ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

障害者の生きる場

「障害のある女性」あなたの悩み・必要と思う支援(2016年7月特集)

番組ディレクター

この4月に「女性活躍推進法」が施行されるなど、女性がより生きやすい社会を目指す気運が、いま、高まっています。

その一方で、今なお厳しい環境に置かれているのが、“障害のある女性たち”。当事者団体の調査からは、家族や介助者から暴力や性的被害を受けても表面化しにくいことや、就労の難しさから貧困状態におかれやすいといった現実があきらかになり始めています。そこでハートネットTVでは、シリーズ2回に渡り、障害のある女性が抱える生きづらさの実態を取材。どんな支援が必要なのか考えます。

番組では、あわせて当事者の声を募集します!

「介助で必要以上に体を触られる」
「障害があることを理由に、出産を反対された」
「障害を理由に退職を勧められた」など

女性であり、障害があるがゆえに生きにくさを感じた体験談・ご意見など、
あなたの生の“声”を、ぜひお寄せください。お待ちしています!

※放送は終了しましたが、カキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

番組スタッフより

★関連番組
『ハートネットTV』7月特集 《シリーズ 障害のある女性》
7月5日放送 第1回「知ってほしい!私たちの生きづらさ」
7月6日放送 第2回「本当は産みたかった ~強制不妊手術 ・54年目の証言~」
★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。 メールフォームを開く (別ウインドウ/PCサイト)
投稿のルール を必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

投稿日時:2016年05月31日 11時06分

投稿日時:2016年05月31日 11時06分
カキコミ件数:71件
デス エンパワーメント
黄色いうさぎさん/神奈川県/40代/ADHD/スペクトラム/双極/障害者雇用

障害者雇用には就労支援センターというものが、存在しますが、してほしい支援をきちんとしていただけた方、人権を守ってくださった方、どれだけいるのでしょうか。
就労支援センターの相談員に、労働法に詳しい方や、人権に詳しい方がどれだけいるのでしょうか。

●ハサミやカッターを振り回すかもしれない危険な精神に、ハサミやカッターは触らせられない。

●給湯室でお客様がお帰りになったあとの湯呑みを洗っていると、「投げて割らない?精神でしょ彼女 」 と給湯室入り口にに5、6人集まって囁かれる。

こういったことに驚いて、就労支援センターにいきましたが、「精神に対しては、そんなもんよ」 「精神だからしょうがないと思わなくちゃ、うちの娘は身体だからそういうのはないんだけどね」 など。
労働問題がおきても、精神だから、証拠の写真や録音ないと、君のいっていることが本当かわからない。

あまりにひどい嫌がらせも「精神だよね?君の頭の中だけで実際にはそんなことおきてないんじゃない?」
いくら精神だからって、カッターやハサミ振り回す状態なら、自ら入院していますし、事理分別がつかないなら、障害者雇用でも就労できません。

支援機関ばかり乱立しますが、支援ではなく、なだめて泣き寝入りを要求されている。なぜこんなことがおきているんでしょうか。

デス エンパワーメント。なぜこんな機関が助成金で増やされているのでしょうか。
必要なのは、知的や精神は危険と平気で話す援助者でなく、同じ苦しみを抱え一緒に偏見や差別と戦う同士だと思います。

ピアサポーターの増員を求めたいです。

投稿日時:2016年07月10日 20時09分

  • やまねこさん/千葉県/長男

    まず言えるのが作業所職員の無知無能ぶり。私の母が高次脳機能障害になり、(私自身も精神2級です)ものすごいやつあたりや暴言で死にたいほど苦しんだ時に何度も相談しました。しかし連中はただ宥めるばかり。あるいはあちこちに電話して、「ここに相談したら?」「私たちは話を聞くことだけしか出来ない」と。本当に自殺をはかりました。麻酔で終わったけど。

    投稿日時:2017年05月17日 21時25分

  • mamoさん/

    ( 1/2のつづき)
    黄色いうさぎさんが、1/2で触れた知人のような方だだとは思いませんが、就労支援センターにはそのよう人まで来てしまう。就労支援センターに登録しても必ず就労できるわけでもない。その様な人は、作業所に通所して体とこころを整えてください。ということなってしまいます。黄色いうさぎさんは、Y市の障害者就労支援センターが、すべて残念な結果になってしまったそうですが、あなたには大変失礼ですが、就労支援センターで支援して貰える状態だったのでしょうか?
    就労支援センターは、就職の斡旋は出来ませんからハローワークの求人のほか、求人誌の求人を拾って就職先を探すしますが、この場合、健常者の求人から障害者でもできそうな仕事を探すことになります。ですから、あたり前ですが、就労支援センターの支援を受けても100%就労できるわけありません。
    わたしの経験は、以前のコメントで述べたとおりですが、わたし自身は、就労に関して上手だったとは思っていません。それなりの努力の結果だと思うのです。それと最後に、就労支援センターの支援を受けても続かない人も、多々あるようです。わたしもむかしはそうでしたから。
    (2/2)

    投稿日時:2016年07月22日 01時30分

  • mamoさん/

    黄色いうさぎさん、コメント読みました。
    わたしは、確かに就労支援センターに恵まれているかもしれません。ただ、Y市の就労支援センターに登録して、就労の支援を受けれなかった知人もいます。その人は、やはり、統合失調症で精神の手帳を持っていますが、結論からいうと就労支援センターが支援するには、まだ早すぎるとのことだったそうです。B型作業所に決まった日、時間に通所出来ない。作業所に通所したとしてもいろいろ文句があり、それを口実に作業をしない。つまり、作業所に来てブラブラしている。多分、それで作業所に通所して、作業をしているつもりなんでしょう。そんな人まで就労支援センターに来ると聞いたことがあります。つまり、就労支援センターに就労のための支援を受ける前の段階の人まで来てしまうそうです。その様な人は、作業所を紹介するそうです。
    ちなみにその知人は、現在もB型に通所してますが、通所するのも大変みたいで、作業所やメンバー、職員に対する不満ダラダラです。
    (ながいので2/2につづく)           2/1

    投稿日時:2016年07月22日 00時27分

  • いんびじえぶるさん/新潟県/20代/作業所利用者(?)

    【訂正】年代の方で間違いがありました。
    10代ではなく、20代です。おわびします。m(_ _)m

    投稿日時:2016年07月21日 16時02分

  • いんびじえぶるさん/新潟県/10代/作業所利用者

    それもよしですし、署名運動でも構いません。

    しかし、どうしてもというなら自ら'出馬'してはいかが?

    始めは区市町村レベルの小さなもので構いません。当事者・ご家族の'代表''ヒーロー'として政界があなたの活躍を待っています。( `ー´)ノ

    繰り返しですが、くどいですが、「じっと待つのはNG!!」

    この番組で紹介された人たちは、「何もない状態」から'戦って''戦って'…'戦いまくって'小さいながら'変化'を起こしていきました。

    LGBTのさつきさんが「今日生きづらいからと言って明日もそうとは限らない」と信じて戦えば、必ず'道'はできます!!
    あたしも大変ですが、そう信じています。

    2/2

    投稿日時:2016年07月14日 11時05分

  • いんびじえぶるさん/新潟県/20代/作業所利用者

    黄色いうさぎさんへ

    はじめまして、凸凹当事者のいんびじえぶるです。

    あたし自身はむしろ、'じっと待つのはNG!!'ということで、小さいながら自ら'戦って'います!!!

    ぴあサポータがほしいと訴えていましたが、それは自ら'一人立つ'ということで戦いまくっていけば、おのずと'味方'はできます。(^^)/

    あたし自身、作業所でかんばしくない時期('乙女の日'など)で大変ですが…地元(広域ですので活動拠点は市外ですが…)のピアサークルでぶっちゃけながら交流をしたり、最近は経済的にかつかつですが、民間のカウンセリングルームを探しています。
    (公的相談支援よりも有料で割高ですが…じっくりとお話ができるのが特徴です。セラピーということで、'キュア'目的です。相談支援は'ケア'目的ですが…)

    さらに、「指定特定疾患患者共生社会手帳」(難病専用)と「先天性特定脳機能障がい者手帳」(発達専用)の実現を関係機関、道府県知事(都内は知事不在のため出せませんが…(笑))、政党オフィスなどに堂々と投書しました。

    さらにSNSなどの書き込みでも多くの議員さんに訴えています。

    1/2

    投稿日時:2016年07月14日 10時57分

  • 黄色いうさぎさん/神奈川県/40代/ADHD/スペクトラム/双極/解雇

    mamoさんコメントありがとうございます。
    神奈川の横浜市ですが、私は5ヶ所全滅でした。
    自分でも驚きました。

    2件目でよい支援者に逢えたmamoさんが、羨ましいです。良かったですね。

    3件はベースが愛の手帳の方への支援が母体だとあとから知りましたが、「あなたみたいな人が障害者雇用枠にこないでください」
    ともいわれました。
    あげくに精神だからしょうがないわよ。精神障害者はそんな扱い。といわれる始末。

    1ヶ所は、「福祉がやりたいんじゃなくて、外国人同様、安い賃金で一生懸命働く人材の斡旋がしたいんだよね」と説明会で威圧的に話す代表がいる支援センターでした。

    最後のひとつは、意思と関係ない支援をしようとされました。

    体調との相談では若い頃から非正規で働き、お恥ずかしながら長期入院で貯えもつき、 私は、いま生活保護です。末期ガンの母もいます。障害者雇用特有の、最賃で、一生懸命働いても六時間。障害者年金とあわせても生活保護から外れない現実にいます。

    保険証もらい、収入申告で医療費の公費分を抑え、公費での現金支給を少なくすることしかできません。
    mamoさんのような上手くいくケースのほうが少ないと思います。

    社会政策関連で働いていますが、解雇されて途方にくれています。人生初解雇です。いじめしかまっていない環境も、まだまだ多いです。

    投稿日時:2016年07月12日 03時03分

  • じゅんこさん/東京都/40代/

    あたしも同じような経験、ありますね。ネットで有名な大手の移行支援で体験実習を受けてやりましたけど、メインの内容とひどくはないが同じような感じでしたよ!!体験実習の途中に「ここではなくB型就労でまたやったほうがいいじゃない?」と言われましたからね!!あたしはそのショックのせいで働く訓練を受けることはできません!!(最初は元A型のスタッフかと思ったら後になって聞いたら移行のスタッフが悪いです)今は精神的な都合により休養中です。
    あたしもmanoさんと同様、精神障害の身だから、体調のことはもちろん、時間はかかるけど、いい意味での働き方を見つけてみるのもいいですね。

    投稿日時:2016年07月11日 20時07分

  • mamoさん/

    黄色いうさぎさんこんにちは
    わたしは、精神の病を持ち、障害者就労支援センターの支援で障害者雇用で就労して、現在、福祉関係の事業所で働くようになり5年になります。勿論、職員のほとんどが、わたしが、訳ありであることは知っていますが、そのことで差別されたり、変な扱いを受けたりすることはありません。わたしにとって働きやすい職場です。
    就労支援センターでもいろいろあり、親身になってくれる支援センターや、そうでない支援センターがあります。わたしが、最初に支援を求めた支援センターは、「そうでない支援センター」でした。
    そこで紹介された会社は、わたしが精神障害者であることを承知の上で採用しましたが、雇用契約書には、雇用期間が書かれてない。従業員の殆んどが、陰口どころが、めんと向かって「おまえは、精神病だから使い物にならない」「居るだけで煩わしい」など言われ、最後は無視されました。勿論、仕事など無く、完全に干されてしまいました。そのことを支援センターに訴えたら「うまく対応が出来ないあなたが悪い。他の会社は探せない」みたいなことを言われました。そんな就労支援センターの支援を受けてもしょうがないと思い、別の就労支援センターに登録して最終的に今の職場にたどり着き現在に至っているのです。(1/2)
    (2/2)につづく

    投稿日時:2016年07月11日 15時21分

  • mamoさん/

    (2/2)
    その就労支援センターは、5年たった今でもわたしを支援し続けてくれます。
    神奈川県にはたくさんの就労支援センターがあります。就労支援センターでも、先に触れた様に親身になってくれるところ、そうでないところとがあり、黄色いうさぎさんは、そうでない支援センターの支援を受けてしまい残念なことになってしまっでは、と思うのです。

    黄色いうさぎさん、諦めないでほかの就労支援センターを探すのはダメですか?
    わたしが思うにきっとあなたのこと大切にして、あなたのことをおもってくれる就労支援センターが有るでしょう。就労支援センターだって全て役立たずということはありませんから。

    投稿日時:2016年07月11日 15時21分

人と関われる場が欲しいです
ポーラさん/茨城県/30代/母親

双極性障害で精神障害者3級です。
私の障害を理由に子ども一人を保育園に預けています。

私の悩みは、同じ保育園のお母さんたちはもちろんのこと、近所にもどこにも、友達がいないことです。
家族以外、話をする相手がいません。

保育園の働くお母さんたちには引け目や負い目を感じてしまい、挨拶をするくらいです。
保育園のお母さんたちは私をどう思っているんだろう?働いていないのは多分わかっているだろうな。コネで入れてもらったと思われているのかな?本当はみんな、私に腹を立てているんじゃないか…そんな疑心暗鬼に取りつかれています。

私の子どもにも友達がいません。「友達は欲しくない。一人が好き」子どもはそう言いますが、それも私のせいかな…と思っています。友達作りを避けている親の姿を見て、子どもが友達をほしいと思えるでしょうか。

私は専業主婦の友達も探そうとしていません。

せめて、同じ障害を持った人たちと関われれば、と思いますが、市の福祉課で紹介してくれる就労支援は、医者の同意がないと無理です。私の担当の医師は就労支援の許可を出してくれません。まだ体力が回復していないからでしょう。

私のような状況の人は、どうすれば他の人とかかわりを持てるのでしょうか。

投稿日時:2016年07月06日 13時15分

  • じゅんこさん/東京都/40代/

    あたしだったら、下手して友達作るのをやめたほうがいいと思いますね。
    なぜかって、仮に障害あるからと言って話するとかえって「ストレス」になりませんか?話するとしたら雑談したり、家庭の話ばかりするでしょう、その気持ちがわからないもの...精神の病気だってわかっていない人が未だにたくさんいるし、簡単に治る訳ではないのだからあたしにはちょっと...と思ってしまいます。
    家庭ではどのように理解しているのかが心配ですね。そこが疑問です。
    あたしの場合は、精神の手帳持ちなので、普通に働いた経験はありません。もちろん理解してくれないところもありますけど、精神的な都合で今は病院通い。でも就労支援の経験はあります。医師の判断でできるかどうかだけど、恐らくB型の可能性はあるでしょう。でも、B型はお仕事目的の他に生活習慣の訓練も兼ねているから考えてみようと思います。

    投稿日時:2016年07月08日 16時02分

  • 黄色いうさぎさん/神奈川県/40代/ADHD/スペクトラム/双極

    精神の障害というラベルが、日本ではまだまだ偏見がありますよね。それゆえ、知られたらどうしよう。信頼して話して裏切られたらどうしようと。ましてやお子さんがいたら、あの子の親は精神だから近寄らないほいがいいと、嫌な偏見が生じますよね。私は同じ障害を持つ人の当事者研究や、匿名で話のできる電話。で紛らしています。いのちの電話や寄り添いホットラインなど。時々嫌な相談員にあたることも残念ながらありますが、そんなときは切っても大丈夫です。なかなか繋がりませんけど。近くに生活支援センターや就労支援センターなどもありますが、はっきりいってデスエンパワーメント。ハローワークで就労前の障害者の職業訓練もありますが、就労移行支援の作業所にまず通うなど、主治医の先生とご相談されてみてはいかがでしょうか。マザーズハローワークでは、障害者の支援は受けられないでしょうか。役所の障害支援課でご相談されてみたことはありますか。お互い身体の声を聞きながらゆっくり頑張りましょう。

    投稿日時:2016年07月07日 21時18分

医師などの医学教育に障害について意識を変える取り組みを!
ぽよよんさん/愛知県/40代/当事者でもある

遺伝性疾患の当事者ですが、これまでの人生でことある毎に優生思想的な発言を受けてきたように思います。それは遺伝性疾患の当事者自身の中にも染みついていて、子どもに遺伝させてはいけないから、子どもを産んではいけないと思っている人が多くいます。それは実際に子どもを産み育てるかどうかだけの影響にとどまらず、当事者の自己肯定感を損ない、その人の生き方を狭めてしまっているように感じます。私自身、恋愛や結婚に積極的になれないうちに出産適齢期は過ぎてしまいました。
一方で医療従事者の中にはいまだに「子どもに遺伝させてはいけない」と優生思想的な発言をする人も多くいます。その影響力は大きいので、まず医師をはじめとする医療従事者の意識を変えるような取り組みが絶対的に必要だと思います。

投稿日時:2016年07月06日 11時25分

  • 黄色いうさぎさん/神奈川県/40代/ADHD/スペクトラム/双極

    医師の倫理
    障害者になってビックリしたこと。
    ●目眩
    ●吐き気
    ●下痢
    ●腹痛

    これらは大概、内科にいっても、お薬手帳から精神疾患に関する薬を服薬していると「精神じゃないですか」と門前払いもいいところ。
    精神科医に意見書書いてもらって、精神もしくは精神薬との因果関係がないと証明してもらって初めてふつうの診察に入れることもあります。

    この手間、なぜ?
    なぜ、精神科で内科にいきなさいといわれてもなぜこの手間が必要なんでしょうか。意見書無料じゃないし、すぐもらえるとも限らないのに精神疾患はまともなこというわけないってお医者さん多くて残念。

    投稿日時:2016年07月10日 12時19分

自分の居場所がほしい
青葉さん/

発達障害のボーダーラインの20代です。
ハートネットの書き込みを見て、私の悩みと共通することを挙げている同世代の女性が多いことを知りました。
1つは自分の障害特性を一般の人にわかってもらいにくいので働きにくいこと、(例えば女性ゆえの心配りやコミュニケーションをうまくこなすことを求められる)
もう1つは障害のない同世代の女性がこなしていることが自分にはできないこと、(例えば結婚や子育てのハードルが大きい)
です。
その根底にあるのは自分の抱える障害への不安や孤独感の強さだと思います。そして、それを乗り越えないと生きていけないのではないかというさらなる不安。
だから、せめて少しでも自分の気持ちを聞いてほしい。何もしてもらえなくても、そばにいてくれる人がいるだけで生きていく力になります。
そのためには、まず、多くの当事者グループを作ってほしい。地理的にも、世代的にも、自分に合った場所が見つけられないのが悩みです。当事者だけで固まるのはリスクもありますが、仲間がいるということは今よりずっと勇気になると思います。

投稿日時:2016年07月06日 09時25分

結婚したくないのに…
suzuさん/東京都/20代/

母親によく言われます。

結婚!出産!女はそれが幸せ!

でも私は望んでいません。
なのに病気で働けないならこれが一番幸せだから早くお見合いしなさいと言われます。

病気があっても誰かに養ってもらわないで自立した生活を送りたいです。

果たして女性は結婚して出産する事が幸せで、他の選択肢を選ぶと幸せじゃないのでしょうか。

人それぞれ幸せの形があるはずなのに。

投稿日時:2016年07月05日 22時04分

障害を穢れと扱わないで!
黄色いうさぎさん/神奈川県/40代/精神2級 障害者雇用

非正規6時間労働でしか働けず、障害者雇用には大抵、最低賃金がつきものです。障害者雇用助成金はなんの為にあるのでしょうか。 私達は穢れでもなんでもない人間です。実態は頑張って障害者雇用を得ても、障害年金と併せても生活保護より低い生活です。正しい知識で間違ったラベルで我々をみないでほしいです。誰もが障害者になりうる時代。色んな人がいて当然。他者に優位性を与える為に私達がいるんじゃない!福祉そのものが、福祉でなく、自己愛増長の独りよがりはやめてほしいです。

投稿日時:2016年07月05日 21時03分

色々な選択肢があって良い
しらかわさん/熊本県/40代/独身

私は妊娠した時、未婚で、更に胎児に影響のある抗うつ剤を内服していました。
同時期、うつではなく、双極性感情障害である事も判明しました。
産みたい気持ちも本当でしたが、その子の一生に私は責任が取れるのか、悩みました。
自分の気持ちだけで産んで、果たして本当に良いのか。
精神科の主治医と、産科の担当医と何回も話し合いもしました。
医師からは、積極的に中絶を勧められる事はありませんでした。
寧ろ、産んだ後の生活についても積極的に相談に乗ってくれました。
でも、母の「産むのも責任、産まないのも責任。」と言う言葉で、産まないと言う選択肢を選びました。
母も昔、どうしようもない状況で、子供を1人、産まない選択をしたそうです。
正直、半年位は涙が止まりませんでした。
でも今思えば、私は私に出来る最善の選択だったと思っています。
産む事がいけないとは思いません。
産みたい人は自分の選択で、産む事が出来る自由を、そして、産めないと思う人は産まない事を選べる自由を希望します。
私が産まない事を選んだ時に、聞こえよがしに「精神科の人は自分勝手だから」とか「責任が持てないならきちんと避妊すれば良いのに、そんな事も出来ないのか」「だらしない人間だから」とか心無い事を平気で話していた看護師達。
そんな差別を味あわされる苦痛。
私が健常者なら、きっと産んでた。
私の元に来たばかりに、産んであげられない情けなさ。
ごめんねって、何百回繰り返したか分かりません。
でも、それは、私とその子との間の事であって、何故他人に避難されなければならないのか分かりません。
健常者の中絶なら、あの人達は何も言わなかったのでしょうか?
それとも、健常者の人達に対しても言っていたのでしょうか?
健常者だろうと、障害者だろうと、産む自由も産まない自由も、あって良いはずです。
私は間違ってますか?

投稿日時:2016年07月05日 20時57分

  • 黄色いうさぎさん/神奈川県/40代/精神2級(スペクトラム/ADHD/双極)

    決めてかかられるのは嫌ですよね。支援が逆むきだからうまれる論理。私も同じように産めなかった赤ちゃんがいました。母の一言が決定打撃でした。産まれていたら成人しています。同じ思いの人はきっとたくさんいるのかもしれない。
    障害のある親は子どもが気の毒なんでしょうか。親になれる普通って、ラベル基準があるのか疑問です。同じ思いする人が少しでも減ることを祈ります。

    投稿日時:2016年07月06日 21時37分

障害になることによって
まるまるさん/北海道/30代/

以前「一人で生きてゆく覚悟をしなさい」と母に言われたことがありました。子供がほしいことを話しても、病状が悪かった当時は「やめてくれ」「育てられるわけがない」など猛反対どころか、希望をもてなくなるくらい否定されました。
たぶん母の根底にはまだそういったことを持っている可能性はありますが、自分の病気を受け入れて、時間をかけて治療に臨んでいく姿を見せ続けることにより、現在の交際相手と付き合っていくことを認めてもらうことができました。

健常だったころや病気を受け入れられなかったころは、自分は一人で生きているものだという意識が強かったですが、病気も自分の一部なのだと気がついてから
一人ひとり生きていくことは変わらないにしても、誰かとの関わりがあるから自分というものがあるんだと感じました。

今では両親にはっぱかけられながら、家事や生活リズムを整えている真っ最中です。
私が変わったから、母も私への対応を変えていったのだと思います。

投稿日時:2016年07月05日 20時51分

子育てできるか不安
るぅちゃんさん/愛知県/20代/妊婦

PTSDを抱えています。
人混みにはいけませんし、電車も人が多いと乗れず、エレベーターも怖く、夜道はとても1人では歩けません。
そんな私が主人と出会い、めでたく妊娠もしたのですが、はたしてこの障害を抱えながら子育てをちゃんとできるのか、不安でいっぱいです。パニックを起こしたとき、この子を守れるだろうか?こんな私が産んでいいのだろうか?産みたい気持ちと、不安な気持ちが入り交じった日々を過ごしています。

投稿日時:2016年07月05日 20時41分

結婚と子育て
森のうぐいすさん/大阪府/20代/障がい者 当事者

双極性障害とADHDを持つ20代女性です。
最近、同年代の人が結婚や子育てをしているのを見て、悲しくなることが増えました。

私は、病気特有の感情の波が激しく、とても結婚や出産・子育てができる状態じゃないからです。

結婚や出産・子育てに憧れはありますが、
「結婚しても上手く仕事や家事ができないかもしれない」
「子どもを生んでも育児放棄してしまうんじゃないか」と不安です。

障がいがあることで、皆と同じように結婚や子育てができないと思うと、とても悲しいです。

投稿日時:2016年07月05日 05時45分

現在のカキコミ71件中 21 ~ 30 件