空の色

人に言葉がなかったら
空はこんなに
きれいだろうか
空がこんなに
きれいだから
人に言葉が
あるのだろうか

人に言葉がなかったら
水はこんなに
冷たいだろうか
水がこんなに
冷たいから
人に言葉が
あるのだろうか

朗読

田端たばた 義浩よしひろ

埼玉県 44歳 
精神障害

仕事を辞めてから十年ほど、ひたすらに文芸作品と向き合ってきました。
この作品はまだそれほどうまくないときに書いたものです。
これからも更なる向上のために頑張ります。