ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

発達障害

カサンドラ症候群について

たけ

カサンドラ症候群とは、発達障害者への報われない支援の毎日から、精神的苦悩や疲弊が大きくなりすぎて、パートナー自身が精神的にサポートが必要になる状態のことです。こういったまだ手の差し伸べられていない支援が必要な人のことも取り上げてもらえないでしょうか?

※この投稿は、ハートネットTVのカキコミ板に書き込まれたものです。
※発達障害に関する記事はこちら、家族に関する記事はこちらから。

投稿日時:2013年02月23日 15時01分

投稿日時:2013年02月23日 15時01分
カキコミ件数:808件
NHKさんへの要望
とろろさん/40代/アスペの元カノ・アスペの妻・アスペの多い職場の元従業員

今更ながら、あさイチ「どう付き合えば? 夫や子どもの発達障害」を見ました。しかし内容があまりにマイルドで、アスペルガーとは何で、家族間にどういう衝突が生じ易く、どういう経過でどのような精神状態に追い込まれるのか、という深刻さが視聴者に説明しきれていないように思いました。

実際、出演者の方も「人間関係においてはよくあることなんじゃない?!」「何が問題?!なんでも病気にし過ぎじゃない?」「いるよね、そういう性格の人。」という表情。

しかし現実には、アスペルガー症候群の特性に起因した支離滅裂なパニック攻撃、人の気持ちが理解できないゆえの激しいモラルハラスメント、突然の激高によるDVで、家族や配偶者が消耗し、精神を病み、自殺を考えたり、家庭が崩壊したりしています。

一説によるとアスペルガーの8割が離婚するといいます。また、この掲示板を見る限り、何らかの発達障害が遺伝する率が非常に高いようです。遺伝しなくとも家族関係は子供の人格形成に大きな影響を与えます。

NHKの方にはこの掲示板を読み、アスペルガーの特性を一通り取り上げた上で、アスペルガーの人を病院に行かせたり、気付きを与える方法。たとえ診断を受けたとしても、アスペルガーは後天的な性格ではなく脳の欠陥のため努力によって家族関係が改善する可能性が非常に薄い現実。カサンドラ状態を回避するために講じえる対策などを、もう少し丹念に放送して欲しいと思います。

投稿日時:2016年09月30日 01時20分

  • とろろさん/

    こすもすさん

    遅くなってしまいましたが、コメントありがとうございます。迷惑だなんてとんでもない。私こそ、この掲示板にお門違いの投稿をしてしまったのではないかと、ぐちぐちと後悔したりしていましたから、同意見の方がいてとても嬉しくまた安堵しています。

    発達障害にはいろんなパターンがありますし、遺伝の可能性や様々な葛藤がありますから、NHKには本人とその周辺の人たちの人間模様を、いっそ連ドラにでもして、国民に周知徹底して欲しいくらいです(笑)

    こすもすさん、辛いですけどお互い頑張りましょうね。本当にどうもありがとうございました。

    投稿日時:2016年10月20日 03時03分

  • こすもすさん/妻

    このとろろさんのNHKへの要望に、同意いたします。

    アスペルガー症候群の特性を持つ人に関わっている方のための対策等を、もう少し具体的に放送して欲しいです。

    私は現在夫と別居している事でカサンドラ状態をなんとか回避しております。けれどもこれは仮の形でこの先どうすればいいか悩んでおり、夫は社会的には適応しているので妻の私が気にし過ぎていると世間には見られていて肩身が狭く、別居している事にも罪悪感がぬぐえません。
    相手とある程度の距離感をとりながら関わっていく事を心から良しと思えたら、かなり気持ちが楽になれそうなので、別居する事もカサンドラ状態を回避する方法の一つとして取り上げて下さると大変助かります。

    とろろさん、要望して下さりありがとうございます。
    (そして、本来自分で投稿すれば良いのにとろろさんのコメントに思わずつなげたくなりこういう形にさせて頂きました。もしご迷惑だったとしたら申し訳ありません。)

    投稿日時:2016年10月03日 12時22分

訳がわからない
名無しの権兵衛さん/佐賀県/50代/

結婚生活25年。主人は会社を経営しているので私も子育てしながら会社の手伝いをしてきました。主人は何ひとつ私に相談せず勝手に始めてしまい他人にそそのかされては騙されています。いくら私が泣き叫んでも彼の心には届かないんだと思います。家族が大事だというくせに家族の意見を聞く耳はありません。周りの人達は優しいだんな様だといいます。私が悪いのかとずいぶん、悩みました。
あまりにも彼の話が支離滅裂なので病院に行ってもらい、アスペルガーとADHDと診断されました。原因がわかりホッとする反面、彼は一生変わらないんだと絶望しています。主人と離れてこれからは自分を大切に生きて行きたい気持ちと彼を見捨ててよいのかその罪悪感に耐えらるのか悩んでいます。

投稿日時:2016年09月29日 08時08分

  • Heartハナコさん/東京都/30代/当事者

    今は発達障害の就労、生活支援もあり、発達障害者でも自立出来るようになりました。

    罪悪感ゆえのみで繋がる必要はありません。

    愛情も無いのに自分で縛って不幸を選ばないでください。



    投稿日時:2016年09月30日 20時15分

  • 甘えたいさん/愛知県/50代/妻

    私はこの一週間前ほどに「カサンドラ症候群」なるものを知りました。15年前から主人のアスぺはわかっていました。他人から見たら(私が見ても)良く働く、寡黙で真面目な旦那です。いくら子育て放棄でも、部屋に引きこもりでも、普通のあいさつができなくても朝から晩まで毎日もんく言う事なく働いてくれます。だから夫婦として成り立っていない悩みを誰にも理解してもらえず去年離婚しました。小さなアパートに荷物を運ぶため毎週末元の家に通ううちに「こんな人でも隣にいてくれたら」と思うようになり9か月後再婚という形をとりました。独立している子供は私のわがままだと言い、理解されていませんが、先日カサンドラを知りまさに自分の状態だと・・・同じように苦しんでいる人がいる!という事と、何不自由ないのに死にたいほど辛かった理由は「まわりに理解されない事」なんだと気づきました。相変わらず訳が分からない夫ですが少しの時間別居し通い婚みたいになったのは甘えん坊の私にとって良かったのかなと思っています。今では一人でドライブも行けますし、粗大ごみも出しに行けます。ちょっと淋しいけど頑張って励ましあっていきましょうね。

    投稿日時:2016年09月29日 14時56分

ワガママだと言われて・2
雨さん/宮城県/30代/妻

まだ診断はおりていません。おりないかもしれません。でも夫には自覚のなかった特性があり、それで私は傷つき、苦しいのです。それは事実なのです。

深まってしまった夫婦の溝の原因がアスペルガーだとわかった今、一般的なものとは違う方法でも、私達なりの夫婦関係を築けるかもしれないならやってみよう、と思った矢先に、私はまた深く傷つきました。とても悲しいです。

投稿日時:2016年09月27日 16時19分

  • 雨さん/宮城県/30代/妻

    くっきーさんへ

    お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。

    温かい言葉をかけてもらうことが、こんなにも癒され、励まされるものだったのだと久しぶりに感じています。
    何度も何度も読み返し、その度に涙が出ました。

    支援施設の相談は11月に予約が取れました。まだまだ先です。1日1日が長く、ギリギリのところを歩いているようで、なにか小さなことでつまづくとたちまちイライラして不安や絶望感、焦燥感にのまれてしまいます。
    昨夜もそれで、夫に酷い暴言をぶつけてしまいました。言ってはいけない事だとわかっているのに、止めることができず、そのような自分が情けなくて悲しいです。

    早く何かしらの指針を見つけたいです。

    投稿日時:2016年10月07日 14時15分

  • くっきーさん/香川県/40代/

    雨さん、ご自分で旦那さんのアスペルガーに気づき、カサンドラ状態になっているご自身の状況を知ることができ、本当によかったですね。そこに行き着くまでも時間がかかりますよね。私もそうでした…。そして、そこから対策としての出発点になりますものね。

    雨さんのお母様は、福祉に携わっていらっしゃるといえども、雨さんの本当の苦悩を理解していらっしゃいませんね。それはお母様に限らず、福祉、医療関係者であれ、みんながみんな理解できるとは言い難い悲しい現実があるように思います。
    まさに2次被害を受けてしまう結果になり、ますます孤独感や苦悩は深まるばかりで…。

    自分の周りに理解者がいなくとも、信頼できる先生や行政機関に相談し、自分の心のケアをすることは大事だと思います。時間はかかるかもしれませんが、きっと理解して下さる人が見つかります。この場もそうです。
    それほど、カサンドラの苦悩は、周りには分かりづらく、深刻なものですよね…。

    旦那さんとどう向き合うか、その方向性はあくまで雨さんが居心地良くなければ、元も子もありません。決してご自分を犠牲にして旦那さんに尽くすことのないように…。アスペルガーの旦那さんとの良好な関係とは、普通の仲良い夫婦関係とはまた違うように思います。まず、意思疎通はできませんから…。その諦めの覚悟は必要なのかもしれません。
    雨さん、応援しています。どうぞご自身を1番に大切になさって下さいね。

    投稿日時:2016年09月28日 05時00分

ワガママだと言われて・1
雨さん/宮城県/30代/妻

結婚11年目、夫がアスペルガー傾向であることを、ネットで調べ物をしている最中に発見しました。
長年苦しんだ夫の思いやりのなさと理解力のなさ、突拍子もない暴言や行動が全てが一つに繋がりました。
支援施設に相談を予約するも思うように事が運ばず、私と夫双方が少しでも暮らしやすくなる工夫や心構えなどを教えて欲しい、救けて欲しい、という思いが強い私は実の母に相談しました。
母は福祉に精通しているので、コミュニケーションがとりにくい人と意思疎通を図るコツを教えてくれるのではないかと考えたからです。

すると思いもよらない攻撃にあいました。
「仕事もちゃんとしてて、優しくてあんたの言う事全部聞いてくれる〇〇君(夫の名前)に、気持ちを理解して欲しいだの共感して欲しいだの、あんたの我儘を押し付けるんじゃない!」「なんでもかんでも病名をつけて、アタシはそういうの大嫌い!」「施設だの病院だのお金と時間かけて治らなかったらどうするの!?そのときあんたはまた〇〇くんを責めるの!?」
大声でまくしたてられました。
アスペルガーが治らないのはわかっている、だからと言ってこのままの状態で良いとは思わないし、何より(本など読んで)夫自身が自分の特性が私を傷つけていたことに気づき改善することを望んでいる、と言っても「そんなの意味がわかってないと思う。だってそういう病気なんでしょう?」「いいから離婚しなさいよ!」
夫は外見は普通だし、穏やかで、会った人は十中八九「優しそうなご主人だね」と言います。
だから私が愚痴や弱音を吐いても、私の味方をしてくれる人はいません。当然私の母もそうです。心底私の「我儘」が嫌になった、というような顔をしていました。


投稿日時:2016年09月27日 16時12分

彼は太陽?
ひとりぼっちさん/佐賀県/50代/母親

結婚生活25年を迎え、ほとほと疲れてしまいました。知り合った当時は穏やかで優しい人だと思いましたが彼の世界には彼だけが住んでいました。何も相談してくれない、日本語が通じない、同じ事を注意するとキレる。ムキになって支離滅裂な暴言を吐く。私がうつ状態になり何を見ても悲しくて涙がとまらない、自分は生きている価値がないんじゃないかと思い詰めてからカサンドラ症候群では?と気づき、主人にどうか病院に行って欲しいと頼みました。そこで主人がアスペルガーとADHDと診断されました。(若い時から親の事業を引継ぎ、誰からも注意されたことがないので、本人は診断されても「ふーん」っていう感じでした)
長年の違和感の原因がわかりホッとする反面、この人はもう一生こうなんだ!と絶望しました。
太陽はひとつ。地球のどこに住んでいるかで暑いとか寒いとか太陽に文句を言っても無駄なんだな。嫌なら私が動くしかない。子育ても一段落したのでこれからは自分の為に生きることを考えてみたいです。

投稿日時:2016年09月25日 09時27分

  • おかめさん/茨城県/30代/

    ひとりぼっちさん、大変でしたね。
    ここの掲示板に件数が1つ増えるたびにまた同じように苦しんでいる人がいると思うとなんとも言えない気持ちになります。

    私の彼も何も相談してくれない、日本語が通じない、同じ事を注意するとキレる。ムキになって支離滅裂な暴言を吐く。
    そして一人ぼっちさんの旦那さんと同じように親の事業を引き継いでいるのでいわゆる世間を知らずに大人になってしまいました。
    こちらが泣いていようと冷たい表情で見るだけ。。

    アスペルガーを個性として見てあげてくださいなんてアドバイス見たこと有りますが、ここでみなさんが訴えている事を見ると決して個性なんかじゃないある共通性がありますよね。

    本人がそれと知ったところでパートナーにどんな影響を与えているかを考えていない時点で何を言っても無駄だし、下手をすればその親兄弟親戚までもがこちらをおかしな人扱いです。

    ひとりぼっちさん自ら決心をされたということですが、アスペルガーの人との別れは本当に心が鋭いナイフでえぐられたような傷を残します。
    もちろん当の本人は無意識ですが。

    結局はアスペルガーはアスペルガーなんですよね。こちらにいる方はきっとみんな一生懸命いろいろやれれてきたと思います。ひとりぼっちさんもきっと頑張ってこられましたよね。

    ほんのちょっとの慰めにしかならないかもしれませんが、こちらの掲示板にいる方たちはみんな気持ち分かってくれていますよ。


    投稿日時:2016年09月26日 16時56分

助けてください。八方塞がりです。
はなちゃんさん/埼玉県/30代/妻

夫とは結婚6年。1才の子供がおります。
ひょんなことから夫がアスペルガーではないかと思い、調べると間違いないと確信。何よりも変わり者と言われている彼のお父さんが発達障害に違いないと義母が話していたので遺伝性が強いと読み、さらに確信を深めました。
彼の自傷的DVは、アスペルガー特有のパニックだったのだと分かると目から鱗でしたし、やっと真実にたどり着き、解決策があるのでは?という希望を持ちました。

全く予測できないタイミングでキレてパニック、大暴れすること数ヶ月に1回。だんだん悪化してきてます。先日は包丁を振り回し死にたいと叫んで暴れたので警察のお世話になりました。精神科にも連れて行き、医師によると15分くらい話したところでその傾向(アスペ)は多分にありますねとのこと。

それでも私が子供のために離婚しないと分かるとまた本気で暴れるようになりました。正直子供の前でもそんな様子を見せるのでもう限界です。

義両親は自慢の息子がそんなはずないの一点張りで、私のせいだと罵られました。義実家も、私の実家もともにDV家庭なので話に入るとややこしくなるだけです。完全に孤独です。先ほども暴れたので外に避難したのですが、様子見に戻るとビール飲んでテレビ見てました。謝罪は一度もありません。

私はなんとか改善したいと思っています。幸せな家族をつくりたいです。ですが、家に近づくと動悸が激しくなり、眠れません。結婚後、癌にもなりました。子供から父親を奪うことが自分の我慢不足からでは?と考えると辛いです。離婚は避けたいのですが、もう他に道はないのでしょうか?

夫は精神科をドタキャンし、もう自分はどんな改善もしないと言い張っています。アスペルガーも認めません。

投稿日時:2016年09月19日 02時46分

  • 酢キャベツさん/京都府/50代/妻

    まだ結婚6年なら、離婚してやり直す体力もおありでは?ただし、子供を抱えて働き続ける人生も大変厳しい世の中です。

    わたしは、子供二人続けて恵まれましたが、下の子が重い自閉症スペクトラムで、生活まわすだけでも必死で、離婚してフルタイム預けて働くなんてとてもできなかったので、子供と食べてゆくため、生き延びるために、離婚はしませんでした。実家も人間嫌い子供嫌いだし、実家からも婚家からも、障がい児がいると世間に知らないように育てろ、とかさんざんひどいことはいわれましたが、手助けは全くなかったから、手がまわらず行政にいろいろ助けてもらいました。2歳からありとあらゆる専門家の療育も受けてみました。おかげで、娘は自閉症スペクトラムのこだわりもしだいに薄れ、人が信頼できると学び、性格も穏やかで素直な優しい成人となりました。自分のハンデも全て承知した上で、障がい者枠で社会人としてまわりともうまく幸せに働いています。もしも、わたしがフルタイムで働いて娘の教育にかける時間も心の余裕もなければ、ここまでの成果は無理だったように思います。どちらを選ばれるかは、貴女次第ですが、不健全な家庭の血筋に産まれ、アスペルガーの旦那を選んでしまい、障がいのある娘を産んでしまったからには、普通の平穏な人生は諦めるしかないと、わたしは悟りました。今度の人生は、健全な家庭に産まれ、とびきり幸せになりましょうね。

    投稿日時:2016年10月03日 15時17分

  • ぱんださん/30代/

    はなちゃん、お辛いですね。
    私の元夫も同じような状況でした。

    私も、ただただ、幸せに穏やかな家庭を築きたかった。

    当時、悩んでアスペルガー関連の本を読み漁っていたところ、
    「一緒にいてもひとり」という本で、
    バラとサボテンの詩を読み、
    まさにその通りだ。。と思いました。

    その後も、
    ・自分は十分がんばったのだろうか
    ・誰だって完璧じゃないんだし
    ・自分さえ我慢すれば結婚生活は続いていくのに、
    自分の決断で家庭を終わらせてしまっていいのか
    ・わたしの考える常識が実は根本的に間違っているのか…?
    などなど、さんざん自問しました。

    それでも私の場合、最終的には、
    自分の家族に危害が及んだこと、
    自分の心身が限界を迎えていた(周囲談)こと、
    アスペルガーは治るものではないと知ったことで、
    ようやく離れる決心がつきました。

    私は、離婚して本当によかったです。
    がじゃさんと同じで、
    結婚前に時間を遡れるのなら、結婚の申し込みを断りたい。
    もういっそのこと、出会いたくなかった。

    離婚後1年経ちます。
    辛さや苦しさからの回復にはまだ時間がかかりそうです。
    アスペルガーの配偶者を持ったひとにしか
    分からない苦しみかもしれません。。

    それでも今は、ちょっとしたときに、普通の男性ならあたりまえに
    返ってくる小さなこと、反応が、本当にありがたく感じられます。
    あ、やっぱりそうだよね、こういう反応が返ってくるのが普通だよね、と再確認している感じです。

    どうか、はなちゃんがご自分を責めず、
    ご自愛くださいますように、
    と思っています。


    投稿日時:2016年10月01日 16時34分

  • ゆうこさん/30代/

    はじめまして。私の元配偶者も突然鬼の形相でキレて暴れ、私は恐怖で会うことも家に近づくこともできなくなり、別れました。アスペルガー、パニック、後に知り、病院に行けば良かったのだろうか…と後悔に似た思いもありました。でも長年苦しんだ方々からのコメントが胸に響きました。治らないのですよね。離れてからは心が落ち着き始めました。異常な生活を送っていたと感じます。結婚前に戻りたいと後悔ばかりです。同じように苦しんだ方々の書き込みに心をなぐさめながら、何とか一日一日を過ごしています。

    投稿日時:2016年10月01日 11時04分

  • 母さんさん/大阪府/40代/母親

    実家も義理両親もDV家庭…
    そんなご家庭で育ったあなた様は自分はそんな家庭を作らないと反面教師で頑張ってられるのかなと…想像しました。優しいから、だんなさんを変えて穏やかな家庭を持ちたいのかな…とも想像しました。
    私は結婚18年。息子が2人。
    長男がアスペのグレーゾーンです。実母と実兄が長男に似てることに最近 確信を持ちました。母は全て自分が正しいと思ってますし、私は小さい頃から怒られ続けてきました。亡くなった父も無口で、〈間違ってる、おかしいのは私〉と思い込んでましたが、そうではない事にも気付きました。そんな母親に息子の話をしても「あんたが うるさいから そう育った」と言われました。今では まともにコミュニケーションはとれない事も解って、あきらめに近い気持ちになり ありのままを受け止めるしかないと思うようになりました。主人も息子の不思議な言動を理解しようとはせずに 気付けば ここまできました。ですから、なた様はご結婚6年と言えば、まだいろんな事に期待も大きいし、頑張れるんだろうなとお読みして感じました。おそらく、頑張れる間は頑張ってしまう…そこを過ぎた人から見れば とても歯がゆくて、止めたくなります。でも、結局は
    いろいろ頑張って試して、、ダメだった時にしか 踏ん切りが つかないようにも感じました。私は長年ウツとパニックに付き合いながら、仕事はできない状態に最近 後ろめたさを感じてしまっています。。が、もう自分の心身を大切にしようとも思っています。
    どうぞお身体 こわしませんように 。しんどい時はここに来て気持ちを吐き出しましょうね、お互い。

    投稿日時:2016年09月29日 23時07分

  • ローズマリーさん/埼玉県/60代/母親

    アスペルガー&カサンドラと判らずに報われることのない努力を重ねた挙句に、心身共に疲れ果て最近24年間の結婚生活と呼べない生活を終わらせた61歳元主婦です(24年間働きづくめ)。
    はっきり言えるのはいくら努力をしても、時間をかけてもアスペの方には改善されることを望んでも無駄です。
    時間がかかるほど関係が悪化し、かえって娘さんとの関係にも悪影響を及ぼします。私の場合がそうで、苦労をしてきた私が悪者になっています。
    アスペをもっと早く知ればこんなに辛い生活を長年しなくてもよかったのに…
    そこまではっきりとアスペと判っているなら尚更離婚をし、御嬢さんに愛情を注ぎあなたも心穏やかに暮らす生活を取り戻す選択をするべきです。今のあなたの真摯なパートナーに向き合う姿勢は必ず御嬢さんとあなたを助けてくれます。今の生活を手放した時に必ず道が開かれていますよ。
    頼れる身内がいなくても行政など公共機関で助けてくれます。
    最初は大変なことばかりかもしれません、ですが一生懸命に生きているあなたに、考えもしなかつた出会いや出来事が必ず起こります。その時には自分に素直に贈り物を自分のものとして前に進んでいけば幸せになれます。
    こんな私でも今は普通に、心穏やかに暮らせる人と出会えることができました。前向きにひたすらに努力をしている姿を見ている人は必ずいます。
    報われない努力はありません。
    真面目だから、思いやりがあるから、悩み苦しんできたあなたにはお休みが必要です。あなたがあなたで無くなる前に、心と身体を休ませて、もう一度前に進みましょう、進めます。その時にまた御嬢さんの為にも頑張って!

    あなた方お二人の幸せを心より願います。

    投稿日時:2016年09月26日 10時53分

  • がじゃさん/

    私も、早く離れたほうがいいと思います。
    治ることはないんですよ。
    むしろ、年齢が上がることでひどくなります。
    また、年々、こちらが疲弊しきっていきます。
    どんなに自分を犠牲にして頑張っても、通じません。
    苦労をかけたなんて、自覚してくれませんよ。
    もちろん、感謝もされません。
    不毛な年月になってしまいます。
    私は、我慢に我慢を重ねてきた19年を、悔やみきれません。
    我慢して生きてきたということ、その中で大切なもの(健康、キャリア等)を失ったこと、自分の親兄弟の献身も通じなかったこと、等々、悔しくて悔しくて仕方ありません。
    報われる可能性があるならいいですが、もしそれが期待できないのなら、生き直すのは早いほうがいいのでは。
    もし私が、結婚前に時間を遡れるのなら、結婚の申し込みを断りたい。
    そこまで遡れないにしても、なるべく早い段階にまで遡り、早く離婚したい。
    そうしたら、その後の不毛な苦労はしなくて済むのに…大切なものを失わなくて済むのに…。
    今更ですが、私は離れます。
    もう限界。
    私と子どもの幸せのために、別れます。
    我慢や努力は報われるなんて、幻想でした。



    投稿日時:2016年09月21日 14時07分

  • Heartハナコさん/東京都/30代/当事者

    ごめんなさい当事者なんですが・・・
    あなたの為、それはお子さんの為にも繋がります
    早く離れた方が良いと思います。

    子供のためにも離婚しない、と言いますが逆ではないでしょうか?

    新しい人との出会い、可能性だってあるかもしれません。

    未来ある方を選択して少しでも幸せになる方が良いのではないでしょうか?

    投稿日時:2016年09月21日 09時54分

離婚も子供の障害傾向を伸ばしてしまう
ユキカゼファンドさん/東京都/

前回は“家庭内不和は子供の発達障害傾向を伸ばしてしまう”という話を書きました。

最も身近な大人からきちんとしたコミュニケーションが学べないと、子供もおかしくなるというわけですね。(反面教師に出来るのは、ある程度成長してからなのでしょう。)

とはいえ、「努力しても解りあえない相手との生活は地獄。自分までおかしくなってしまいそう・・」なんて苦悩を抱えながら、無理を続けられるものでもありませんよね。

じゃあ、離婚したらどうなるのか?

発達障害の専門家に言わせると、“離婚も子供のこころの発達に悪影響があることが広く知られている”のだそうです。

普通は、離婚の前段階として両親の不仲があるでしょうから、これは当たり前のようにも思えますが、離婚後にも発達障害の傾向が伸びてしまう点には注意が必要ですね。

例えば、離婚した後に子供がADHDになる確率は1.5倍になるといいます。それだけでなく、うつ病や反社会的行動(行為障害)の可能性も高まるとされています。

これらのことから判るのは、“家庭内不和”だけでなく、”一人親育児“も子供のこころの障害のリスクを高める要因になってしまうということです。


(つづく)

投稿日時:2016年09月15日 12時32分

  • がじゃさん/

    にこさんのお話の通りです!!!
    ボロボロに傷ついている私たちを、
    薄っぺらい正論でさらに傷つけないでください。

    投稿日時:2016年09月25日 21時14分

  • ユキカゼファンドさん/東京都/

    にこ様

    私が書きかかったことは、「子供のために出来ることはしなければいけないのではないか?けれど、子供のためとはいえ、頑張りすぎてはいけないのではないか?ではどうすれば?」という話でした。

    しかし、全然優しくなかったですよね。お怒りはごもっともです。まさに釈迦に説法。すみませんでした。

    逆に、にこ様が薦められた『夫がアスペルガーと思ったとき妻が読む本』は優しさにあふれていますね。すでに2回読みましたが、“カサンドラにとって羅針盤にも成り得る良書”とおっしゃる意味が良くわかった気がします。

    特に、P35中段からP36にかけての記述に最も“気づき”がありました。それに、P81中段からP82にかけて、あとP118全体も凄く重要だと感じています。もう付箋だらけです。

    読むことでカウンセリングを受けるのと同じような効果が期待できる作りになっていますね。この本の魅力は、当事者としてもっと具体的にアピールされては?とすら思います。

    最後になりましたが、起承転結の“転結”を書くのはやめましたのでご安心ください。重ねてお詫び申し上げます。

    投稿日時:2016年09月24日 20時31分

  • Heartハナコさん/東京都/30代/当事者


    この投稿者も当事者な気がします(汗)

    投稿日時:2016年09月23日 21時54分

  • にこさん/

    どうして・・・?どうしてこんな場違いな所に書き込んでしまったのでしょう?
    (苦笑)

    不仲な夫婦や離婚した夫婦が子どもに与える悪影響?
    そんな大切な事に誰も触れない?

    そうではないのです。
    私達カサンドラは、そんな初歩的な事を語っている場合ではないのです。
    生きるか死ぬかなんです

    机上の、しかも借り物の正論なんて、釈迦に説法なのです

    私達カサンドラは夫婦の不仲や離婚はもちろん、ありとあらゆる事を鑑み、悩み、苦しみ、七転八倒して、心に瀕死の重傷を負って、やっとここに辿り着きました
    お仲間が集うこの場所で、うっすらと光と温もりを感じているのです

    そこに何も解っていない第三者が、机上の空論、しかも借り物の理想論を振りかざして斬り込んでくるなんて、いったいどういうおつもりですか?

    勿論、言論の自由は保障されているのですから、どんな持論を展開なさって投稿なさるのもご自由ですが、他にもっと適したカキコミテーマがあるのではないでしょうか?

    カサンドラのカキコミテーマに投稿なさった真意が解せません。
    転結の部分はどうぞ他のカキコミテーマに投稿なさって下さい
    そうすれば、私達カサンドラが、無理解な第三者の中傷で、これ以上の不要な傷を負うことがありませんから

    投稿日時:2016年09月22日 20時38分

  • ユキカゼファンドさん/東京都/

    がんばれドラゴンズ様

    おっしゃるように、何が良いかわからないし、正解はないのでしょうね。

    それでも“自分の選択を正解にするんだ”という強い決意を感じました。

    投稿日時:2016年09月21日 08時45分

  • ユキカゼファンドさん/東京都/

    やすこ様へ

    すみません。怒ってますね。もの凄く。世間の無理解もそうですが、第三者にわかった風なことを言われても、やはり当事者としては腹立たしいですよね。

    このあと、起承転結の”転”では逆に、子供のために離婚した方がいいケースについて書こうと思っていますが・・、

    離婚すらできなくて困っているという話は、繰り返しこの掲示板にも書かれていますね。確かに。


    秋月ななみさんの「発達障害かも知れない子供と育つということ。」WEBで読める記事は全て読ませていただきました。

    ご紹介ありがとうございました。

    投稿日時:2016年09月21日 08時35分

  • がんばれドラゴンズさん/愛知県/母

    最近 この掲示板を知り、みなさんに共感したり、癒されたりしています。
    私は先日、離婚しました。
    子供たちのこともありましたが、
    まず私の心がたえきれなくなり別居、子供を引き取り、親権をとりました。
    あとから、子供に「あの時大変だったな」と言われましたが、今では、距離が縮まったような気がします。
    みなさんもいろんな事で悩んでいます。
    何が良いかわからないし、正解はないとおもいます。不仲な両親をみるより、元気のないお母さんをみるより、別れた方が良いと思い、くだした答えでした。
    その時の自分がきめた選択には責任と覚悟を持って生きていこうと思います。
    子供もその姿をみてくれていると信じてがんばっていきます。

    投稿日時:2016年09月18日 13時08分

  • やすこさん/福島県/母親

    私も前回から読ませていただきました。

    秋月ななみさんの「発達障害かも知れない子供と育つということ。12」という記事の中に「発達障害の支援業界の人は、「発達障害者は『変われない』。耐えられないなら離婚するしかない」というばかり。しかしその「離婚」すらができなくて困っていることに対する共感や支援はあまりない。粘着質の夫と離婚するために費やした金銭的、時間的、社会的な損失は眩暈がするほどだ。でもそれでもどこぞの俳優ではないが、「全人生を投げ出してでも」縁を切らない限り、「正常」な生活がおくれない。」という一節が出てきます。

    ここにいる多くの方が夫やパートナーとすっきり離れたほうがいいこともあるということは重々分かっている方が多いと思います、ただ現実にこの一節にもあるように「離婚」すらできなくて困っている人も多くいるということをわかってほしいです。
    また、離婚しない場合でもどのような状況に陥るかはカサンドラの方が一番良く分かっていて、それでも辛くて分かってほしくてこちらの掲示板にカキコミをされているのだと思います。

    軽々しく離婚前の不仲がどうだの、離婚後の影響がどうだのと言わないでほしいです。

    このような発言こそが世の中の「カサンドラ」と呼ばれる人たちの心に突き刺さっている現実をわかってほしいです。

    投稿日時:2016年09月17日 22時22分

  • ユキカゼファンドさん/東京都/

    よこさん様へ

    例えば、にこさん様が紹介されている『夫がアスペルガーと思ったとき妻が読む本』では、
    ”冷蔵庫母親説は否定されている。発達障害は先天的なもので親の責任ではないですよ。”
    という感じのことが書かれていますね。

    そういう論者も少なからずいるのは確か。

    一方で、先天的要因と後天的要因の両方が発達障害に影響するという論者もいます。
    何が定説か定まっていないような部分があるのも確かでしょうね。

    さて、家庭内不和や離婚が悪影響だというのは『発達障害の改善と予防』の中に書かれています。
    「両親が離婚した後に子どもがADHDになる確率は1.5倍程度」(P163)

    また、この本は持っている方も多いと思いますが『発達障害の子どもたち』では、
    「多人数のサンプルによる調査からは、親子関係よりも夫婦関係のほうが子どもの心の問題に影響を与えることが示されている」(P185)

    とされています。

    私も勉強中の身ですので、至らない部分が多々あると思います。
    書いてあることに疑問があればまた聞いてください。
    出典は明記するようにします。

    投稿日時:2016年09月17日 19時41分

  • ユキカゼファンドさん/東京都/

    母さん様へ

    私の立場ですが、カサンドラを含むこころの問題について学んでいる立場です。

    コチラによくある相談内容とは少し違った切り口で書き込みしたいと思っています。

    借り物の言葉では響かないのかも知れませんが・・・

    投稿日時:2016年09月17日 08時51分

  • よこさん/宮城県/40代/妻、母親

    発達障害は先天性の障害です。

    離婚が子どもの障害を伸ばす等、明確な根拠もないのに無知で一方的な発言をされるは大変迷惑です。

    両親の離婚と子どもの健常児(者)、障害児(者)の違いはどこにありますか?

    あなたが仰る【例えば、離婚した後に子供がADHDになる確率は1.5倍になるといいます】この根拠は?

    そもそも発達障害は先天性の障害なのに↑の見解は無知すぎるでしょう。


    ここは切実な掲示板です。

    もっと発達障害の勉強してから、こちらへいらしてください。

    投稿日時:2016年09月15日 21時43分

  • 母さん/母親

    前回に引き続き読ませて頂きました。

    失礼ですが、カサンドラの
    お立場ですか?

    おっしゃる事が余りにも
    理想論ですので…何の目的で
    こちらにコメントされてるのか疑問に感じました。

    理屈ではなく…
    実際 苦しい方がコメントする
    場所です。
    おっしゃる事ができていれば、こちらに書き込みする
    必要はないのです。

    投稿日時:2016年09月15日 21時13分

自分なりの克服2
えふぴーあまのさん/愛知県/40代/妻

続きです。あれから主人は家出から帰宅しました。
夫婦の間を取り持ってくれたのは息子でした。
息子が父母のそれぞれの言いたいことが分かるとのことで、メールで上手に帰るよう伝え、みごと簡単にスッと帰ってきました。

夫の会社の問題が山積みで、そこに私が「責任」という重い言葉をぶつけたことが家出のきっかけでしたが、まず私が「責任」という重い言葉をわざと言ったことを謝りました。
(当たり前のことなので謝るつもりはありませんでしたが、息子から「とにかく謝ったほうがいい」という指示で)

すると夫の表情が一気に晴れ、こちらの言い分を聞いてくれました。
夫の知らないところで、私が会社に関することで弁護士に相談するために走り回っていたことを夫が知り、その瞬間に私が「敵」から「味方」に変わったのが分かりました。

それから毎晩「話し合い」は続いています。
夫は「話し合い」が嬉しいみたいです。(かなり脱線しますが・・)
まるで会社の会議のような話し合いですが、夫はこういう生き方しか出来ないんだ、という現実を私が受け入れるしかありません。
何年も家庭内別居でしたから、話し合いが出来るだけでも一歩前進かもしれません。

それよりも息子が急に大人になったというか、今回のことがきっかけで息子が私たちのことをよく理解していたということが分かって、ものすごくホッとしている自分がいます。

息子は小さいときに何らかの自閉圏の可能性を医師から言われましたが、それ以来、夫の分も「父親」をしてきた自分をこれからはたくさん労ってやりたいと思います。
(当然、結婚してから一度も夫からプレゼントをもらっことありません)
息子は来春からスポーツで他県の高校へ行ってしまいますが、これからは夫婦二人で「話し合い」をしながら、バランスを取っていきたいと思います。

投稿日時:2016年09月14日 15時04分

  • えふぴーあまのさん/愛知県/40代/妻

    ニンジンジュースさん、温かいお言葉、ありがとうございます。
    もしかしたら一時の安堵かもしれませんが、あれこれ模索しながら、自分の生き方をしっかり見つめていきたいと思います。

    ニンジンジュースさんも、どうかご自愛くださいね。
    闇の中にいると光が見えなくなるけど、必ずどこかに灯はあると思います。
    誰かが灯した明かりかもしれませんし、ご自身で灯せる明かりかもしれません。
    ずっと闇が続くことはきっとないと思います。
    優しいニンジンジュースさん、無理せずがんばってくださいね!
    うまくは言えませんが、どのような形であれ私たちにも幸せになる権利はありますもんね。

    投稿日時:2016年09月15日 18時45分

  • ニンジンジュースさん/神奈川県/40代/配偶者

    良かったですね。
    離婚なんて、本当は誰もしたくありませんよね。

    息子さんのこと、嬉しいですね。

    これからも、思い通りにいかないことが出てくるかもしれませんが、お幸せになられてくださいね。

    投稿日時:2016年09月15日 16時07分

離婚しました
ぱんださん/

前夫は、振り返ると付き合い当初から少し変わっているかも?
と思う点がいくつかあったものの、
悪い人ではないし、努力家で尊敬できました。


ところが、結婚の準備を進めていくなかで、
式場スタッフや周囲、私も、彼の言動に強い違和感を覚えました。
そんなとき、発達障害児の教育者である友人に
以下のような内容を話して初めて
アスペルガーやカサンドラ症候群の存在を知りました。


*自分の立てた計画が少しでもずれようものならパニックになる
(例:体調不良のため明日の予定を延期させてほしいというと、じゃあ半年後にでもすればいい!と言ってキレる)
*何があっても謝らない(謙虚な言葉を口にしつつも、結局は自分以外の人・モノのせい)
*暴言・暴力・破壊的行為
*常に自分が正しい、自分を理解してほしい、の一点ばり
*空気が読めない
*周囲や会社の同僚としょっちゅうぶつかる
*自分の興味があることを一方的に話し続ける


彼は、感情のないロボットのようでした。
何とかうまくやっていこうと誠心誠意尽くしましたが、
私は体調を崩し、心がボロボロになりました。
半分洗脳されていたような状態だったと思います。


彼には、今も離婚理由が理解できていないし、
この先理解できることも(しようとすることも)ないと思います。


前夫に離婚歴があることは知っていましたが、
前夫が相手側に多額の慰謝料を払っていたことや、その詳細を把握せず、
私は、世間知らずで、相手を見極める目がなかったのだと思います。


前夫には、死んでほしいと思います。
ただ死ぬだけではなく、苦しんで死んでほしいと思います。
それほどに、苦しめられました。
離れることを決断して本当によかったと思います。


今、苦しんでいるカサンドラ症候群の方がいらっしゃったら、
あなたが完全に壊される前に、抜け出すことをお勧めしたいです。

投稿日時:2016年09月13日 18時25分

羅針盤を得た思いです(カサンドラの皆様へ)
にこさん/

時々このサイトを覗かせて戴いては
エネルギーをチャージさせて戴いています

数あるカキコミテーマの中でも
カサンドラに関する書き込みの多さは
群を抜いているかと思います

他人には理解され辛いカサンドラにとって、こんな風に集える場所がある事は、とても有難い事だと思います

カサンドラの皆様が、とても意識の高い方々でいらっしゃる事も、私にとって、何よりの励ましになっています

さて、本題ですが

アスペルガーとカサンドラについての著書も多くお有りの
『野波ツナ先生』のブログでも紹介されていましたので、ご存知の方も多いかと思いますが

河出書房新社
宮尾益知 滝口のぞみ共著
『夫がアスペルガーと思ったとき妻が読む本』

をお読みになられましたか❓
まだ出版されて間もない本ですが
カサンドラの方で、もしまだお読みになっていらっしゃらない方は、是非ともお読み戴ければと思います

この本は、カサンドラの解剖書の様な本です
解剖されただけでは哀しいけれど、処方箋とも言うべき傾向と対策も教えて戴ける内容盛り沢山の本なので、私達カサンドラにとって羅針盤にも成り得る良書だと確信しています

カサンドラの方で、もしもまだお読みになっていらっしゃらない方がいらっしゃいましたら自信を持ってお薦め致します





投稿日時:2016年09月13日 14時33分

現在のカキコミ808件中 531 ~ 540 件