ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

自宅で精神障害者と暮らす家族の悩み・体験談- チエノバ(2018年6月7日放送)



番組ディレクター

2018年4月。兵庫県三田市で、障害のある長男(42)を自宅敷地内のプレハブ小屋のおりに監禁したとして、父親(73)が逮捕された事件。これまでに父親は「精神疾患がある長男がものを壊して大きな音を出し、近所から迷惑と言われ、おりに入れるようになった」などと説明。父親は、20年以上前に長男について市に相談したこともあり、数回にわたり職員が家族と面会していました。また5年前にも、妻が親族と共に長男の将来について相談に訪れていたとみられるも、いずれも福祉サービスや医療に繋がっていませんでした。

家族による監禁は、決して許されることではありません。
一方で、精神障害者の家族会全国組織・全国精神保健福祉会連合会が行った調査では、精神障害者の家族の7割が「日常的にストレスを抱えている」という結果も出ています。

ご家族と暮らす精神疾患当事者のみなさんが、自宅での生活で生きづらさを感じるのはどんな時ですか?そして、ご家族のみなさんが、周囲に打ち明けられず悩んでいることはありませんか? 「家族の問題だから…」とふたをしてしまっていた、自宅で精神障害者と暮らす家族の悩みや体験談をお寄せいただきました。

※放送内容を記事「精神障害者と家族 三田市の監禁事件から考える」で読むことができます。
※「精神疾患」「監禁事件」「家族」に関する記事をまとめています。
※テーマ別情報・窓口「精神疾患・メンタルヘルス」では、関連する番組や記事、相談窓口などをまとめています。

投稿日時:2018年05月16日 15時00分
さまざまなご意見ありがとうございました。