ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

障害者の生きる場

障害者の暮らし―相模原市の障害者施設殺傷事件を受けて(2016年10月)

番組ディレクター

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件から3カ月。
10月26日(水)のハートネットTVでは、事件直後に追悼集会を呼びかけた小児科医で脳性まひ当事者でもある熊谷晋一郎さんをスタジオに迎え、「障害者の暮らし」について、考えます。

熊谷さんは今回の事件を受けて、障害者が施設から地域へと生活の場を移すようになってきた時代の流れが逆行するような、「時計の針が逆戻りするような感覚」を味わったと発言しました。しかし、追悼集会では、「今も11万人が入所施設にいる現実を見てほしい」と批判を受け、時計の針が逆戻りするどころか1度も進まなかった多くの人々がいる現実を、突きつけられたと言います。

みなさんはどう思いますか?
「障害者が施設で暮らすこと」「地域で暮らすこと」について、体験談やご意見をお寄せ下さい。

「施設しか現実的な選択肢がない」
「地域で暮らすためのサポート体制がない」
「施設を出たくても家族に反対される」
「施設にいるから社会から障害者の存在が見えなくなっている」
「施設の楽しさ、大切さにも目を向けて欲しい」
「地域に開かれた施設で生き生きと暮らしている」 ・・・など

寄せられたご意見をもとに、番組で考えていきます。
当事者や家族の方からの声をお待ちしています。

※こちらのカキコミ板は、2016年10月の放送時に募集したものです。現在は閲覧のみとなっています。

番組スタッフより

★関連番組
2017年1月26日 障害者殺傷事件から半年 次郎は「次郎という仕事」をしている
2016年12月7日 相模原障害者施設殺傷事件 第2回 言葉はなくとも―重度知的障害のある人たち
2016年12月6日 相模原障害者施設殺傷事件 第1回 匿名の命に 生きた証を
2016年10月26日 相模原の事件から3カ月 「今、考えたいこと-障害者の暮らし」
2016年8月8日 緊急特集 障害者施設殺傷事件

★関連ブログ
知的障害者の施設をめぐって 全12回予定
障害者の暮らす場所 全5回
相模原障害者施設殺傷事件 全6回
相模原市障害者殺傷事件に関して
【相模原市 障害者施設殺傷事件】障害者団体等の声明
ヤマケンボイス 分かち合いたい―「津久井やまゆり園」を訪ねて


★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
メールフォームを開く (別ウインドウ/PCサイト)

★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。
誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

投稿日時:2016年09月28日 18時27分

投稿日時:2016年09月28日 18時27分
カキコミ件数:105件
事件の後
黄味さん/北海道/60代/知的障害者グループホーム勤務

3か月経ったのに、あの凄惨な現場に置かれたままにされている事に胸が痛みます。

投稿日時:2016年10月26日 20時25分

障がい者への偏見
ハムさん/三重県/40代/母親

軽度の発達障がいの子どもがいます。予定の変更などでパニックになってしまうため、サポートを受けながら勉強していますが、複数のクラスの子の親から「自分の子どもに世話をさせるな。この子のせいでいろんなことをウチの子に我慢しろと言うのか!」と言われました。近所の人から「この町から出ていけ!」とも言われています。
障がい者に対しての偏見はかなりヒドイです。家族も「あんなアホな子を産んだ」と指を指され笑われることばかりです。「サポートしてもらったら出来るって言うけど、してもらえるのが当たり前と思って調子づいてる」とも言われました。地域では理解されず孤立しています。

投稿日時:2016年10月26日 20時25分

加害者が許せない
アルテミスさん/千葉県/40代/本人

相模原の津久井やまゆり園の事件から三ヶ月ですね 私は今でも加害者の元職員の被告を許さないんです 重い障がいを持った人々を殺めてしまうなんて… 彼らには生きる権利があります 私自身 現在通所施設に通っています あの事件はショックとしか言いようがないくらいの悲しさが溢れて来て『何もあそこまでやらなくても』と言う思いが強く 今後被告の精神鑑定がどうなるのか? ただただ不安です 同じ事件が今後二度と起こらない様な対策を考えなければなりません。

投稿日時:2016年10月26日 20時25分

区別も差別
れなさん/神奈川県/30代/?

私は幸いながらハンディを持つ同級生と遊ぶ環境にある小学校でした。ハンディを持ちながら生きて行く強さには脱帽しておりました
。それの環境が当たり前の小学校だった為同じ神奈川県内の施設で他人事ではない事件。。。やはり犯人の精神鑑定の結果である程度判決が決まるのであれば、精神疾患なら良いのか?までも問われ、ハンディでも精神疾患の方が差別化されるのが恐ろしくなる。同じ命。。最初は無垢に生まれた人間。どんなハンディでも区別も差別になる。社会が助け合いの時代になると心が暖まります

投稿日時:2016年10月26日 20時16分

知的障害者
のりおさん/徳島県/30代/生活支援員

療育手帳取得によって知的障害者となる。なるべく療育手帳を取得しない方が良いという考えを持っていないだろうか。身分の証明、アイデンティティの証明である。取得に対して消極的な方は、障害者を理解しておらず、そのような考え方が世の中にある間は、障害者支援施設への入所の待機待ちは変わらない。

投稿日時:2016年10月26日 20時14分

犯人の精神鑑定の結果が心配
リュークソリフさん/北海道/40代/発達障害者、精神障害者

リュークソリフです。今私の住んでいる札幌は私の範囲では障害者にとっては自分としては暮らしやすい環境にあると思います。それよりも私が心配しているのは犯人の精神鑑定の結果が心配です。私は発達障害と精神障害の二つの障害を持っています。犯人の精神障害が発達障害が起因しているという結果が出ないか心配しています。今日は発達障害の当事者の月一回の集まりがあります。多分話の中に出てくるとは思います。発達障害として専門の講習を受けたカウンセラーさんも参加しています。多分今夜の番組に関してどんな内容になるか話が出ると思います。札幌では日本シリーズが話の話題に上がりますが、この事件に関してもやはり気になります。多分私の担当のカウンセラーさんとも今夜の番組に関してどんな番組になるか話が出ると思いますし、来月の当事者の会で話が出ることになると思います。札幌の場合、発達障害の当事者の集まりが複数あります。その中で当事者同士で悩みを話す機会や就労の話もよく出ます。幸い私もグループホームで生活しています。また障害者の交通機関の利用に関しては札幌市内に限っては助成制度があるため、障害者に対しては恵まれた環境にあります。ただやはり精神鑑定の結果が気になります。

投稿日時:2016年10月26日 11時14分

殺人者を生み出す社会
たえこさん/東京都/30代/当事者

他人の命を大切に思えない人は自分の命も大切に思えない人だと思います。
自分の命を大切に思えない人は親に大切にされてこなかった人だと思います。
親に大切にされてこなかった人は誰かに大切にされる経験が必要だと思います。

だけど実際は、作業所で作業させて早く社会の役にたつ人間にすることばかりで、本当の意味での治療には消極的です。そういうのも、個人の人間を幸せにすることよりも社会の利益を優先してることだと思います。(長い目でみれば社会にとってマイナスなんだけど)。
社会の為に個人を犠牲にしてはいけません。社会の為に人間が居るのではなく人間の為に社会があるのです。

自立とは自分でなんでも出来ることではありません。
自立とは他人に助けを求める力をつけることです。
無理に自活してる人より、自分の能力を把握し施設に入るという選択をできることは精神的に自立していると思います。

投稿日時:2016年10月26日 05時39分

『この子らを世の光りに』を合言葉に。
穂乃果推しさん/北海道/40代/独身(うつ病・生活保護受給者)

録画していた23日は放送された「この子らを世の光りに~ともに生きる社会をめざして~」を観て、糸賀一雄さんの
『この子らを世の光りに』にという思想に感銘されました。

糸賀一雄さんは「声なき声で訴えている。自分たちは人間として生きているのだと。」「そして、生きている限り社会と共にあるのだと。」「ここからここまでの障害者は社会復帰できない存在だと見るべきではない。」「しかも、その時の社会の都合でその線引きが勝手に決められるべきでもない。」「全ての人間は生き続けている限り、力いっぱい生命(いのち)を開花していくのである。」という考えのもと、「“健常者と障害者の共生していける社会にしていかなければいけない”」という障害者福祉の支援方針の土台を築かれました。

ですが、今の時代、障害者を地域から隔離された施設へ入所させられ、普通に暮らす健常者は障害者がいることを理解していても、別世界の存在のような偏見ある扱いになるように仕向けられた社会に違和感を感じずにいられません。

『この子らを世の光りに』を合言葉に、障害者が社会で健常者と共に生活できる環境作りをソフト面・ハード面で心掛けていくことが今こそ必要だと思いました。

投稿日時:2016年10月26日 00時25分

精神障害者はおいてけぼり(`Δ´)
ひんしのくまさん/岩手県/30代/精神疾患の当事者

今回の事件で身体と知的の障害者にやさしくなりました。
一方精神の方はどうでしょうか?
やれ危ないだ、やれ病院さブチ込めろだ、の声を聞きますよ。

時計の針が戻されたのは我等精神障害者?

( ゚ 3゚)<「何となくそう思った書き込みです」

投稿日時:2016年10月25日 23時47分

生きていく事
なおママさん/静岡県/30代/母親

知的障がいのある子を持つ母です。親がいなくなれば一人で生きていけない子なので今回の痛ましい事件は他人事ではなく、又、世間の障がい者に対する偏見などはまだ根強くあるのだと感じました。普段からなるべく周りに迷惑にならないよう、生活しています。ただ健常のお子さんを持つ親御さんもそうだと思いますが、我が子には光の当たる場所を歩んで行って欲しい誰にも阻害されず明るく生きて欲しいという思いは同じです。障がい者は怖い存在ではありません。障がい者も生きているのです。過度に接して欲しいとは言いませんが、知ってほしい。こういう人達もいて地域で暮らしているのだと。

投稿日時:2016年10月25日 19時25分

現在のカキコミ105件中 41 ~ 50 件