ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ボーカル&手話パフォーマー「HANDSIGN」が歌う「僕が君の耳になる」についてのエピソード(2021年5月放送)



番組ディレクター


“聞こえない女性”と“聞こえる男性”の実話をもとに作られたラブソング、「僕が君の耳になる」。

歌とダンスに手話をミックスして活動する「HANDSIGN(ハンドサイン)」が、2017年にリリースして以来、SNSを中心にじわじわと反響を呼び、今、注目を浴びています。YouTubeの動画再生回数は1000万回超え。TikTokやインスタグラムで、「手話で歌ってみた動画」を投稿する人も続出。

番組では、なぜこの曲が多くの人の心に響くのか、魅力を紐解くため、みなさんがこの曲に心をうたれたエピソードを寄せていただきました。

※放送内容を記事「#この曲に心うたれました」で読むことができます。
※「#聴覚障害」に関する記事をまとめています。
※テーマ別情報・窓口「聴覚障害」では、関連する番組や記事、情報などをまとめています。

投稿日時:2021年05月21日 13時00分
さまざまなご意見ありがとうございました。