ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

子どもサポート

障害のある子どもの学校生活の悩み(2017年6月“チエノバ”)

番組ディレクター

障害のある子どもの就学・通学について向き合います。
2017年5月に放送したシリーズ「障害のある子どもと学校」では、医療的ケアの必要な子どもや発達障害の子どもが直面する課題について取り上げ、大きな反響があり、放送をご覧になっての感想やご意見、疑問・質問などをお寄せいただきました。また、どんな子どもも希望する教育を受けられるようになるために、社会はどう向き合えばいいのか、今改めて考えるために、さまざまな障害がある子どもの就学・通学の悩みや体験談をお寄せいただきました。

※このカキコミ板は、2017年6月のハートネットTV「チエノバ」で募集したものです。
※子ども・若者に関する記事はこちら、医療的ケア児に関する記事はこちら、発達障害に関する記事はこちらから。

投稿日時:2017年05月12日 20時55分

投稿日時:2017年05月12日 20時55分
カキコミ件数:56件
教師も人間
たなさん/20代/

私は特別支援を大学で学び今年から地域の中学校で勤務を始めました。
私の中学校では特別な支援を要する子どもたちへの対応を保護者の方、本人をはじめ、担任、学年主任、各教科担当、校長、副校長、特別支援コーディネーター、カウンセラー、養護教諭と子どもたちに関わる先生方をみんな巻き込みこまめに話をしあって探っています。

しかしながら教師の仕事の多忙化は著しく、私の学校では先生方が本当に頑張ってこのシステムを回しています。先生方の知識や気力や体力が欠けてしまえばいつこのシステムが崩れてしまってもおかしくない状況にあると私は思います。今の制度ではとにかく教師の力に依存している現状があると感じます。


保護者対応、日々の授業づくり、教具づくり、教育機関に向けた書類づくり、校内行事の準備、日々の生徒指導対応、進路指導、研修、環境整備、会計管理、PTA活動、地域との交流、部活動指導、校務分掌の仕事などなど挙げるとキリがないくらいに教師には仕事があります。教師の仕事はあらゆる方面からの要望をうけて、たし算ばかりで増える一方。外から見ているより教師の担っている仕事は圧倒的に多いです。


仕事に追われることで、特別支援について教師が専門家から学ぶ機会が少なくなったり、疲れ果て、その気力を失う結果に繋がっていると思います。

教師の現場はひとりの人間が背負う仕事の幅、質をとっくに超えています。教師ひとりひとりの力に依存した特別支援今のあり方では、対応にあたる教師や学校によってムラが出てしまうということが教師としても心苦しくあります。

投稿日時:2017年05月21日 13時10分

  • 飴子さん/北海道/30代/小学校教諭

    同感です。あまりにも時間が無く、頑張れば寝不足で、無力感と自己嫌悪になるばかりですよね。

    投稿日時:2017年06月15日 07時06分

親が先生の最大の協力者になれたなら♡
トータスママさん/神奈川県/40代/母親

重度知的障害と自閉症を併せ持つ特別支援学校中等部2年の女の子の母です。

「学校で学ばせる上で親ができること」としては、「親が先生の最大の理解者・協力者になれるよう努力する」ということかと思います(できているかは別としてそう努力する^^)。

子供達が生活の大部分を過ごす学校。でも、学校の先生は日常業務に追われそれをこなすのに精一杯。教材作り、課題設計といった日々の指導内容の拡充、指導者研修など自分のスキルを磨く時間を取りたくてもなかなか取れません。

であれば、そこを親がアシストする。

我が家は学校の先生方に恵まれていて、学校で娘が崩れた時の対処法を連絡帳経由で親に問い合わせてくださったり、自宅でできている自立課題の教材を、学校の自立学習の時間に混ぜさせていただいたり、ちょっとずつ相互で支え合い築きあう指導環境を作らせていただけています。

学校は先生と生徒が主役。そのためにも、ゴリ押しではなく、先生が楽できる(取り入れることに大きな負荷がかからない)ことを提案し、先生と子供が成功体験を積んでもらえるようアシストする。そのためにも、保護者も療育知識やスキルを磨く。療育の専門家になるためというより、我が子の専門家になるために。専門家のよきパートナーとして子供のより良い学習環境を整えてあげるために。

先生の日頃の指導に感謝して♡

投稿日時:2017年05月20日 20時18分

  • ネココッコさん/島根県/母親

    私も同じ意見です。
    息子が重度知的障害と自閉症です。現在、小学校の支援学級2年生です。
    就学時より、学校側、教育委員会等関係先を含めた話し合いを行いながら現在に至ります。
    4月から担任が変わり、様々な問題が生じていますが、親としてできることを精いっぱい考え、担任の先生のフォローができるように連携を強化したいと改めて感じているところです。

    投稿日時:2017年06月08日 17時49分

今考えるとなんで頑張れていたのかわからない
うさまるさん/千葉県/20代/本人

わたしは小学生の頃から算数や数学が苦手でした。今も変わらずそうです。
なので今は苦手なことを頑張るのをやめました。スッキリ!
今考えるとあんなに苦手で泣きながら、わからないながらも頑張って勉強していたのかわかりません。
早く苦手なものは置いて、自分の得意な事をもっと小さいときからやっていればなぁと思っています。それと同時に今からでも間に合う、得意な事をもっと得意にしていく!ということを思っています。

投稿日時:2017年05月20日 14時58分

小学校から大人が作る壁を急に感じてます
みっちーさん/千葉県/30代/母親

長女は地元の普通学校の小4、次女は福山型先天性筋ジストロフィーで肢体不自由&知的障害があり、自宅近くの学校ではハード面もソフト面も受け入れ体制がないため、肢体不自由の特別支援学校に通い、今年2年生になりました。支援学校では、個々にあったペース、個々の目標を立てて勉強を進めるなど「個」を見てくれ、楽しく通っています。が、支援学校は小さな閉鎖的な世界です。なので、長女の通う小学校に『復籍交流』をしています。月に一度、同じ学年のクラスで音楽など希望する授業に参加します。そこで『壁』を感じます。校長や教頭、先生が慎重になりすぎて、車椅子に触ってはいけません、などといった指導をするので子ども同士の自然な関わりが皆無。むしろ車椅子に乗ってみて欲しいことを先生に伝えますが積極的ではなく。ゲスト感がハンパない(笑)次女のドキュメンタリー映画があり、以前長女が通う小学5年生の道徳の時間で子どもたちに観てもらいました。感想には『世の中に障害や病気がある子どもたちがいることをはじめて知りました』など、同じ地域にいても障害がある子とそうでない子が知り合う機会がほぼないことが浮き彫りに。そこで、提案!全ての普通学校の生徒と教員が支援学校に訪れる機会をつくり、ユニバーサルデザインプロジェクトをする。普通学校の生徒はバリアフリーや関わり方を支援学校で過ごす中で体感し、学校に戻ってから、自分たちの学校を改めてバリアフリー目線でみて改善できることはないか考え話し合いをする。ex)車椅子のあの子が同じクラスで勉強するとしたら、どんなことが必要でどう改善できるか。考えたことを実行してみて、ある程度準備ができたら、今度は支援学校の生徒たちが普通学校を訪れてみる。そこで、ユニバーサルデザインかどうかをリアルに感じる。これくらいのことをしない限り、『こころのバリアフリー』をいくら大人が謳っても浸透しないと思います。

投稿日時:2017年05月20日 00時34分

学校を増やして!教育内容も豊かに!
みちおかあちゃんさん/埼玉県/40代/母親

特別支援学校には設置基準がないために、障害のある児童生徒は年々増加しているにもかかわらず学校の設置が追いつかず、過大過密状態です。特別教室はどんどん普通教室に転用され、図書室や美術室なんてありません。少し広い部屋はパーテーションで仕切られて二つの普通教室になっています。音楽の授業も静かに行わないと隣室に迷惑がかかる、場所がないので下足前の屋根のあるスペースで動かない体育を行うなど、先生も子どももとても窮屈な授業となっています。
廃校になった高校跡地に作られた分校では、空調のない教室で寒い冬にはお湯で手を温めながら、ジャンパーを着て窯業や裁縫の授業を行なっている学校もあります。大体の学校は設置当初小〜高で150人規模を想定して設置されたにもかかわらず、現在200人超えは当たり前、多いところで400名前後の子どもが押し込められています。これは「障害児だからがまんしなければならないこと」ではないと思います。支援学校にもきちんとした設置基準を設けて、どこに住んでいても皆が同じ教育を受けられるよう、整備してほしいと切に願います。
また、近年国から「働いて納税できる障害者を」とのお達しで、就労、就労、と学校もうるさいです。もちろんたくさんの子が就労できるに越したことはないのですが、就労後の定着率の低さからも今の指導が適切でないことは明らかです。目に見える成果を求めての就労に特化した指導ばかりでなく、学校教育として、仲間とともに学ぶ、困難な場面を乗り越える力をつける=自己肯定感や柔軟な対応力といった心の教育をしっかりしていただかないと、卒後の仕事の定着にも結びつかないのではないかと考えます。働ける大人になることばかりを目指すのではなく、一人の人間として、貴重な学齢期を心豊かに過ごせる場にしてもらいたいです。

投稿日時:2017年05月19日 23時16分

規則に縛られっぱなし
ともこさん/埼玉県/50代/母

現在中学1年の肢体不自由児の母です。
小学校入学の際、主治医には「普通学級でたくさんの子供達と交わることで、心身ともに発達が見込まれる」と意見書をいただいたけれども、市内の特別支援学級からも、隣市の特別支援学校(市内にはない)からも、お断りをされ、片道1時間の特別支援学校へ通うようにと言われました。結局、越境が認められましたが、気管切開をしているうえ、校区が違うのでスクールバスが使えず、毎日の送迎を行っています。
現在は人工呼吸器をつけることになったので、毎日登校時から下校時まで校内(多くの時間は教室内)で待機しています。
教室の中にいるといろいろなことが見えます。
小学校のときは6年になっても、クマさんやらウサギさんの登場する、文字のない絵本の読み聞かせや手遊び。
中学生になっても、相変わらず文字を見る、あるいは時計や数字を見ることすらほとんどしていません。
おむつ交換も、息子は教室の中でパーテーションを立てて行っています。
先生方は本当に一生懸命に関わってくださってます。けれど、息子の人権や尊厳は置いてきぼり…と感じることも少なくありません。
プールは椅子に座ったまま、入水はおへそより下のみ。
給食の注入は衛生上の問題があり、できない。
年度始めに提出した指示書の通りでないとケアができないため、暑かったり、汗をかいたりしたときの水分補給や、風邪を引いたときの薬を飲ませるのも、保護者のみ…。
リスク回避は大切だけれど、保護者と教員のコミュニケーションが十分取れているのならば、柔軟な対応ができるのではないかと日々感じています。

投稿日時:2017年05月19日 16時54分

支援学級と支援学校の提携を
よんプリママさん/群馬県/50代/母親

知的障害のある自閉症の中1女児を育てています。
小学校は学区の情緒学級、中学は支援学校に進学しました。両方の学校に在籍して感じたのがどちらも良い面と悪い面があるので、支援学級と支援学校がもっと提携する仕組みがあったら良いと思いました。
支援学級の良い面はやはり共生社会です。「学校に障害があるお友達がいるのが当たり前」という事を受け入れてもらえました。悪い面は教師の特別支援に対する力量の格差です。
支援学校の良い面は、専門知識や手厚い支援です。不安な面は(私個人の意見)障害者という枠にくくられて、健常者との接点があまり無いと感じます。居住地校交流がありますが「親の付き添い必須や、知っている児童が居ないから」と希望する人は少ないです。
例えば、特別支援学校のベテラン先生が複数校の担任として、支援学級を週1回、1日巡回し、教師と児童を指導する仕組みがあれば教師の力量の格差はある程度解消するのでは無いのでしょうか?市内の障害のある児童の情報も特別支援学校に集約され、継続的な支援が期待出来ます。また、支援学校の児童も学校間のパイプが太くなれば交流しやすくなると思います。
どの学校に在籍しても同じような支援が受けられると良いです。

投稿日時:2017年05月19日 16時38分

  • ひまわりさん/東京都/40代/母親

    私もそう願います。
    私は地域の小学校の支援学級に通う2年生の娘がいます。担任の先生方はとても良い先生だし、毎日頑張って娘達に接してくれています。でも支援学級の先生方は専門の勉強をされていないので、専門の先生が1人でもいらしたら、もしかしたらもっと効率的、効果的な授業や学級運営ができるのかもしれません。
    学校の先生や教育委員会の方はそういうことは考えないのでしょうか。私達親が声を上げればそういうことができるのでしょうか。

    投稿日時:2017年05月29日 14時03分

本人をもっと見て欲しい
プラムさん/石川県/福祉関係職

いわゆる「普通学級」に入れたがる親、入れたがらない親。その中にいる、サポートが必要な子供。
「支援学級」に入れたがる親、入れたがらない親。その中にいる、本当は自分で出来る子供。
対して、特別支援学校の平和さ、先生方の丁寧さ、本人に最適な指導計画。

直接的な関わりをしていないぶん、そういった現場の状態を見て辛く悲しいものです。
確かに親御さんはその子の保護者だけれども、本人がちゃんと見えているのだろうか。
本人のことを考え最善の方法で成長させるべきではないのか…
普通学校でも、もっと障がいに対して理解のある先生はいないものか。
教育の中で改善されるような成長をする子供はたくさんいるのに…
全ては大人次第、周りの環境次第だとたくさんの現場を見れば見るほど思わされます。
一部の身体障がいのように、見た目でわかりやすい障がいなんてごくわずかです。それをもっと教育の現場はわかって欲しい…
今、目先の問題行動より、将来、その子が社会に出る時のことをもっと想像して、もっと前向きに夢や希望を持って子供たちを育てて欲しい。と、思います。

投稿日時:2017年05月19日 11時59分

知ってもらいたくて。
だんご3兄妹さん/40代/母親

こども園から、この春、地元小学校に進学しました。
いろいろ悩みましたが、きっかけは、養護学校の先生から、模倣力があれば、地元小学校で学ぶことに意義があると教えていただいたことです。
障害者差別解消法が施行されたのを追い風に、地元小学校にチャレンジしてみようと決意した矢先、やまゆり園事件が起きました。私は、味わったことのない悲嘆に明け暮れ、社会に失望してしまいました。
そんな折、全国手をつなぐ育成会のてをつなぐを拝見し、みんなに彼女や私たち家族の存在を知ってもらうことが大切なんだと迷いがなくなりました。
直ぐに、遺書も兼ねてサポートブックを作成しました。そして、理解と協力を得るため、早くから支援先、学校に配りました。簡略化した取り扱い説明書たるものも添えました。
1ヶ月が経ち、子供達は、なんて健気に純粋で優しいんだと愛おしく感じています。同時に、親御様、先生方、そして地域の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
低学年は、質問責めですが、知ろうとしてくれていることに希望を見出せます。何より丁寧に説明すると、思いやりの気持ちや母性まで引き出せているような手応えを感じます。
高学年になると、肩から吊り下げたハンカチでヨダレを拭ってくれたり、優しく名前を呼んで車椅子目線で挨拶をしてくれます。休み時間に遊びに来てくれる子もたくさんいます。
できないことは沢山あるけれど、気持ちはみんなと同じだから、仲良く一緒に暮らしたいの、同じように頑張るから、お願い、という切なる想いは、先生方から子供から、広く浸透していくものですね。
障害者だからとバリアを張っていた自分にも気付かされます。
どちらも同じなんだと認識し続けることが大切だと感じます。
これからも、母、普通に頑張ります!






投稿日時:2017年05月19日 11時13分

自分を見直すきっかけ
チューリップさん/東京都/20代/知的障害 てんかん 本人

私は、特別支援学校に通ってました。しかし、ときどきてんかん発作で倒れ、持病を理解してもらえず、いじめがあり、通院と体調不良で欠席もして授業もついていけなくなり不登校。不登校で学校をやめた事をきっかけに、地域活動支援センターと就労継続支援B型作業所をみつけて通いはじめました。地域活動支援センターも、作業所も生活や病をわかちあえる人と協力できる人がいてとても幸せに通えています。とまどいながらも病をあかしたら、もんくなしに「主治医と相談をしながら作業もしよう」の一言がとても嬉しかったです。私達は、主治医と相談、病を具体的にあかすことを努力して、学校に通う事と企業で働く事を、夢ではなく現実で出来る環境がほしいです。

投稿日時:2017年05月18日 23時40分

現在のカキコミ56件中 41 ~ 50 件