ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

発達障害

カサンドラ症候群について

たけ

カサンドラ症候群とは、発達障害者への報われない支援の毎日から、精神的苦悩や疲弊が大きくなりすぎて、パートナー自身が精神的にサポートが必要になる状態のことです。こういったまだ手の差し伸べられていない支援が必要な人のことも取り上げてもらえないでしょうか?

※この投稿は、ハートネットTVのカキコミ板に書き込まれたものです。
※発達障害に関する記事はこちら、家族に関する記事はこちらから。

投稿日時:2013年02月23日 15時01分

投稿日時:2013年02月23日 15時01分
カキコミ件数:808件
カサンドラかも
とりっぴぃさん/千葉県/40代/母親

24才の娘に振り回され続けて疲れました。大学1年で鬱。ほぼ引きこもり生活で結局退学。ようやくアルバイトを始めたのに不安障害だ。パニック発作だ色々起こし…迷惑掛けっぱなし…発達障害では?と疑問に思い相談して判明。本人が自覚したけど回復に向かう気配はなし。
配偶者ならば別居でも離婚でも距離を置くことができるけれど子供の場合無理。
娘の場合、放ったらかしにしたらゴミの中で飢え死にするかも。
更年期も重なってもうイライラと憂鬱が止まりません

投稿日時:2018年03月11日 22時36分

  • ララさん/千葉県/60代/妻

    お嬢さん アルバイトを始めたのは良い知らせですが 色々とお母さまが心配なさるお気持ちも分かります
    お嬢さんがアパートが借りられたら 1週間に一二度 様子を見に行くのはいかがですか?兄弟や親戚と分担できれば尚 よいですね〜‼️

    投稿日時:2018年03月15日 20時26分

  • れたすさん/60代/子、配偶者、母。

    とりっぴいさん。

    書き込みありがとうございます。
    お嬢様は診断済みで不安障害も発症、引きこもりがちなのでしょうか。

    たしかにお子さまの場合、距離を取るのは難しいというお気持ちもわかります。更年期もありおつらいですね。お母様お一人で背負いこむのは無理です。

    自分も20代に不安障害だったものですが、外出できなかったですね。
    子どもの立場からすると親に正論を言われても反発心がありますし、自分でもどうにもならない、動けないということがあると思います。

    食事もとらないとはうつ状態のせいかもしれません。今は医師には受診されているのでしょうか。まだお若いですので、自覚されているとしたら、うつが軽くなればSST等で改善される可能性もありますね。

    専門家の力を借りるという点で、
    すでされているかもしれませんが、自立支援センター、当事者の自助グループ等につながって見られてはいかがでしょう。

    悩みはつきないと思いますが、いったんお嬢様とは距離を取り、お世話は最低限にしてできるだけご自分の休養を優先しましょう。
    お母様が変わるとお嬢様も変わるかもしれません。

    事態が良い方向へ向かうよう願っています。

    投稿日時:2018年03月12日 17時01分

私がいけないのか。
もぐたろうさん/山口県/30代/妻

胸の内を吐き出したく、失礼させていただきます。

未診断ですが、夫はおそらく発達障害です。

現在2歳の娘を育てています。夫は自分のこともほとんどせず、家事育児の分担なんてありません(稼ぐ以外は全て私)。それは良いんです。でも、何の共感もなく、同じ空間にいても別の空気が流れているようで、辛い時こそこちらの感情を無視した、自己中心的な酷い言動をとられてきました。コミニュケーションも取れず、常識?と思われるようなことも通用しません。
一番頭に来るのは、私達家族を見よう(向き合おう)とせず、イヤなことからはとことん逃げる事です。娘がいくら泣き喚こうと、我関せず。色々と指摘しても聞く耳持たず、反省や改善をする気もないようです。
やっているけどできない…どうしてもできない…部分もあるのでしょうが、何かと夫の都合の良いようにねじ曲げらてしまうので、こちらも心に余裕がありません。
夫が休みの日には、毎週頭痛に襲われ、ひどい時には、手の痺れや吐き気もありました。平日になるとコロッと治ります。

それでも、周りからは「どこの夫婦も不満はある」「お互い我慢しているもの」「完璧な人間などいない」「話し合って解決していかないと」「あなたの接し方を工夫すべき」などと言われ、この辛さを誰からも理解してもらえないのが、さらに辛いところでした。

発達障害のお子さんに対しては「その子に合わせた環境や接し方を…」で納得できるのですが、それももしかしたら他人事だから思えるのか…。
発達障害の夫を受け入れられない私が悪いのか…。

解決策も見出せず、この先どうするのが良いか路頭に迷っていますが、日々育児にも追われ、いっぱいいっぱいです。

新年度より変更があるとのことで、思い切って投稿してみました。長文、乱文失礼いたしました。

投稿日時:2018年03月11日 20時09分

  • ララさん/千葉県/60代/妻

    もぐたろうさん あなたは全然 悪くない‼️頑張り屋さんですよ ご自分を責めないで外に話の通じるお友達を作りましょう ご自分を守り 大好きなことをやる元気を取り戻しましょう お茶を飲んだり 散歩したり 映画を見たり 買い物したり 旅行したり 自分勝手をなさって良いのです 人生 楽しみましょう
    カサンドラさん達はみんな真面目で誠実です だからこそ追い詰められて鬱になりがち もうやめたやめたと 爆発して家出したって良いのに 家庭を守るために一生懸命 飛び方を忘れた鳥なんです 思い出して ありのままの自分を 小さな頃 夢見た未来の自分を‼️いつも応援しています

    投稿日時:2018年03月15日 20時45分

  • れたすさん/60代/子、配偶者、母。

    もぐたろうさん。

    お返事ありがとうございます。

    お住いの県には自助グループもないということで、お困りですね。

    すでに距離を取られているということですが、おっしゃるようにお子さまの件や家庭のあり方については悩みますよね。

    結論としてはよそのご家庭と比較しないことだと思います。

    いぬころ子さんはカサンドラ側の意識改革ということをおっしゃっておられます。

    またカサンドラ抜けでも「家庭のあり方にとらわれない」ということを提案させていただいたのですが、相手は父親役割を果たさないことがおおいですから、ホームドラマにあるような理想の家庭のイメージにとらわれすぎると苦しくなります。

    離婚されない場合、別居またはシェアハウスが考えられますが、

    ○金銭的虐待のない限り、母子家庭よりは経済的に恵まれる。父の愛はなくても学費は保証される(別居の場合は婚姻費用で)。

    ○また接触を減らすことにより子どもへの面前DVは避けられやすくなる。

    ○大人の役割モデルは先生や親戚、知人等になってもらい、父の不在を補う。

    と考えると一定のメリットはあるのではないでしょうか。

    自分もそうですがカサンドラの中にはACで不安になりがちな方も多いので、将来を気にし心配しがちです。
    ただ人生には賭けの要素があるのです。今幸福に見えるご家庭でも将来はわかりません。

    相手が変わらない以上、「配られたカードの中で勝負する」しかないのです。もちろん他人の手助けは借りられます。先のことを考えすぎると不安が強まります。

    現実にはこちらに来られている方のお子様方も多くは問題なく成人されているようです。
    うちの息子は凸凹がありますが、幸い特性を生かした仕事を見つけ、彼女さんもできました。

    これから問題が起きた時は相談機関等の手も借りて解決していきましょう。

    もぐたろうさんのこれからを応援させていただきます。

    投稿日時:2018年03月13日 23時24分

  • もぐたろうさん/山口県/30代/妻

    不思議の国さん、コメントありがとうございます。

    お子さん、手術されたことがあるのですね。大変でしたね。
    我が家も、私の不注意のせいで子供に怪我をさせてしまい、入院したことがあります(虐待ではありません)。
    付き添いも大変ですよね。

    そんな大変な時に夫にかけられた言葉。一生忘れません。家族の危機は、家族の絆を強めるチャンスには変わりませんでした。

    夫が子供以上に手が掛かる…まさしくその通りですね。わずか2歳ながら、子供の方がしっかりしているし、私と向き合ってくれています。

    不思議の国さんの投稿、まだ少ししか読めていませんが、お舅さんも加わり、とてもお気の毒に思っております。

    不思議の国さんとお子さんにも、穏やかに過ごせる時間が増えますよう、願っております。

    投稿日時:2018年03月13日 21時56分

  • もぐたろうさん/山口県/30代/妻

    そらいろさん、コメントやアドバイス、ありがとうございました。

    私の場合は、夫がいる間&夫が訳のわからない事をした形跡を見つけた時に酷いストレスを感じています。

    子供と過ごす平日は、イヤイヤなどにイライラすることもありますが、まぁその程度…子育て支援センターなどに出かけながら、大変ではありますが楽しく過ごしています。
    ただ、子供と楽しく過ごして疲れを忘れてはいるけど、疲れが取れているわけではない…と思ったことはありました。

    女性相談というカウンセリングがあるのですね。
    少し前に、居心地の良い心療内科の先生とお会いすることができ、そこで満足していたので他の場所を探していませんでした。
    私の地域にもあるか調べてみます!

    マイクロズボラは、少し見たことはありますが、また改めて見てみようと思います。

    有力な情報をありがとうございました!

    そらいろさんとお子さんにも、幸せな時間が増えますように願っております。

    投稿日時:2018年03月13日 21時47分

  • もぐたろうさん/山口県/30代/妻

    りんご3さん、コメントありがとうございます。

    無意識のうちに、「発達障害=悪」と捉えられるような意識になっていたことにハッとしました。
    そうですよね、私は悪くない。発達障害が悪いわけでもない。夫が悪いわけでもない。
    私達は特に、元々の育った環境や価値観の違いなども絡み合って、相性が良くないのだと思い出しました。

    りんご3さんも、お辛い経験をされ、自分で分からないほど病んでらっしゃったのですね。
    もしかして、りんご3さんも、責任感が強く、我慢強く、頑張り屋さんなのでしょうか…。今は、少し落ち着かれていますか?

    娘はまだ2歳で、歳相応か、少し落ち着いている方なので助かっています。
    ただ、夫がいる時には、妙に調子に乗ったり、わざと悪いことをして気を引こうとしているのが気になる所です。
    やはり、小さいながらに何か寂しさを抱えているのではないか…。

    私だけでも、そんな娘に寄り添いながら、2人で頑張っていきます。

    りんご3さんとお子さんにも、穏やかな時間が増えますように。

    投稿日時:2018年03月13日 21時32分

  • 不思議の国さん/40代/

    もぐたろうさんへ

    はじめまして。
    不思議の国と申します。

    お子さまの育児を頑張っておられる中、協力の気配もない夫…。
    周りの人たちから理解や共感が得られないお辛い気持ち、よく分かります。
    私も同じです。

    あなただけが頑張っているんじゃない。
    どこの家でもあるわよ。
    上手くやれないのならもっと努力しなくちゃ。
    みんなそうやって育てているのよ。
    子育てなめちゃいけないわ。

    私も言われました。
    子供が入院手術をする時でさえ、自分中心の俺様。
    看護師さんや病院の方々から気にかけてもらいながら一人で頑張りましたが、自分の食事や睡眠が取れず、付き添い入院中に体調を崩した事がありました。
    夫には自己管理が悪いと怒鳴られました。

    自分の子供の事なのに他人事。
    自分の気持ちや都合最優先なので、子供以上に手が掛かります。

    周りの言葉もあり、私がもっと努力しなければならないんだ…と思い過ごしていましたら、身心が病んできました。

    こちらの書き込みにやっと辿り着き歩み出したばかりの私ですので、良いコメントも出来ず申し訳ありませんが、同じ思いの方がここには沢山いらっしゃいます。

    2才、少しずつ色んな事が出来るようになり、お子さま可愛い時期ですね!
    ご一緒に、良い方向へ歩んでゆけると嬉しいです。

    もぐたろうさんとお子さまが心安らぐ時間が増えますよう、応援しています。

    投稿日時:2018年03月13日 10時28分

  • もぐたろうさん/山口県/30代/妻

    れたすさん、コメントありがとうございます。理解ある方からの心優しいお言葉、とても身に染みました。

    ふと、ZARDさんの歌で
    「ひとりでいる時の淋しさより二人でいる時の孤独の方が哀しい」という歌詞があったのを思い出しました。

    実は、症状が酷かった頃に心療内科を受診したことがあります。
    先生から、夫の特徴を「発達障害者のあるあるです」と言われ、また、育った環境や元々の性格の違いから、とにかく距離を置くよう勧められました。
    「何かあれば、またここに来ればいい」という安心感を手に入れ、できるだけ距離を置くようにしてからは、少し楽になりました。

    しかし子供にとって、これが良い選択なのか…。両親が揃っているにも関わらず、家族団欒を味わせることをせず、これがこの子にとっての家族か…と思うといたたまれない日々です。
    また、先日友人の結婚式に子供と2人で出席した際(友人が率先して招待してくれました)、周りからは「旦那さん仕事?」「何で旦那さんに預けないの?」と散々聞かれ、少し疲れてしまったのです。

    地方在住のため、自助グループの存在が確認できず、ここも無くなってしまうかも…という中、お話を聞いていただく事ができ、大変嬉しかったです。
    私も、皆さんに明るい光が差すことを祈っています。

    投稿日時:2018年03月12日 21時53分

  • そらいろさん/京都府/40代/

    もぐたろうさんへ。

    はじめまして。毎日お疲れ様です。
    私もまだ書き込みを始めて間もなく7歳の息子の育児の真っ只中で、気のきいたコメントができないかもですが…。
    もぐたろうさんは、いけなくなんてありません。

    夫もとことん逃げました。共感もなく、自分の価値観の中だけに住んでいて、会話すら普通にできませんでした。
    なので今は、顔を見るのも、子どもに話しかけられるのも嫌で、家庭内母子家庭をしています。
    空間も時間も分けて、シェアハウスで過ごしています。

    息子が2歳の時には、まだ自分がカサンドラだと気付いていなくて、逆に疲弊しきっていました。

    同じく、特に夫のいる週末には体調不良…。

    そんな時に、私は近くの保育園の一時保育(働いていなくてもリフレッシュや通院の際などに利用できます)や、幼稚園のプレールーム(未就園児用の)を利用して、心と身体を休めたり、子どもと二人で参加して日々を忘れられる居場所を作って、なんとか乗りきりました。

    どんなに工夫というか、我慢をしても傷付き疲れるだけで、どうしても夫を受け入れることができなかったので、女性相談のカウンセリングを最近から受けるようになりました。
    地域によって異なるかもしれませんが、女性相談窓口には託児所が併設されています。
    もし余力がある時には、よい場所かもしれません。

    本当に、いっぱいいっぱいになりますよね。
    チョコレートのCMで「マイクロズボラ」という歌をご存知ですか?

    「いいんだよ。幸せな家族写真を撮ろうとしなくて!」という歌詞があります。
    共感して、たくさん笑って癒されました(笑)


    育児中はただでさえ、初めてのことだらけで疲れるのに、もぐたろうさんの日々の頑張りに敬服します。


    少しでも息抜きをして、もぐたろうさんと娘さんが楽しく幸せな時間を過ごせますようお祈りしています。





    投稿日時:2018年03月12日 20時50分

  • りんご3さん/石川県/40代/妻

    まったく同じ悩みを持っています。あなたは悪くありません!でも、気持ちを善悪で判断すると辛くなりますよ...今の私は、諦めています。そして、それが、結構楽です。

    正直、我関せずの態度が、もうこの人なんだと諦め悟り?ています。無視というより、他人事でそこにいる人です。あなたは親でしょ?なんて言葉は通じませんし、彼の辞書にはない言葉です。

    あなたと同じように、周囲からは男の人はそういうもの、昔の人はそれにしたがった云々言われ、耐えに耐え...でも、周囲をみてください。そんな夫婦、まれですし、不幸そうです。助言をくれる人は、その人の知る世界しか知らないのだからそういうのです。善意で...。でも、的外れ。多分素敵なご主人がいる。だから、あなたは自分の感じたままの気持ちが正しいと思います。

    うちは子どもが大きくなるにつれ、その矛先が子どもにも...やがて害を及ぼすようになりました。必然的に子どもに目も手も行くようになるにつれ...嫉妬?のような、僕をかまって!のような状態で、子どものなかで一番優しい子に強く当たるようになりました。

    どうしようもなく辛くて、子どもも問題行動をおこしはじめ、市町村の育児相談にメール相談しました。するとすぐに電話がかかってきて、臨床心理士さんが来るから、絶対に行きなさい!と。緊急措置としての電話でした。自分ではわからないほど私は病んでいたようです。そこで言われたのは、問題なのはあなたでも子どもでもない、主人がおかしいということ。

    どうぞ、気持ちを溜め込まず自分を攻めないでくださいね。どうぞ誰かかんかの手を借りてください。病んでいると気がつかないのだから。客観的視点でしっかりみてもらってください。

    あなたとお子さんが幸せになる道を探してくださいね。




    投稿日時:2018年03月12日 19時52分

  • れたすさん/60代/子、配偶者、母。

    もぐたろうさん。

    書き込みありがとうございます。
    同じ空間にいても別の空気が流れているような。。
    よくわかります。
    この違和感をうまく説明できないのですが、たとえば自分の場合、アルコール依存の父の怒り方と夫の怒り方は明らかに違い、男性脳だからという説明では納得できませんでした。

    またネットで見る自己愛性人格障害の例と比較すると(重なるエピソードもあるのですが)
    それだけでは説明できないものが確かにあり、未診断ですが発達障害を疑わざるを得ないのです。

    もちろん自分には診断はできませんが、もぐたろうさんは話し合いの努力もむなしく心身に影響が出ており、これをなんとかしなくてはいけません。

    ご自身は悪くないので、まず家事は手抜きしてご自分にごほうびをあげ、ゆっくり休養を取られた後、

    1)心療内科を受診。
    2)夫さんと距離を取り接触を減らす。
    3)自助グループに参加。

    というような対処法があるかと思います。

    夫さんの困った言動をどう受け入れるか受け入れないか、改善に向けてはたらきかけるかどうかはそのあとの段階と思います。
    改善は本人が自覚しない限り無理ですし、今は夫さんは困り感がまったくない状態のようですね。

    ご自身がこれ以上病まないために、相手から気持ちを離し、ご自分とお子さまの幸せを追求しましょう。

    もぐたろうさんのお心が安らかになられますように願っています。

    投稿日時:2018年03月12日 16時11分

もしやアスペルガーなのでは…
baraさん/京都府/40代/娘

私はADHD診断をされています。自分自身が自分の人生に行き詰まってて大変なのですが、両親が退職して家にいて以前より関わる時間が増えたところ、母のあまりにも人に興味がない、共感性のなさにびっくりする場面に多々出くわすようになりました。
私は子供の頃から両親とのコミュニケーションが薄く、その辺は自覚していたし、私自身の治療において主治医にもっと親と話すように言われたのもあって話すようにしてたけど、そうすればするほど、自分に比べて母があまりにも自己中に見えてしまって、私との関係だけなら親子関係のことと思うのだけど、たまたま母と電車に乗っている時母の知り合いにでくわし、母がその人と喋ってるのをきいていると、あきらかに向こうの人がこちらに気を使ってくれるほど母が空気を読まない発言を笑顔でしてるのを見て(平気で姉のことを悪く言う、家族をネタにして自分のコミュニケーションの道具にしている?)、私が母とのやりとりで酷く傷つくのはやはり母にも問題があるのではと思うようになりました。
私は自分の気持ちを話したところ母の悪気のないストレートな言葉でバサバサ傷つけられ、自尊心をなくし、自分がなんなのかわからなくなるくらい傷つきました。声が出せなくなったり、身体に痛みが出る症状もあります。母にはでも多分悪気がなく、無邪気と言えば無邪気で、でも人の気持ちには無関心で、そんな母に、実際自分が就労などもうまくいかず、気を遣いまくって生きてるのに平気で自分中心に振る舞うのを見てると腹が立ってきました。
もしかしてアスペルガーなのでは?とふと思うようになり、調べてみたらやっぱりそうなのでは、と…。でも、本人に問題意識や自覚はないようです。人を傷つけてることに無自覚な母と一緒にいることにもう疲れました。

投稿日時:2018年03月11日 10時58分

  • れたすさん/60代/子、配偶者、母。

    baraさん。

    書き込みありがとうございます。
    ご自身も就労に悩んでおられるのに、人の気持ちに無関心なお母様と同居ではおつらいですね。
    自分も結婚前不安障害で外に出られず、就職も決まらなかった時、いたわりやはげましの言葉もなくあくまで冷たい母の態度にきずつきました。お気持ちわかります。

    発達障害当事者でもHSP(非常に敏感な傾向)併存で周囲にとても気をつかって生活しておられる方もあり、そういう方の親御さんが正反対の傾向である場合もあるのですね。
    専門家でないので恐縮ですが、そういう場合は二次障害が出やすいかもしれせんね。

    世の中には親になる資格のない人も少なくないのです。自分も実母とは距離を取っていましたが、baraさんも生活時間帯を別にする、家の外に逃げ場を作る等してお母様と距離を取っていきましょう。
    親といえど別の人格ですので、侵入されないよう境界線を作りましょう。

    baraさんのお気持が安らぎますよう願っています。




    )


    投稿日時:2018年03月12日 16時37分

職場の後輩
どうにもならない毎日さん/埼玉県/30代/先輩

職場の後輩がADHDです。
アスペルガーも如実に出ています。
約1年こちらも試行錯誤しながら共にやってきましたが、普通の人の1か月分すら成長していないような彼に対して我慢も限界です。
彼自身はできるようになってきたと思っているみたいで、自信ばかりつけていますが現実は違うのです。
何度も教えても、どんなに噛み砕いて説明しても、ものの本質を理解できないので同じ間違いを平気で繰り返します。
報告連絡相談もしませんし、勝手にやってしまい、仕事の関係者にも多方迷惑をかけています。
こちらが対応に困って本人に聞こえないように相談していたら、モラハラなどと言って人事に直談判しに行ったり、先日も1番面倒をみてきた私に対して喧嘩を売ってきました。
それまでは、1番寄り添ってあげてきましたし、それは周知の事実でした。
しかしそれ以降、彼を見るだけで声を聞くだけで苛立ちが込み上げてきます。
話しかけられると動悸がします。
まだそんな歳じゃないのに白髪まで…。
もう本当に限界です。
関わりたくありません。
プライベートでも嫌なことが重なり、何も気力が湧かない状態が続いています。
こちらが病んでしまったら障害者なんだからで済まされるのでしょうか。
モラハラなんてお門違いに騒ぎ立てたりするような人にこちらが寄り添わなきゃならないのでしょうか。
感謝こそされど喧嘩を売られるなんて納得できません。
毎日が辛くて辛くてやり切れなくてこちらに来てしまいました。

投稿日時:2018年03月10日 22時48分

  • Heat 花子さん/当事者

    その方は障害枠で入られてるのでしょうか。

    障害枠でしたら、
    障害者に仕事を教え与え仕切る、知識を得た専任の社員がいて、
    仕組みがしっかり整っている職場環境・・・が本来あるべきなんですけれども

    一人のいち社員に自分の仕事もやらせつつ、適当に任せているとしたら会社として準備されていないという事なのです

    もし、その方が一般社員ならそのままの旨を上に相談して、限界を知らせるべきと思います。

    発達障害はマニュアルや決まった事しかなかなか仕事できません。

    一般社員として仕事出来ないならふつうクビですよね

    発達障害への仕事の対応については、
    労働省サイトや検索するとたくさんあります。

    ハロワでも企業向けに講習会開いてたり確かありました。



    投稿日時:2018年03月12日 14時27分

みなさんへ
かばこさん/兵庫県/50代/母、娘、妻

私は夫がASDだと気づいたのが先月と言う新米のかばこです。

先日、カサンドラの皆さんが語り合う集まりに参加し、皆さんが私とまったく同様の悩みを抱えておられ、話をすることでこんなに気持ちが軽くなるのかと軽く感動しました(笑)

同じASDでもそれぞれ特性の現れ方が違うんですね。

でも、不思議なもので基本的なところはみんな同じ。会話が成り立たなかったり、共感できなかったり、感謝がない、とか。

初めての参加の私でもこんなに気分が楽になれ、人生に光さえ見えた気がしました。ただ、ちょっと距離的に遠かったのです。近所だとご近所さんと会ってしまうという可能性もなくはない。なので、近すぎず遠すぎない距離のところで、こういう会をもてないかと考えております。

そのためにブログを始めました。

みなさんぜひ一度見に来てください。私の今までの結婚生活について思うままに書いていますが、最終の目的は語り合いの会を開くことです。


私は現在、夫のご両親に夫の障害の可能性について話したところです。

それからどうやって先に進むか検討中です。できれば夫と2人で支援センターの方との話し合いに行きたいのです。ただ、うちは尊大型で最も扱い辛いであろう人格の人です。素直に認め、周りや自分のために相談に応じるか、悩んでいます。

でも、どうにかしないと私が壊れてしまいます。

毎日、ガラスの破片が飛んでくるような緊張感の中で過ごしている毎日です。たまに大きな破片が飛んできて致命傷を負う。そんな感じです。もう私にも頑張れる力がそんなに残っていません。

だからどうにかしたい、この生活を変えたいと願っています。

皆さんや私の人生が少しでも明るいものになるように願っています。

投稿日時:2018年03月10日 19時38分

  • そらいろさん/京都府/40代/

    かばこさんへ

    お返事ありがとうございます。

    私も息子と二人の時は安らいでとっても幸せです。息子はまだ一年生。
    かばこさんと同じで、母親の本能か…息子をこの人に近づけては危険と察知して、子どもを離してシェアハウスを実行しました。

    が、夫の攻撃の一貫で残念なことにこの関係を改善するための調停通知が届きました。
    離婚を求めるでもなく…離婚となったら、自分が不利になることをしっかり心得ているのでしょうね。

    逆手にとって、別居に至るように弁護士さんと相談していきます。
    もうヘトヘトですが。

    私の経験がかばこさん主催の自助会でお役に立てたら、今の頑張りが報われます!

    ブログ探し続けますが、自助会の名前に「かばこの…」と入れて下さったら、ユーモアもたっぷりで、すぐに見つけられそうです。

    希望ですね!
    本当にお話させて頂きたいです。


    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    投稿日時:2018年03月19日 16時30分

  • かばこさん/兵庫県/50代/母、子、妻

    そらいろさんへ

    私の書き込みにパワーをもらったなんて言っていただいて大変うれしいです。ありがとうございます。

    そうですよ!うちの子育ては「私だけ」「私のおかげ」で立派に2人育てました(笑)断言できます。

    2人分の愛情を注いできたつもりです。

    幸い、うちの夫は子どもにはそれほど暴言も吐かなかったんです。すべて子供への不満も私にぶつけていました。それは子供たちには幸いでした。(私には迷惑な話ですが)

    ただ、子供と夫だけの空間はできるだけ作らないよう心掛けてきました。どうせ夫と子供だけにしても、子供と遊んでやるなんてことしないんですが、余計なことを言ったりしたりするのが怖かったんです。

    冗談が通じない夫なので、子供のちょっとした冗談にマジギレするような人です。怖くて一緒にできません(笑)

    そらいろさんのお子さんは大きいのでしょうか?うちはもう21と18なので、いろんな話もできますし、旅行や買い物にも行けます。普通の大人とのかかわりが経験でき、すごく癒されます。普通の会話、普通の雑談、夫との間では経験できなかったことです。

    子供は一生味方になってくれます。子育ては大変ですが、子供といる時が家族でいる暖かさを感じられる唯一の時間です。家族のぬくもりというものがあります。3人でも十分幸せです。

    自分が笑顔でいられる人といてくださいね。

    幸せになりましょうね、自分の人生だから!

    どこかでお会いできたらいいなぁ。

    ブログのことをここに書き込むと全部削除されるんですよね。残念!

    いつか自助会を開きたい、カサンドラさんたちと笑顔で雑談できれば幸せだなぁと思っています。

    れたすさんのシェアハウスにも住みたいですよね(笑)

    楽しいことだけ考えましょう。

    また明日も少し笑顔になれるといいですね!

    投稿日時:2018年03月16日 19時47分

  • かばこさん/兵庫県/50代/母、妻、娘

    れたすさんへ

    優しいお言葉ありがとうございます。

    れたすさんはACなのですね。私はACについては詳しくはないのでわかりません。そうですね、実母とは普通に仲のいい関係です。今でも助け合いでお互いお手伝いをしています。

    子供のころに辛い思いをされるのは、本当にいたたまれません。子供と言うのは親の愛情だけで育つ時期があるので、その時期に親に受け入れられないのは本当につらいだろうと思います。

    アスペルガーの親に育てられたという方のコメントもこの書き込みの中にありますね。うちは主人がアスペルガーでした(私は気づかなかったですけど)が、この人は何か変だと徐々に思い始めたので、できるだけ主人は子育てから引き離す方向で育ててきました。

    ですので、今でも子供たちは「変な父親」とは思っていますが、それほど憎んだり嫌ったりしていません。近寄りませんが(笑)

    結婚25年の中で私が知らず知らず「この人は子どもに近づけてはいけない」と察知したんですね(笑)

    おかげで、私は随分子供たちに救われました。つらくて泣いている日も「大丈夫?」と声をかけてくれ、普段は何気ない普通の会話も、子供たちとならできました。普通に笑えたし、出かけることもできました。だから今までやってこれたんだと思います。

    れたすさんの優しさにも救われました。

    また書き込みします。

    ありがとうございました。

    投稿日時:2018年03月16日 07時50分

  • そらいろさん/京都府/40代/

    横から失礼いたします。

    かばこさんへ。
    れたすさんへ。

    かばこさん、いつも書き込みにパワーを頂いています。自分のおかげ!のお言葉、大切にしています。

    お身体が不調とのこと、心配しています。本当に毎日緊張感の中にいるので、休まる時がなく、心身疲弊しますよね。

    私の場合は、幸いそんなに心配ない膠原病で今は落ち着いていますが、免疫の病気なので、特にストレスが大敵=夫で、症状が出ないよう気力で持ちこたえています。

    かばこさんが会を開かれたら、ぜひ参加してみたいです。関西在住ですので。

    ただブログが見つからず…
    お話できる日を楽しみにしております。

    お大事になさってください。


    れたすさんへ。
    お会いできて嬉しいです。
    時折私の名前を出して下さって、ありがたく励みになっています。

    夫は私の病名を知りません。
    病名を伝えても傷付くだけなので、病気も一人で闘っています。

    時々、泣きたくなります。それさえ我慢して、子育てしていくのは辛いです。

    かばこさんのお言葉通り、自分のおかげと言えるように、息子を育てることが目標ですが、道半ば、休みたくなる時もたくさん。

    れたすさんがカサンドラのシェアハウスを作って下さったら、訪ねて、泣いて、たくさんお話したいです。
    本当にそうなったらいいな。


    かばこさん、場所をお借りさせて頂き、ありがとうございました。

    これからも、よろしくお願いいたします。



    投稿日時:2018年03月15日 20時35分

  • れたすさん/60代/子、配偶者、母。

    かばこさん。

    お返事ありがとうございます。

    病院へ行かれてよかったです。これまでストレスに気づかないようにされてきたのですね。自分のように脳にこない場合は身体に来て、かぜさんやいぬころ子さんのように種々の内臓疾患、そらいろさんのように膠原病になられる場合もあり、またストレス性の高血圧から最悪の場合脳血管障害に至る場合もありますから、くれぐれもお大事になさってください。

    優しいと言ってくださってありがとうございます。
    自分は母から「無表情で冷たい子」と言われ続けて来たでの意外です。母にはなにを言っても般若顔で否定されるので自分の感情をだすことはできませんでした。子ども時代は他人が怖く友だちの輪にも入っていけませんでした。

    カサンドラ状態ですと相手があまりに理不尽、非情なので普通の何気ない言葉がけでも優しく感じられるのですね。自分はおかげさまでこちらの皆さまと交流する中で優しさを引き出していただいたと思います。あらためて感謝です。

    未来は明るいと申し上げたのは、かばこさんの場合、ご実家のお母様との関係が良いので、私たちACと違って自己が受容され確立している印象を受けるのです。

    もちろんカサンドラの悩みは同じですが、ACの場合は(ゆんわりさんも書かれていましたが)いままでの他人に対するとらえ方感じ方からすべて変えていかなければならないので時間がかかるのです。ACのお仲間にはとても共感しているのですが。

    かばこさんの場合、会社の方も応援して下さるそうで心強いですね。

    精神的に健康な方は窮地におちいってもなんとかなるさと自分を励ませると思います。
    なんとかなりますよかばこさん。

    これからもこちらでお話ししたいですね。
    どうぞよろしくお願いします。

    投稿日時:2018年03月15日 06時27分

  • かばこさん/兵庫県/50代/母、子、妻

    れたすさん

    いつもいつも優しい言葉をありがとうございます。

    れたすさんはきっとすごく穏やかで優しい方なのでしょうね。いつも優しい言葉に励まされ、勇気づけられています。

    私の未来は明るいと言っていただき、本当にうれしいです。

    今まで本当に苦しかったです。知らず知らずのうちにストレスがたまっていたのでしょう、私はいつもストレスを感じないように自分で受け流していたつもりなのですが、このところ、すごく頭痛がひどくて、とうとう今日、病院に行きました。

    痛み止めの注射と薬をもらったのですが、これでは私がつぶれてしまいますね。潰れたら子供たちも仕事も立ちいかなくなります。頑張らねばと思っています。

    20日の支援センターの方と会う日までに、何とか夫に伝えなくては!

    会社の方もみんな応援してくれています。夫が受け入れれば、このまま会社でも使ってもらえることになっているんです。

    でも、彼が素直に受け入れるか…難題です。

    自分のASDとADHDを受け入れ、周りに助けてもらいながらなんとか自立してほしいのですが。

    うまくいくよう祈るしかありません。

    れたすさん、本当にいつもありがとうございます。頑張りますね。

    投稿日時:2018年03月13日 19時21分

  • れたすさん/子、配偶者、母。

    かばこさん。

    こんにちは。

    自助グループへ参加されてよかったですね。
    ブログもはじめられたそうですね。
    夫さんがご自分の状態をどう受け止められるかは、働きかけて見ないとわかりません。

    でも自分もそうですが、カサンドラと気づいたらもう前に進むしかないのです。
    これからも挑発行為はあるかもしれませbんが、今はお仲間もいますし知識も身につけられました。ひとりではありません。
    ブログを見られた方からも声が寄せられると思います。

    勇気を持って前に進んでいきましょう。
    かばこさんの未来は明るいですよ。

    投稿日時:2018年03月12日 15時45分

1歩踏み出す勇気
ゆんわりさん/広島県/40代/

発達障害、グレーの方
本当に多いと思います。私は子供がまだ幼い時に離婚しました。離婚して子供のADHDがわかりそれをきっかけに元夫、実父がアスペだと思う様になりました。振り返ると子供の頃からまるでカサンドラの様な感じでした。高校生の時に初めて胃カメラ。20代半ば元夫に脅される様に結婚。すぐに妊娠。その時は色々深刻な事情があり中絶をするしか無いと思ったのですが元夫に"誰の子供?"そんなに中絶したいならピルでも飲んどけ!!"と怒鳴られ出産。子供には心から産みたいと思えなかった事を申し訳なく思っています。夫は全く自分がした事に対して状況がわからない感じでした。毎日夜中に起こされ「ご飯」と。DVも酷く逃げる事さえ怖かった。子供が産まれ間もなく離婚する事ができました。でも妊娠中から円形脱毛症になり離婚しても何年も1つ治ればまた1つ出来るの繰り返し。そして突発性難聴になり入院。片耳の聴力の回復は見込めませんでした。そして体に症状が現れなくなったとたんに心に異変が現れ鬱になってしまい数年たって躁転してしまいました。鬱真っ只中父の考えられないパワハラ「お前が働けないと一家で首をつらないといけなくなる」その他消えてしまいたくなる様な罵声や嫌がらせを受けました。辛すぎて涙も出なくなってしまう状態に追い込まれ逃げる様に入院。それから10数年経ちやっとやっと抜け出せる事ができました。きっかけはACだと気付いた事です。それから自分と向き合い考え方の癖を徹底的に見つめて、怖かったけど殴り倒される覚悟で思いきって父との境界線をきっぱり引きました。今でも時に弱い自分が顔をだしますがかなり生きやすくなりました。今失意のどん底で苦しんでいる方必ず暗闇から抜け出す時は来ます!自分で自分を諦めないで下さい!経済的自立が難しい方もいらっしゃると思います。でも心の自立を目指して下さい!
1歩踏み出す勇気です!!

投稿日時:2018年03月10日 18時57分

  • れたすさん/60代/子、配偶者、母。

    ゆんわりさん。

    書き込みありがとうございます。

    ゆんわりさんも機能不全家族のご出身なのですね。お仲間です。
    青春まっただなかの高校生時代に胃カメラとは胸が痛みます。
    夫さん、お父様の心ない言動に涙が出ます。
    長い間ほんとうにおつらかったですね。

    夫さんと離れられ、ACと気づかれたのちご自分で考え方の癖を見つめ直し、お父様との間に境界線を引くことができてよかったです。

    機能不全家族出身のカサンドラさんは少なくないようです。
    自分もそうだったのですが、親に支配また依存されてきたので、愛と依存、支配の区別がつかず、また親に否定されつづけて来たので自己受容ができておらず、不安や恐怖を感じがちです。長年しみついた感じ方はなかなか変えられません。

    ですがこちらで皆さまの共感とはげましを得て、真の自己を見つけ出しつつある方々もおられます。不安に負けず勇気を持てば今まであきらめていたことも不可能も可能になるのです。

    経済的に自立していなくてもおっしゃるように心の自立はできますね(カサンドラさんは「精神的離婚」とおっしゃっていました)。

    心の自立をめざし、一歩ふみだす勇気をいただけるお言葉ありがとうございます。

    投稿日時:2018年03月12日 15時32分

辛い
ハートスマイルさん/50代/妻

ASDと思われる夫、見るだけで心が乱される。この20年余りの、経済的制裁や暴言、夫、父親としての役目が出来ないため私が駆けずり回って何とか家庭を切り盛りしていたのに、稼いでいる俺様が偉い、自分のやり方に従えと、無理難題をこなしてきた。

日々、文句ばかり言われ続け、褒められたり、優しい言葉をかけられずにいると、自分が出来てないからだめなんだ、自分は不器用でダメだと思って生きてきた。

でも、カサンドラではないかと、気付いた頃から、私は、出来ない夫のため夫婦で協力していくべきとこも一人で人一倍頑張ってきたのだ、だから、許容範囲をこえていて人並みに出来ないこともあって当然だと確信し、自分を自分で励ましています。

あからさまに、障害がはたから見たらわからないため、やっぱり、周囲には理解得られず、孤独になることが多々あります。

この立場に立ってみないとなかなかわからないでしょう。
いたわりの言葉や態度をしめされたことがなく、ただ、自分の価値観を押し付けて、出来てないとすぐ不機嫌を態度に出す人との暮らし…
全てのASDの方々に怒りがある訳ではありません。私はただ、わからずに結婚し一緒に過ごし、辛い仕打ちばかりだったうちの夫への怒りが拭えないのです。

日々、絶望から世捨て人にならないように必死に、小さな楽しみやうれしいことを見つけ1日1日を生きています。子供達のために

今は、とにかく夫の顔や姿も見ない工夫をして、私の中から存在を消して平静を保つようにしてます。

カサンドラ症候群の心の傷は長年かけて作られ、なかなか癒えるものではありません。

投稿日時:2018年03月09日 06時37分

  • ハートスマイルさん/妻

    コメントを下さった不思議の国さん、そらいろさん、れたすさんありがとうございます。

    いつも同じような内容で投稿してしまうなと思いながら、周期的に辛い気持ちに耐え難くなり、ここに吐き出させて頂いてます。

    仕事でも、辛いことが重なり、子供の年度変わりに関わる出費がかさみ、でも、最低限の生活費しかくれてない夫にお金の相談が出来ない精神状態になってしまっているため、落ち込んでいました。

    家族の中で夫が味方ではなく、むしろ、嫌がらせを喜んでいるように感じた中での生活は、淋しいです。

    ましてや、職場でも、意地悪な態度や言動をとられ、私はなめられ体質になっているなあと、感じてます。

    自分が悪いのか?と、振り返ってばかりだと、生きる気力もなくなりそうでした。

    数少ない暖かな気持ちで常に接してくれる友人に相談し励まされ、そして、この掲示板の共に戦う同志に温かい励ましのコメント頂いて、何とかなると、払い込みをなかなか出来ずにいた子供の学校の諸費用を支払ってスッキリしました。通帳の残高を見ると不安でいっぱいですが必要だからと割り切り節約していきます。復活するぞと思ってた矢先体調を崩してしまいましたが、休息になったと思ってます。

    この掲示板がなかったら、どうなっていたかわからないです。感謝でいっぱいです。カサンドラで苦しむ皆さんの幸せを願っています。

    投稿日時:2018年03月14日 20時55分

  • 不思議の国さん/40代/

    ハートスマイルさんへ

    はじめまして。
    何度か書き込みをさせてもらっている不思議の国と申します。

    長い間、お辛い日々を過ごしてこられたのですね。
    お気持ちよく分かるな…とコメントさせていただきました。

    価値観を押しつけられ責められる辛さ、それを周りに理解されない辛さ、私も味わってきました。
    私の予定など価値のないものとされ振り回されて、周りの方が随分離れていきました。
    益々孤独になる負のループ。

    暴言がなくなることもありませんし、心が癒されすっかり大丈夫!!となることも難しいですが、ご一緒に前へ進んで行けましたら嬉しいです。

    投稿日時:2018年03月12日 12時19分

  • そらいろさん/京都府/40代/

    ハートスマイルさんへ。

    はじめまして。
    20年余りの心ない夫さんとのカサンドラ生活、本当にお疲れ様です。

    私はまだ半分10年ほどの夫との生活ですが、それでも疲労困憊なのに、前を進まれている先輩としてお力を頂いています。

    ハートスマイルさんのように、あと10年頑張れるのかな、世捨て人になってしまいたいと思うことが
    何度もあります。もうこんな生活、休みたいと。

    子育ての真っ只中なのに、夫婦で協力できず、子どもの話をたくさんしたいのにできず。
    全て一人。

    経済的制裁を受けながらも、夫に経済的に頼らなければ生活できない、息苦しさ。

    友人達全てが幸せに見えてしまって、お付き合いがこわくなることもあります。

    ハートスマイルさんの、一人で許容範囲以上のことをしてきたのだから、出来ないことがあってもいいというお言葉に救われた気がします。

    夫の挑発行為などをのぞいて、もう接触はありませんが、子どもが自立するまでのあと10年、なんとか頑張れたらと思います。

    自分の楽しみや喜び、そして子どもとの時間を大切にゆっくり歩いていきたいです。

    こちらの掲示板には共感しあえるお仲間がたくさんいらっしゃって、心強いです。

    これからも、よろしくお願いいたします。


    ハートスマイルさんの毎日が、少しでも小さくても、喜びと楽しみに満たされますように。

    投稿日時:2018年03月09日 21時15分

  • れたすさん/60代/子、配偶者、母。

    ハートスマイルさん。

    お久しぶりです。

    ほんとうにおっしゃる通り、経験したものにしかカサンドラのつらさはわかりませんね。
    こうして掲示板で共感させていただくことが一番の癒やしになると自分も思います。

    このカキコミ板も新年度から刷新されるようです。
    局の側のご事情もおありでしょうが、ハートスマイルさんはじめ全国のカサンドラさんの数少ない交流の場ですので、ぜひとも存続をお願いしたいですね。

    ハートスマイルさんのお心が少しでも安らぎますよう願っています。

    投稿日時:2018年03月09日 19時55分

病み上がりに冷水
みけねこさん/神奈川県/50代/

前回初投稿して、皆さまからの温かい励ましに久しく味わったことのない心地よさを覚えました。
共感してもらえることって本当に嬉しいことですね。
実質母子家庭のわが家で、ウィルス性胃腸炎が発生し、三人の子どもを一週間ずつ看病した挙げ句、まずいことに私がウィルスをもらってしまいました。
介護している子どものために父親に休んでもらってやっと回復してきたのは良いのですが、予定外の土日祝日状況が展開!
こちらはお腹に力の入らない状態で、子ども達のために防戦して、ヘルパーさんのいる前で大喧嘩。毎度のことながらみっともない…
自分が万全じゃないと太刀打ち出来ないとわかってますが、こちらも不死身ではなく。
つくづく、まず自分の健康第一と思いました。
元気な時はいろいろと予防線を張っているのが体調が悪いと油断してしまい、どつぼにはまってしまいました。
言ってもわからないから腹が立っても無視するとか視界に入れないようにするとか、負の要素に負けないように陽性なことを考えるとか、自分の好きなことを考えるとか、どれも使えなかった!
しまいに最近やらないようにしていた説教をしてしまい、(主題は子どもを傷つけないでということなのですが)最初フリーズして貝になってたのが、次第に攻撃的になり怒鳴って、痛めている腕をどつかれる始末。
家族を傷つけ、抗議すると無視、説教すると最初は無視、後暴力。彼も自分を無視すればいいと言いますが、子ども達が傷つけられたら黙ってられないから説教、この繰り返しです。
明日仕事に出ていってくれるのだけが救いです。

投稿日時:2018年03月09日 00時43分

  • 山のむこうさん/秋田県/60代/妻

    みけねこさん

    私とよく似た辛い日々を過ごしていらっしゃるのですね。

    昨年の11月からずっと家庭内別居状態です。自分を守るためには、別れることしかないです、と、精神科の先生にいつも言われます。義兄にもひどい言葉を浴びせられ、心が壊れてしまいました。

    がんの手術の翌日も、病院で暴言を浴びせ続けられたこともありました。現在、県の女性相談、特に、DV専門の方に話を聞いていただいています。弁護士相談も受けましたが、離婚も別居も経済的に自分が自立していないと不可能だということだけでした。

    つい最近も、「なんだとー、このやろう!」と怒鳴って、私に向かってきたので、本当に恐ろしい思いもしました。電話で相談をしたところ、万が一暴力をうけたら、躊躇なく警察を呼ぶよう言われましたし、私にもその覚悟はできています。殺されてしまったら、あいつが悪い!、と、自己弁護全開で、すべて私のせいで終わってしまいますから。

    みけねこさん、あなた一人ではないですよ。どうか、このような場や、ほかに話だけでも聞いてもらえるところを是非とも見つけてください。たとえ身体的ではなくても、言葉によるDVだってあるのですから、相談にのってもらえるはずです。私のように、心が壊れる前に、行動に移されることを願っています。

    投稿日時:2018年03月23日 21時33分

  • れたすさん/60代/子、配偶者、母。

    みけねこさん。

    その後いかがかと心配しておりました。
    進行性の難病がおありのお子様を含め三人の子育て、ご苦労お察しします。

    土日祝日恐怖症の上にウイルス性胃腸炎とはおつらかったですね。
    夫さんどついたのですか、ひどいですね。

    三毛猫さんは悪くないです。
    体調のすぐれない時は自制もききません。
    お子様を守るためしかたのないことです。

    三児の父親でありながら自己防衛しか考えられない相手に怒りを覚えます。

    今後のために夫さんの言動の記録はとっておいた方がいいと思います。

    摩擦を避けるため、今後も距離をとっていただくことが基本ですが、女性相談やDV相談にもつながりましょう。

    三毛猫さんご自身もお忙しいと思いますが、なにとぞお体お大切に、充分な睡眠、休養をお取りください。

    三毛猫さんとお子さまたちの心安らかな時間がつづくことを願っています。

    投稿日時:2018年03月09日 19時45分

依存体質のため、声掛けが違う
芽衣さん/

夫の親族二人の状態
アスペルガー、ADHDの症状が重め、金銭依存、対人依存がひどい (未診断です)

夫の状態
アスペルガー、ADHDの症状が軽め、対人依存あり(未診断)

私が結婚する前から、主人の父親が、親族二人に、対人依存、金銭依存、発達障害の症状について、たくさんたくさん注意し、主人も、何度もおねがいしましたが、親族の二人は、ほとんど覚えていないし、聞いてなかったようです。

依存体質がひどく、お金が無くなっても、「誰かが払ってくれる」自分たちの症状でできないことは、私と主人に、「代わりにやってもらえば済む」と思い込んでいます。「自分のことは自分でやりなさい。共同作業は無理だ。人の話を聞いてもいないし、覚えてもいない人が命令してはいけない」と主人の父が言い続けても、症状から、効果はなく、自分たちが会話も聞けない、判断はめちゃくちゃ、症状だらけなのに、他の家庭の真似をしているだけと思い込んでいるので、間違ってないと勘違いしていたようです。

主人の父と私は、対人、金銭の依存の一般知識はあるので、イネーブラーにはならないように働きかけ続けました。それでも、効果がなくて、本で調べても、声掛けが違っているので、どうしていいのか、わかりません。夫は、依存対象になってはいけないと、父親と私から注意されても、受動型アスペルガーの症状から、何度も合わせすぎて、問題になり、父親に怒られ続けていました。主人の父は、「あいつらに、合わせなくていい。お金は払わなくていい」と言って亡くなりました。

夫だけは、発達障害と依存症のマニュアルを読んで、理解はできるようですが、頭で整理ができないらしく、行動が伴いません。


お医者さんに行った方がいいとは思いますが、自覚がないようで、困っています。依存が強い人が発達障害だったら、どうしたらいいのでしょうか?

投稿日時:2018年03月08日 21時08分

  • 芽衣さん/

    れたすさん

    コメント、ありがとうございます。親族二人は共依存関係にあるため、主人の父から、「かかわらないようにしてください」と最初から注意されていたので、距離を置いて付き合ってきて、主人には、依存や、共依存のことは、説明してありましたが、あまり深く考えない性質から、理解もしてないし、自分が対応していかないといけないという意識もゼロで、逃げてばかりいたため、対応が遅れました。アスペルガーかもしれないと気づいたのは、二年前になります。


    底つき体験ですが、主人の父は知っていたようで、「最後はお金は、無くなるだろう。それでも、お金は、払ってはいけない。禁止にしておきます」と言って、しっかりと将来設計を組み立ててから亡くなりました。予算が決まっていたのですが、節約を嫌い、遊興費に使いこみ、それを何度確認しても、止めても、無理で、今は、お金はなさそうです。底つき体験は、これからになるのかもしれませんが、昔も大変だった時期があり、その時も、かなり叱られても、懲りていませんから、反省はしないだろうと予想しています。

    主人は、症状に気づかず、親族二人は、一般的なことはできる、金銭面はちゃんと考えている、話も聞いてくれていると勘違いしていました。
    予算を使い込んで、実行不可能な命令ばかりしていた親族二人のほうが正しい、お前が間違っていると、主人に言い張られ、無茶苦茶でした。

    主人には、自立してもらうために、一人暮らしができるような準備を進めて、いろいろとやってもらっています。あまりに自分ができないことだらけで、主人は、自分のレベルが、一般人レベルじゃないことに、やっと気づいたようで、ショックを受けていました。
    金銭を軽く考えていたことに、やっと気づいて、「お金は渡さないよ」と言っていますが、判断がダメな人なので、心配をしています。

    投稿日時:2018年03月12日 21時06分

  • れたすさん/60代/子、配偶者、母。

    芽衣さん。

    またお会いできてうれしいです。
    ご親族の問題とは主に金銭的な依存なのですね。
    特性もあるかもしれませんが、長年の依存は声かけだけで治るレベルではないと思うのです。

    未診断とのことで、「レッテルはり」になる恐れを避けるために依存症一般の対処法で考えてみます。的外れでしたらスルーお願いします。

    依存症は「底をつき」、本人がもうどうにもならないと自覚して治す気になるまで治りません。

    1)問題のご親族とは絶縁する。ご親族にサラ金等から借金があるなら任意整理していただく。

    2)夫さんにはご親族からのお金の要求に応えることが親切ではなく、彼らの自立を妨げることだとわかっていただく。

    3)これまでの夫さんへの借金に対しては弁護士から返済を要求する等法的措置をとる。

    これくらい厳しくしないといけないかもしれませんね。根底にあるのは親族だからという甘えです。なめられているのです。

    先日MICさん、猫の耳さんにヒモラ型のご説明をしたのですが、ご親族もヒモラといってよく、大人になれない方々です。身内はなめていますが、権威者には弱いはずです。

    重い精神病でない限り、法的責任能力はあるはずですので、責任はとっていただきましょう。
    薬物依存の場合は即警察に通報となりますが、借金依存の場合も親族からでも損害賠償請求権で訴えることはできます。

    それくらい重いものであるということ、専門家の手も借りて自覚していただきましょう。

    投稿日時:2018年03月09日 20時34分

気晴らしをしよう‼️
ララさん/千葉県/60代/妻

カサンドラのみなさん 共感力の無い夫に心身ともに疲弊なさっていたとよーく分かります 私も長年苦しんでまいりましたので
妊娠中に出血し病院に連れて行ってと頼んだとき 夫は会社の運動会だからと断りました その他 義父から借金1000万円し 誰かにやりましたし 連帯保証人になったりもしました 私は感情で対応して撃沈 色々あって世界一周に逃げ出し 自分を取り戻しました 精神的母子家庭から自分を大切して 好きなことを やろうと やっと踏み出せた気がしています 皆さまも自己中には自己中でお一人でたくさん楽しみを見つけて 本来の御自分を取り戻せますように‼️

投稿日時:2018年03月08日 17時00分

  • いぬころ子さん/50代/妻

    ララさん

    これまで、ほんとうに考えられないようなひどい仕打ちに耐えてこられたのですね。
    どんなに辛く、大変だったことか、、、

    でも、世界一周に出られたなんて、すごいです。
    踏み出す勇気、振り絞って行動に移したララさん、お手本にさせて頂きたいです。
    私、心身ともに疲れ果てているので、
    動き出す体力、気力、貯金を蓄え中です。

    「自己中には自己中で」
    すごく共感しました。
    私、シェアハウス状態で、夫とは距離を置き、
    家事は必要最低限で、自分のやりたいことだけやる生活にしているので、
    いわゆる自己中生活中です。
    一般的に、夫婦や家族で暮らすことを考えると、
    有り得ない生活スタイルですが、
    アスペルガー(傾向)夫と一つ屋根の下で暮らすうえで、
    自分の身を守るためには、仕方のない選択ですものね。
    私の選択にララさんから一票、入れてもらえたように感じて、
    うれしいです。
    私も、ひとりでいろいろと気晴らししています。

    ララさん
    またぜひ、お知恵、ご提案、よろしくお願いいたします。

    投稿日時:2018年03月09日 19時37分

  • れたす さん/子、配偶者、母。

    ララさん。

    書き込みありがとうございます。
    60代。これまで長い間おつらかったですね。自分も同年代ですのでお気持ちお察しします。

    世界一周に行かれたのですね。
    自分も船で世界一周のポスターを見て、いつか行ってみたいと思っています。

    渦中にある間は過去に相手に言われた暴言や意味のわからない理不尽な仕打ちが頭の中をぐるぐる回り、将来もずっとこの地獄が続くような錯覚におちいりがちです。

    思い切って垂れ込めた雲の上に出てみるとそこは太陽が明るく、空はどこまでも広く、海は世界につながっています。

    昨日は国際女性デーで、世界各地で女性の自由と人権を求める動きがあったようですね。

    ララさんも広い世界を見られて、これまで家庭の中で受けた苦しみ悩みから解放されたのではないですか。

    前に一歩踏み出す勇気をいただけるはげましのお言葉、
    心からお礼申し上げます。

    投稿日時:2018年03月09日 09時35分

現在のカキコミ808件中 31 ~ 40 件