは、難治性てんかんを発症した後遺症で知的障害があります。父親とけんかをして、たたいてしまった後悔の気持ちと、素直に謝れない自分とのあいだで揺れる気持ちを詩に込めています。
    札幌市の都築里絵さん(34)は「てんてん」という詩を出品。念願だった仕事についたものの、心の病を患った里絵さん。詩を書くなかで、自らをみつめなおしています。詩が家族や社会とのつながりを取り戻すきっかけとなっています。
    スタジオには、歌手で俳優のダイアモンド✡ユカイさんと、「オオカミ男」の作品を作った3Dアーティストの永井秀幸さんが出演。家族とは、つながりとは?ともに考えます。

    出演者ほか

    ダイアモンド✡ユカイさん(歌手・俳優), 永井 秀幸さん(鉛筆画家), 山田 賢治アナウンサー

    みんなの声

    関連記事