ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

障害者の生きる場

障害者の暮らし―相模原市の障害者施設殺傷事件を受けて(2016年10月)

番組ディレクター

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件から3カ月。
10月26日(水)のハートネットTVでは、事件直後に追悼集会を呼びかけた小児科医で脳性まひ当事者でもある熊谷晋一郎さんをスタジオに迎え、「障害者の暮らし」について、考えます。

熊谷さんは今回の事件を受けて、障害者が施設から地域へと生活の場を移すようになってきた時代の流れが逆行するような、「時計の針が逆戻りするような感覚」を味わったと発言しました。しかし、追悼集会では、「今も11万人が入所施設にいる現実を見てほしい」と批判を受け、時計の針が逆戻りするどころか1度も進まなかった多くの人々がいる現実を、突きつけられたと言います。

みなさんはどう思いますか?
「障害者が施設で暮らすこと」「地域で暮らすこと」について、体験談やご意見をお寄せ下さい。

「施設しか現実的な選択肢がない」
「地域で暮らすためのサポート体制がない」
「施設を出たくても家族に反対される」
「施設にいるから社会から障害者の存在が見えなくなっている」
「施設の楽しさ、大切さにも目を向けて欲しい」
「地域に開かれた施設で生き生きと暮らしている」 ・・・など

寄せられたご意見をもとに、番組で考えていきます。
当事者や家族の方からの声をお待ちしています。

※こちらのカキコミ板は、2016年10月の放送時に募集したものです。現在は閲覧のみとなっています。

番組スタッフより

★関連番組
2017年1月26日 障害者殺傷事件から半年 次郎は「次郎という仕事」をしている
2016年12月7日 相模原障害者施設殺傷事件 第2回 言葉はなくとも―重度知的障害のある人たち
2016年12月6日 相模原障害者施設殺傷事件 第1回 匿名の命に 生きた証を
2016年10月26日 相模原の事件から3カ月 「今、考えたいこと-障害者の暮らし」
2016年8月8日 緊急特集 障害者施設殺傷事件

★関連ブログ
知的障害者の施設をめぐって 全12回予定
障害者の暮らす場所 全5回
相模原障害者施設殺傷事件 全6回
相模原市障害者殺傷事件に関して
【相模原市 障害者施設殺傷事件】障害者団体等の声明
ヤマケンボイス 分かち合いたい―「津久井やまゆり園」を訪ねて


★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
メールフォームを開く (別ウインドウ/PCサイト)

★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。
誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

投稿日時:2016年09月28日 18時27分

投稿日時:2016年09月28日 18時27分
カキコミ件数:105件
不安を解消するために出来ることから
夏海さん/石川県/40代/子ども。妻。元担任。

健常者と呼ばれる人、障がい者と呼ばれる人、この呼び方一つとっても、健常者からみた呼び方になっている。どちらも、今、この時を生きている人に変わりはない。

相手の状態を知らないことが不安に繋がり、それが原因で排除したくなるのなら、知っている人が伝えていく橋渡しの役目を担えばいい。

自分自身の生き方を決める権利は、今この時を生きる人すべてが持っている権利。

一人一人の心の中に自己肯定感が土台にあれば、自分のことも大切に出来るし、相手のことも尊重出来る。

国の政策を決めるときは現場の声を大切に。私たち自身が身近なところで出来るのは、一人の人間として、お互いに認め合いながら共に暮らしていくこと。自分の持っている可能性を信じてもらえる人の存在は、健常者、障がい者関係なく、一人の人間の生きていく力になる。ただ、綺麗ごとだけでは済ませられない一番身近な家族が、支えることに疲れを感じてしまった時のサポート体制も重要。逃げ道も必要な時もある。責めるのではなく、そうせざるをえなかった背景を考えられる人が周りにどれだけ存在するか。孤独にしない、孤立させないでほしい。

自分自身が出来ることの範囲で、まずは一歩踏み出してみる。お互いに少しずつ歩み寄る。怖がらないで、諦めないで、一人一人の一歩が、大きな一歩につながるように。

投稿日時:2016年11月08日 23時23分

ヘルプマーク、精神疾患
つむぎさん/千葉県/20代/その他

外からでは見えない精神疾患(うつ病、適応障害、PTSDなど)のある人に対して、差別されています。
私は実際に職場にいたとき、病状が悪くなった為に休職をしていてクビになりました。この職場は是正勧告出されたブラックな会社。あちらから入社へ誘われたが使い捨てにされ、人として扱われていないようでした。
病状はよくならず、最近、「ヘルプマーク」というものを知りました。病状悪いときなどに優先席にも座れるマーク。何かあったときにはそのマークの裏に薬を飲ませてほしいことなど書いておくと助けてもらえることなどがある。私も必要なものだと思いました。ところが、障害者はみんな持っていておかしくないし、みんな知っていてもおかしくない。なのに、東京の決まった場所でしか配布されていませんでした。地元の方は誰もこのマークを知らず、誰も優先席に座らせてくれなく、過呼吸など病状悪化しても無視でした。非常に悲しいです。マタニティマークよりも、障害ある人の方が多いのでヘルプマークの方が広がっていてもおかしくないくらいです。新宿や池袋などの駅員でも知らないくらいひどい状況です。
NHKさん、ニュースの中でヘルプマークを全国へ知らせてください。
誰も知らないなんて、それも大きな差別に感じます。
他社の記者さん数名にも見せましたが興味も持ってくれてない様子でした。悲しいです。
ぜひ宜しくお願いします。

投稿日時:2016年11月08日 21時52分

  • つっかんさん/大阪府/10代/発達障害 知的障害 チック症の当事者

    そうですよね
    大阪府にはヘルプマークって言うマークが無いです。泣
    大阪府にもほしいです。
    近鉄電車
    JR西日本
    JR電車各社
    電車会社各社
    にも優先座席の窓にヘルプマークのシール?をはってほしいです。ヘルプマークは、私もほしいです。

    投稿日時:2016年12月08日 18時12分

当たり前になることを願います。
こころさん/熊本県/40代/当事者

私は障がい者が差別や偏見を受けることなく、地域での生活を送れることが大事かと思います。
私は熊本地震で被災しました。避難所生活も二週間ほどありましたが、私の障害を受け入れてくれ、同じ体育館で過ごした人たちのことを今も大事に思っています。私も受け入れ、ご高齢の方の手伝いをする私も居ました。
皆が同じ状況であると自然とこういう空間が生まれるのだ、と実感しました。障がいあるなし関わらず、人は必死で生きています。互いが相違尊重できる世の中になって欲しいです。

投稿日時:2016年11月08日 21時18分

何もかわらない
みゃあちゃまさん/神奈川県/40代/専業主婦

私は統合失調症です。ですが、病名さえ知らない方がほとんどのように感じます。「むかし、精神分裂病と呼ばれていた病気です」と言うと、「あなた多重人格なの?」とか、「愛の手帳(知的障害者に交付されるもの)持っているんでしょ?」と決めつけられたりします。本当に理解がないというか、関心が低いというか、もう救いようがないのが現状です。今のこの状況で、統合失調症患者に対する偏見や差別がなくなるとは、到底思えません。国政として差別や偏見をなくしたいと考えるなら、小学生くらいから、学校教育で、さまざまな障害について取り上げるべきです。英会話などより、ずっと有意義です。

投稿日時:2016年11月08日 21時14分

  • いんびじえぶるさん/新潟県/20代/凸凹当事者

    みゃあちゃまさんへ

    はじめまして、凸凹当事者のいんびじえぶるです。

    別のコーナー(「記事ID:54762」~「記事ID:54765」など)で書き込みましたが、「本当に日本の教育は間違っています!!」(民放ドラマの銀行ウーマンの台詞っぽいですが…)

    とにかく「肝心な」ことを教えない!!

    せっかく「道徳」という授業があっても、「道徳=クラス活動」になってしまっています。(´;ω;`)

    教育については、おいおい投書なりなんなりであちこちへ「訴えて」いくしかありません!! (`・ω・´)

    投稿日時:2016年11月10日 14時29分

将来への不安
万年サンタさん/岩手県/40代/当事者

地域生活を望んでいますが、人材不足でヘルパーが少ないためいずれは施設に入らざる得ないと思っています。しかし、今の区分だと入所することが出来ません。ヘルパーさんが高齢なため、このままだと日常生活が成り立たなくなり施設への入所もできずとても中途半端な位置関係になります。
その際は、実家に帰らざるを得なくなります。自分の望む生活が出来なくなる不安でいっぱいです。

投稿日時:2016年11月07日 15時20分

私自身のことなんですが
なおさんさん/東京都/40代/単身者

精神障害の認定を受けているものです。
犯罪者には強い怒りを感じますが、当該犯が精神障害者とされていることに強い不安を覚えています。
見せびらかすことはありませんが、障害者手帳を持ち通院などのため職場には届ける必要を感じています。その際、犯人に同一視されるという不安が強いのです。
連続幼女殺人事件の際同じ趣味(同人誌作成)に関わっているだけで、父に犯人と同様の性癖があるのではないかと疑われた事があります。
被害者の方には衷心よりお悔やみ申し上げますとともにご同情申し上げますが、精神障害者にもご理解を頂けないかとも思っています。

投稿日時:2016年11月07日 04時34分

障害と共に
あっぴーさん/三重県/30代/母親

障害のある子を持つ母親です。
我が子は施設入所はしておりませんが、生まれてずっと入退院を繰り返しています。

社会に開かれていない、社会が開かれていない。という発言、納得しました。
健常者の子育てですら、社会は閉鎖的で母親は肩身の狭い思いをたくさんすると思います。
それが障害を持つ子の親ならなおさらです。

五体満足に産んであげれなかった自責の念に苛まれ、社会に疎まれ、子の将来を案じ続ける一生。

世の中は障害について理解が少ないと、落胆することが多々あります。

障害者と共に生きる世の中を根本から見直してほしいと感じます。

投稿日時:2016年11月02日 13時33分

障害者の支援をしています
とびまろさん/京都府/20代/

私は障害者支援施設の支援員として働いています。全く畑違いの職場から転職して一年になります。利用者との関わりを重ねる中、支援員としての立場は確かに主観的に見ればしんどい時もあるけれど、利用者本人も同様にしんどい時があると考える様になりました。そうやって他の人の立場に立って考えるようになったのもこの職場になってからだと思います。まだまだ未熟ですが。
ハートネットは障害者虐待のテーマの研修資料で拝見したりと日常生活でも分かりやすく、伝えやすい内容なので参考にしてます。最近は民放でもバラエティが増えたなと感じますが福祉や社会に視点をおく番組もっとあっていいと思います。
福祉に対する経済の動向は厳しくなるかも知れないと思うと不安でいっぱいになります。ますます子育てや支援がしにくくなるのかな。短期間の利益を求めて孫の代にはましな暮らしできてるのかな。もっと福祉のこと考えたいです。

投稿日時:2016年10月30日 22時13分

障害者の方とのくらしについて
クーニャンさん/神奈川県/40代/母親

私は今まで身近に障害者の方と、触れあった事がありません。
今住んでいる町では、障害者施設や学校があるようで、よく下校する生徒さん達をみかけます。
この町で育っていたら、障害者の方をもっと身近に感じられたかもしれません。やはり社会に身近に感じられる存在でなければ、理解されずらいのではと思います。
自分の子供が、当たり前のように障害をもつお子さんと遊べる環境があったら、そんな子供達が大人になったら、よりよい環境ができるのではないかと思います。
ハートネットとても為になる番組だと思います。母親になってからですけど、真剣に社会との関わりの重要性を感じています。
もっと、こんな町があるよとか、こんな施設があるよとか、海外の映像とかプラスな事をクローズアップして行ってほしいなと思いました。

投稿日時:2016年10月27日 14時24分

障害者の家族
リュウカツさん/茨城県/40代/兄

私も障害者以外の人を理解していない気がします。心ない言葉を言ってしまいます。
他人が理解してくれるとは思わないようにしています。
報道のおかげで大分理解が得られていて感謝しています。
理解してくれる人を大切にしています。

投稿日時:2016年10月26日 20時26分

現在のカキコミ105件中 31 ~ 40 件