スイカの運命

スイカは怯えている
ひどく怯えている
目隠しをした人間が
自分を棒で叩こうと
するから
スイカはなぜこんな目に
あうのか理解できない
どうしたらこの場から
にげられるかひたすら考えている
ひらすら怯える

朗読

竹内たけうち 隆介りゅうすけ

神奈川県 17歳 
知的障害

もし僕がスイカだったらと考え、詩に表現しました。
そしてこの詩は夏休みの課題に追われる自分を重ねたところもあります。
学校では変装をして人をおどろかせたり、楽しませたりしています。
僕は政治が好きなので、政治を分かりやすく解説する番組が増えてほしいと思っています。
僕の書いた詩が入選して本当にうれしいです。