ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

京都 ALS患者嘱託殺人事件について(2020年11月放送)



番組ディレクター


今年7月、京都市内のALS患者の女性に対する嘱託殺人の疑いで、2人の医師が逮捕されました。難病・ALSの進行により運動機能が徐々に衰えてゆく中で、女性は「安楽死を認めて欲しい」と訴えていました。自分の「生」と「死」は自らで選択できるべき、という主張でした。

女性が一貫して主張し続けた「安楽死」。しかし、安楽死が合法化されると、さまざまな支援や治療によって生きつづけられる人が、死という取り返しのつかない選択をしてしまうのではないか、さらに「生きたい」と願う人にまで、「なぜ安楽死を選ばないのか」という圧力がかかるのではないか、と懸念されています。

番組では、過酷な状況の中で「死」を選びたいと願う人の思いとどう向き合うか、日々の「生」をどう支えていけるのか、そして「安楽死」をどう考えればいいのかなどを、さまざまな視点から伝えるため、皆さんがこの事件からどんなことを感じたのか、声を寄せていただきました。

※放送内容を記事「【特集】京都ALS患者嘱託殺人事件(1) (2) (3) (4)」で読むことができます。
※「#京都ALS患者嘱託殺人事件」に関する記事をまとめています。
※ テーマ別情報・窓口「難病」では、関連する番組や記事、相談窓口などをまとめています。


「みんなの声」は、多様な意見を受け止める場です。今回もさまざまな声を頂戴しております。投稿をご覧になるときはその点をご了解ください。また、お読みになってつらい気持ちになる場合があるかもしれません。その際はどうぞ無理せず、サイトから離れていただけますようお願いいたします。

投稿日時:2020年11月11日 15時00分
さまざまなご意見ありがとうございました。