ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

子どもサポート

障害のある子どもの学校生活の悩み(2017年6月“チエノバ”)

番組ディレクター

障害のある子どもの就学・通学について向き合います。
2017年5月に放送したシリーズ「障害のある子どもと学校」では、医療的ケアの必要な子どもや発達障害の子どもが直面する課題について取り上げ、大きな反響があり、放送をご覧になっての感想やご意見、疑問・質問などをお寄せいただきました。また、どんな子どもも希望する教育を受けられるようになるために、社会はどう向き合えばいいのか、今改めて考えるために、さまざまな障害がある子どもの就学・通学の悩みや体験談をお寄せいただきました。

※このカキコミ板は、2017年6月のハートネットTV「チエノバ」で募集したものです。
※子ども・若者に関する記事はこちら、医療的ケア児に関する記事はこちら、発達障害に関する記事はこちらから。

投稿日時:2017年05月12日 20時55分

投稿日時:2017年05月12日 20時55分
カキコミ件数:56件
学校生活
273さん/20代/脳性麻痺当事者

中学、高校で送ってきた生活では普通を求められ、校外学習では本人の意思よりも学校の名を気にする。なんて生活。
大学生になった今、大学生活においての縛りはだいぶ減りました。でも、心に残る大きな傷。今は違うとわかっていてもまた、置いてかれるのではないかという不安がつきまとう。
障害の有無にかかわらず人と関わる時には身体の傷よりも心の傷の方が消えないのだと身をもって知りました…

投稿日時:2017年05月18日 23時33分

「落ち担」に泣かされて
ハナミズキさん/岩手県/40代/母親

息子の通う支援学級の担任が「落ち担」(いわゆる通常の学級を任せられない先生)です。特別支援教育に理解どころか興味もない、やって欲しくない対応ばかりされて子ども達は毎日混乱し、息子は保健室登校になってしまいました。管理職の先生にも相談しましたが、申し訳ありません…と謝られるばかりで、学校は障害児のことなんかどうでもいいんだな、と思えてなりません。

投稿日時:2017年05月18日 21時26分

  • わかばさん/神奈川県/母親

    同感です。一時期、息子の支援学級もそのような状況でした。
    他校の保護者からも、よく聞く悩みです。
    実際、複数の教職の知人から、少人数クラスなら何とかなるだろう、複数の先生でみる支援学級なら何とかなるだろうという考えが根底にあるという話も聞きました。
    それで何とかなれば良いのですが、たいていはならないようです。
    障がいに理解がないまま、あるいは間違った関わりをされて二次障害につながったり、しわ寄せは確実に子どもにきます。
    就学にあたり、今後は学校が療育機関のようになるので、何でも学校と相談してやって下さい、と言われて療育は強制終了になりました。
    ところが入学してみると、相談どころか障がいの基礎の基礎からお伝えしなくてはならず、何度お話ししてもご理解頂けず、ちぐはぐな対応をされ、そのストレスからおこる子どもの問題行動を周囲が障がいの本質と誤解し、偏見の助長につながるという悪循環です。
    障がいのある子の教育はまだまだ軽んじられていると思います。就学猶予の頃とあまり変わらない考えが根強く教育現場に残っているようで、やり切れません。

    投稿日時:2017年05月30日 10時13分

就学難民
きたかぜこぞうさん/静岡県/30代/母親

静岡県在住の4児の母です。子どものうち3人に発達障害があります。長男(小4)は、ASD、ADHD、LDの診断を受けており、就学先選びにとても困難さを感じています。というのも、私たちが住んでいる市には特別支援学級は知的と自閉情緒のふたつがありますが、どの学校にもそのような学級があるわけではなく、田舎の小規模な学校に行くほど支援学級の開設がなく、地元の普通級を望めば「学力は諦めてください」と言われてしまうのです。現在は隣の校区にある知的の支援学級に通っていますが、毎年の就学支援委員会の判定で、少しでも学力が伸びていると、判定保留にされてしまっています。隣の校区には知的の支援学級しかないため、今学力が伸びると更に隣の隣の校区の学校に通う事になるという可笑しい事態が現実起っています。昨年度は、一応は知的の支援学級での在籍が認められましたが、今年度どのような判定が出るのか心配でなりません。「子どもに適した学び場のため」と言いつつ、実際はそこにお金をかけない行政の都合に振り回されています。この就学難民の実態をぜひ取材してもらいたいです。

投稿日時:2017年05月18日 21時04分

学校って
プー太さん/北海道/40代/母親

私の子供は、自閉症スペクトラム障害です。
小学校の支援級に通う5年生。今年度に入り、学力向上、学力向上!と学校が騒ぎ出し、支援級の子供の交流時間が減らされ始めました。合理的配慮が叫ばれる中、流れに逆らうような状況に…
配慮をお願いしても、障害のある子供だけが、いい思いをするのは、どうかと思う。と言われた保護者の方もいました。
その様な捉え方をされているのかと思うと、悲しい気持ちになります。
支援級に通う子供達の事を学校は、どう捉えているのでしょう?
邪魔な存在なのでしょうか?

投稿日時:2017年05月18日 21時02分

学区外申請が認められた後の特別支援学校の対応について
ヨンさん/北海道/40代/

札幌市の知的の特別養護学校に今年から子供が通っています。母子家庭です。
子供は肢体不自由児と知的障がい児の間の中間の成長段階にいます。病院通いと訓練通いや、突然の入院などもあり、医療者の資格があってもなかなか働く場所を探すのが難しい現状です。ヘルパーも月に35時間利用しています。母子なのでサポートしてもらいながら生活しています。諸々の事情があり学区外申請し、知的養護学校に入ったのですが、学区外なので学区内生徒優先でスクールバスが使えないので自力で来る方法を検討するように言われたり、バスにカーシートつけて乗っているこもいるから大丈夫と学校見学時にコーディネターが言っていたのに入学してからバス会社と道教委が利用出来るか検討するのでわかりませんと言われ、入学してから2ヶ月近く学校の送迎をしています。他の知的養護学校や肢体不自由児学校ではカーシート付けて乗っている子供がいるのに学校によって違うと言われてます。学区外認められたはずなのに対応が酷く困っています、、
中間の成長の子は、学校が決まる前から学校同士の押し付け合いで辛く悲しい対応をされながら、やっと就学が決まったのに、入った後に学区外だからとかでバス利用させてもらえず、就学したら仕事と思っていたのに働くことが出来ず、生活も苦しいです。

投稿日時:2017年05月18日 21時00分

当事者が集まる特支の大学では
さくとさん/埼玉県/10代/

私は大学で特支教育を学んでいます。ここにはアスペルガーなど障碍を持った人も多く通っています。そのなかで私たちは誰かを笑いものにしません。健常の学生も曖昧な言い回しは避けます。目がとても悪い友達に拡大したプリントをすります。車いすを使う友達の席に椅子が置かれてたらかたします。言葉がなかなか出てこない私の話をゆっくり聞いてくれます。健常学生が障碍持ちの学生に勉強などを教えてもらうこともあります。支え支えられのこの環境がみんな好きで毎日学校に通っています。

投稿日時:2017年05月18日 08時52分

現在のカキコミ56件中 51 ~ 56 件