ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

貧困

2015年4月特集「スタート“新”セーフティーネット」感想・ご意見(2015年4月)

番組スタッフ

2015年4月から困窮者支援の新しい制度「生活困窮者自立支援法」が始まりました。この新法の目的は、生活保護に至る前の生活困窮者を救う“新たなセーフティーネット”を作ること。複合的な問題を抱え、これまでの制度では救えない生活困窮者をワンストップで支援。働いて自立出来ることを目指しています。

この新たなセーフティーネットは大きく期待される一方で、そこには課題も山積しているといわれています。生活困窮者自立支援法の可能性と課題を改めて整理し、私たち社会に求められることは何か、具体的に何が出来るのかを考えるため、番組をご覧になったみなさんの率直なご意見やご感想をお寄せいただきました。

※このカキコミ板は、2015年4月のハートネットTVで募集したものです。
テーマ別情報・窓口「貧困」では、関連する番組や相談窓口などをまとめています。

投稿日時:2015年03月27日 13時38分

投稿日時:2015年03月27日 13時38分
カキコミ件数:64件
ぱん
ぱんさん/三重県/30代/母親

仕事も生活も出来ない
誰も助けてくれない

投稿日時:2018年03月22日 13時18分

続き
いんびじえぶるさん/新潟県/30代/凸凹当事者

「会社に住み着いているような人たちは、会社の常識が全てになりがち。副業が可能になれば、多様な価値観が持ち込まれ、活性化するチャンスになる。また、会社の常識によって戦力外扱いを受けている子育てや介護を抱える制約のある人材も、働きやすくなるのでは。私は、休日は社外でボランティア活動しているが、本業に注力すべきと批判的な声も聞こえてくる。『その常識、間違ってますよ』と、凝り固まった経営陣に一刻も早く気づいてほしい」と。

残念ですが、日本の「集落根性」「島国根性」は大グローバル社会には「一切通用しない」と思います。(´・ω・`)
根拠なき「根性」や「慣習」は視野を「狭く」しがちと思います。

それらが多くの「生きづらさ」を生んだのであれば、その「支配」から「解放」が必要なのが今このごろなのかもしれません・・・

「国は、働き方改革の一貫で副業推進?ですか?所得税の優遇は、あるのかな?税収が欲しいだけでは???」「1日が24時間というのは誰にとっても同じなんで、無理な働き方はどこかで破綻すると思いますm(_ _)m」

(2/2)

投稿日時:2018年02月11日 17時02分

「極端社会」だからこそ、「二刀流」が普及?
いんびじえぶるさん/新潟県/30代/凸凹当事者

『週刊ニュース深読み』(2/10)で「二刀流」―「副業」について特集がありました。

あたしとしては、「やむを得ず」という感じです。

おそらく、親世代以上の皆さんは「一億総中層社会」、「終身雇用」、「年功序列」が約束・保証された世の中でしたので、わざわざ転職や「二刀流」にしなくても済んだ「古きよき昭和日本」だったろうなと思います。(景気もものすごかったらしいし、人口もかなり増えたかなと思います)

しかし、現代社会はおそらく「極端社会」(「かなりお金持ち」か「かなり貧乏」かのどちらか)が主流になりつつあると思います。(´・ω・`)

「入社した昭和60年頃は社長から『生活には十分な給料を支給しているから仕事に専念するように』と言われ、仕事もきつくなく割り込みも少なかった。バブルが崩壊したら生活給から能力給に変わって割り込みも増えてきた。で、ここに来て副業って…。マルチな才能が溢れるならともかく、拘束時間が増える一方の一般人には映画『メトロポリス』並みのやりがい無き仕事が膨らむ一方と違うか?! ならば、『金太郎飴製造機』の学校教育さえ時代遅れでは?」と。

あたしの過去のカキコミでもコメントしましたが、「今、日本の教育、社会(ビジネス)は本当に変わりどき」だということを痛感しました。

あたしの父親は何とか生活費などに当てるため、不動産業の正規雇用とは別に地元紙の新聞配達のバイトという「二刀流」でやっとの生活です。(´・ω・`)

長引く不況下、父親のニート状態も顕著だったため、年金などの社会保障も当てにならないと思います。父親は未診断ですが、あたしが「発達凸凹」ならおそらくそうに違いないと思います。(医療界では否定されているようですが、「遺伝説」が有力視されているようです・・・)

(1/2)

投稿日時:2018年02月11日 16時52分

限界に達しました。
ぴぃさん/神奈川県/30代/

過去に自立支援相談センターに相談しても解決しないと書き込みした者です。

センターから電話が来て、就労出来なく困っている事を伝えました。
すると、「ハローワーク行ってますぅ?本当に切羽詰まってるなら近所のスーパーとかでよく募集出してますよぉ。大体、仕事選びすぎなんですよぉ。」

確かに選びすぎてるのかもしれません。
前よりは譲歩して仕事探しはしています。
しかし、病気でフルタイム勤務や時間・仕事内容にも制限があると何度も面談で伝えているのに(主治医からの意見書も提出してます)
何が寄り添い型支援ですか?
批判ばかりされ、上から被されるように話をされ、伝えたい事も言えなくなりました。
最近は閉じ籠りがちで何か外に出るきっかけも欲しいななんて思っていたのですが、もう働く事なんて夢のまた夢なのかな。
市のメールフォームに苦言を伝えてみました。
どうなるか分かりませんが、早く社会復帰したいです。

投稿日時:2018年02月05日 19時26分

  • mamoさん/

    障害者でも就職先は、自分で探す。多分どこの公の就労支援機関でも基本的にそうだと思います。わたしも公の障害者就労支援センターの支援を受けましたが、就職先はハローワークで探しました。わたしの支援先がよく言ってたのは、就労支援機関でも就職先を用意しているわけではない。ということでです。就労をめざす障害者でも、就職先は自分で探すのが一般的です。そこを間違う障害者が多いと聞きました。

    投稿日時:2018年02月14日 18時01分

「行き過ぎた競争・改革」がもたらした「自己責任」
いんびじえぶるさん/新潟県/30代/凸凹当事者

皆さんの記憶にも新しいと思いますが、小泉政権による大規模な「改革」などにより、「競争原理」が激化しました。

もちろん、広い定義では人間も「生き物」です。「競争」は生き残るための「本能」です。しかし、過度な「競争」はときとして「自分さえよければいい」、「自分たちでやらねば」という「自己」にこだわりがちと思います。

ひんしのくまさんのおっしゃる通り、「北海道の自立支援施設の火事で11人犠牲者が出ましたが孤立した人が格安で生活出来る施設は無認可らしいですね。ネットカフェ難民と北海道の施設でも共通していることは行政が民間に頼り気味ではないかと思うのです」「東京都の調べでネットカフェ難民の実状が分かってきました、路上ではなくネットカフェで暮らすというのは新しいホームレスの形です」と。

過去のあたしのコメントでも「個人と家族の力だけでは限界があります」と書きました。「自己責任」「自己責任」と2000年代叫ばれていましたが、その限界を痛感したのが、あの東日本大震災です。


イギリスを始め、欧米諸国ではすでに「国策」として「公助」の普及に乗り出したに違いないと思います。(第一、イギリスは「元祖福祉国家」ですからね)

「自己責任」のしわ寄せは必ず一番に弱者に来ますし、その「しっぺい返し」はお国に大いに影響すると思います。

'喝'が入る前に、それを全員が「肝に銘じる」必要があると思います。

投稿日時:2018年02月03日 10時54分

英国の孤独担当大臣
ひんしのくまさん/岩手県/30代/精神疾患の当事者

英国で孤独担当大臣という役職が出来た事をテレビで放送していました。
英国では孤独な高齢者が増えている対策として国が動きましたが日本はどうでしょう?
高齢者に限らず孤独な人を救う事が少々弱い気がします。
東京都の調べでネットカフェ難民の実状が分かってきました、路上ではなくネットカフェで暮らすというのは新しいホームレスの形です。
話は変わりますが北海道の自立支援施設の火事で11人犠牲者が出ましたが孤立した人が格安で生活出来る施設は無認可らしいですね。
ネットカフェ難民と北海道の施設でも共通していることは行政が民間に頼り気味ではないかと思うのです。

一億総活躍社会はいいですがその国民の生活の足元が不安定なのはどうでしょう?

投稿日時:2018年02月01日 17時48分

相談しても解決しない
ぴぃさん/神奈川県/30代/

精神疾患(パニック障害・抑うつ)を持っている者です。
高卒後、半年で発病し以後は非正規で離転職を繰り返しています。
幸い、症状はだいぶ落ち着いていますが、まだ波があり、不安や緊張も強く仕事が長続きしません。
昨年2月に失業→4月に自力で就労→職場環境等から病状が悪化し6月に退職してしまいました。
何とかこの状況を打破したい思いで、市の自立相談センターに相談に行きましたが、ハローワークで一緒に求人を検索するだけ・・。
私の希望も聞かずに「これはどう?じゃあこれは?」と支援員が横でプリントアウトして渡してくるだけ・・。
その後も相談センターに行っても、何か雑談みたいな感じで終わり、仕事探しは「自分で頑張れ」と・・。
いや、自分で頑張ったけどどうにもならないからここに来たのに。と言いたくても言えず。
ちなみに無料職業紹介もしているセンターですが、私みたいに障害者手帳を持っていない人を雇っても、企業に対してメリット(助成金)がないから難しいのよね~と言われる有り様。
そして、今も無職のまま。
求職活動はしていますが、不採用ばかりで自信がなくなり、ブランクも長くなるばかり。
センターからはたまに「どうですかぁ?」なんて電話が来ますが、何を言っても「頑張れ」としか言われません。
また話を途中で遮られたり、上から被るように話をされたり、「はいはいはいはい~」を連発されたりと、本当になんだかなぁとしか思えなくなりました。
私は自分の体調に無理がない程度に何とか働きたい思いがあり、センターまで往復千円近い交通費をかけて相談に行ったのに・・。

投稿日時:2018年01月22日 15時01分

ベーシックインカム
ひんしのくまさん/岩手県/30代/

個人的にはベーシックインカムがセーフティネットに変わるのでは?というよりセーフティネットがなくなるのでは?と思っています。
デメリットとして「財源」「働く意欲が削がれる」というのがありますがニュースでやっていた大手銀行が仕事を人からAIにやらせることで事実上のリストラをする予定というのは「仕事をしなくなる」ではなく「仕事する上で人が不要になる」社会がやってくるのだと思っています。
そうしたら人はどうする?となりますがAIによる利益を分配するシステム(ベーシックインカム)で生きていくことになるでしょう。
そして人はAIが出来ない仕事を生み出して行く事が出来ると思います。
TVで堀江貴文氏がベーシックインカムで「自分のやりたいことに対して金銭的不安を無くしていく」というのはベーシックインカムのメリットだと思っています。

話がちょっとズレてしまいましたがこれからやってくるAI時代にセーフティネットや働くという概念をひっくり返されると思っています。

投稿日時:2017年11月10日 20時40分

  • まろんさん/京都府/本人

    私は生活保護は3回水際作戦で申請を断られており、警察でも「シェルターなんてありません」と嘘をつかれたり、助けてもらえません。なのでもうセーフティーネットは破綻していると思っています。ですのでベーシックインカムに希望を持っています。

    ネットを徘徊していると、お金が無いから家から逃げられない人が驚くほど多くいらっしゃいます。
    ベーシックインカムはそういう人を助けられると思います。

    財源が…とよく言われますが、いらない施設や支援を整理しセーフティーネットの1本化、大企業への支援の縮小・税金の優遇の打ち切りなどできる事はいっぱいあります。
    (財源がと言うなら、北朝鮮のミサイルが何本も撃ち込まれた時のお金とかもどうするんでしょうね?そんな事ばっかり言っていたらキリがなく何もできません)

    大企業で食べてる人が贅沢したいため必死で反対して来るでしょうが、社会は金持ちだけで回っているわけではありません。弱者がいなくなれば国も亡ぶだけ。

    それから働かなくなる人がいるというバカな理論も聞きますが…勤勉で真面目なハズの日本人が国が亡びるほど働かなくなるのでしょうか?働けない人には働けない理由があると私は考えます。

    それから嫌な所で働かなくていいのでブラック企業を潰す事が出来ますよね。

    それから最後に、ベーシックインカムを実施しないなら代替案を出してほしいです。

    投稿日時:2017年11月16日 21時55分

「給食費も無料に!!!」
いんびじえぶるさん/新潟県/20代/凸凹当事者

ある政党のネット番組で「義務教育は本来全て'無料'でなくてはいけない」とありました。

確かに、今「子供の貧困」が問題視されています。(´・ω・`)

その多くが、「食費を削り、もはや給食だけが'唯一の'栄養源」というところも少なくありません。
現実に夏休みなどの長期休校の前と後とで子供の体重が激減しているケースもあります。(体重が激減したケースをふたを開けるとほとんどが「貧困」か「それに付随した'心の病'(摂食障害)」などです)(´・ω・`)

今、多くの地域で「こども食堂」運動が盛んです。
これらは全て、地域ボランティアによる'カンパ(寄付)'などでまかなっています。

しかし、「自助・共助」など'個人'の力、'家族'の力では限界があります。

あたしも前の作業所でご飯づくりをしましたが、材料費などコスパの問題があります。それでも、「公助」である学校ーとりわけ「給食」からの支援は先進国・開発途上国問わず「喫緊の課題」なのです。

投稿日時:2017年01月29日 14時56分

「生保なめんな」!?
いんびじえぶるさん/新潟県/20代/凸凹当事者

小田原市のスガジャンが物議をかもしています。
(´・ω・`)

エンブレム以外でも、けなすような英単語も書かれており、ちと不快に思いました。

不正受給は確かに違法ですが、それでもきちんと正当な理由で生保に頼りざるを得ない人には「人権侵害」だと思います。
(T_T)

わざわざそうしたスカジャンに税金をかけるよりも、やはり保護費を始め、そうしたセーフティネットにかけるべきでは??

投稿日時:2017年01月19日 13時18分

  • エミリー圭さん/海外/40代/発達障害当事者

    私も元生活保護受給者として、小田原市のケースワーカーの受給者訪問に際しての威圧的な表現の文字が入ったジャンパーを着て行く事に関してやはり適切ではないと感じました。

    不正受給にケースワーカーが関わりそうなのは被保護者本人名義の金融口座の残高等の確認、審査と扶養義務者の照会では無いかと思いますが、この時点で被保護者に不正があったら、事務的に不正受給を上司に報告し職権で保護費の返還請求、停止または廃止手続き、悪質なら詐欺罪での刑事事件として告訴する等の行政の実務だと思うのです。

    不正受給は良くないので、職員の心象も理解は出来ますが、現場のケースワーカーの職務は相談、申請、審査、自立支援、健康指導など受給者の自立に向けてのサポートであって、威圧的文言を引っ提げて被保護者世帯を訪問する事ではないと思います。

    投稿日時:2017年01月30日 23時52分

現在のカキコミ64件中 1 ~ 10 件