朗読に参加した声優のみなさんからのメッセージ

加藤 和樹さん
第26回「NHKハート展」の朗読というすごく素敵(すてき)なものに参加させていただきありがとうございます。普段なかなか触れる機会の少ない障害のある人たちの思っていることを作品を通して感じ取りながら、楽しませていただきました。

一つ一つの作品が、自分自身では感じ取ることができないような、また思ってもみない視点で書かれていて、実際の作品を見ながら、こんな視点で表現をするんだ、この言葉に込められた意味は何だろうと、自然と作品に引き込まれ作品に対していろいろな思いを巡らせながら夢中で次々と作品を読み進めていました。本当に今回は、僕自身すごい刺激をたくさんもらうことができました。

今回の朗読を通して、作詩者の思いを少しでも理解して、僕が感じ取った作詩者の作品に込められた思いを少しでも表現できればと心を込めて朗読させていただきました。
ハート展では素敵な作品を直接見ていただき、その上で僕の朗読も合わせて体感してほしいです。その上で、作品の世界観をさらに想像力を広げて感じ取っていただき、作品のなかに思いっきり飛び込んで欲しいと思います。
コロナ禍の日常で人とのふれあいやコミュニケーションが少なくなってきていますが、このハート展は心の扉を開くとてもいい機会になると思います。
ぜひ直接作品に触れていただき、たくさんの方が作詩者のパワーを肌で感じてください。

ぜひ一緒に、ハートにとびこみましょう。

加藤 和樹
2005年、ミュージカル「テニスの王子様」への出演で一躍脚光を浴び、06年にCDデビュー。ライブやリリースなど精力的な音楽活動を行い、海外にも活動の場を広げる。俳優として舞台を中心に、アニメ・ゲーム・吹替などで声優としても活躍する。第46回菊田一夫演劇賞 演劇賞受賞。

田澤 茉純さん
今回、第26回「NHKハート展」の朗読に携わることができてとても嬉(うれ)しく思います。
読んでいて共感できる内容だったり私が考えたことのなかった視点からの内容だったりとわくわくやほっこりそして少し泣いてしまったりと、とても感情を揺さぶられました。

特に宮田暁美さんの「雨」という詩は綺麗(きれい)で美しく勇気をもらえました。
当たり前のようだけど苦しかったり辛かったりすると忘れてしまいがちです。
ですがいつかは雨は止み新しい朝はくる、この言葉を胸に私も日々の生活を頑張っていきたいと思います。

そして私が朗読させていただく詩ではないのですが、安部遥斗さんの「きく耳もたない友と耳のきこえない僕」での最後の文で安部さんの世界が広がったのがわかってほろっときました。誰かになにかを伝えるのはとても勇気のいることですが、1歩踏み出せば世界は広がるのだなと。
中田敢士さんの「せみ」では私も小学生の時に敢士さんのママさんと同じ思いをしたことがあったのでそのことを思い出してくすっと笑ってしまいました。

このような素敵(すてき)な詩を書いてくださったみなさんに寄り添えるように大切に読ませて頂きましたので、私が詩を見て色々な気持ちを感じたようにみなさんにもなにか感じ取っていただけたらと思います。
一緒にハートにとびこみましょう!

田澤 茉純
神奈川県出身。主な出演作は、「プラチナエンド」の小日向冬子役、「ウマ娘 プリティーダービー」のイクノディクタス役、「アイドルマスターシンデレラガールズ」の浜口あやめ役、オーディオブック「medium霊媒探偵城塚翡翠」の千和崎真役など。

星谷 美緒さん
この度「NHKハート展」で詩の朗読をさせていただきました、声優の星谷美緒です。
朗読をさせていただき最初に感じたことが、作詩者のみなさまの世界の豊かさでした。
日常の些細(ささい)な出来事も、受け取り方次第ではこんなにも詩的になるんですね。
人それぞれ受け取り方も表現も違いますし、同じ詩は誰にも書けません。
そう思うとより一層、1編1編が宝物のように感じました。
そして、そんな大切な詩に声優として朗読という形で触れられたことをとても光栄に思います。
私自身、今まで以上に自分の表現や感性を大切にしていきたいと思うきっかけをいただきました。
楽しかったり、切なかったり、時に苦しかったり……
作詩者のみなさまのハートがたくさんの方に届きますように。
私の声もそのお手伝いが出来ていればいいなと思います。
みなさま、ぜひ詩の世界を堪能してくださいね。

星谷 美緒
山梨県出身。主な出演作は、「ウマ娘 プリティーダービー」のマヤノトップガン役、「ヘブンバーンズレッド」の瑞原あいな役、トレーディングカードゲーム「Z/X」発のアイドルユニット「SHiFT」のアグリィ役など。

前田 愛さん
26回も続いている歴史ある「NHKハート展」に読み手として参加させて頂けてとても光栄です。お1人お1人の詩に、胸がギュッとなったり、微笑(ほほえ)ましくなったり、思わず笑ってしまったり、考えさせられたり。短い詩の中には、こんなにも凝縮された世界が広がっている、そのことにただただ感動しました。独特の表現だったり、当たり前になってしまっていることに気付かされたり、どんどんハートにとびこんできて、更にこの世界に触れられること有難(ありがた)く思いました。

誰の心にも色(いろ)んな感情があって、それを言葉にして伝えること。もしかしたら沢山(たくさん)勇気がいることかもしれません。でもそれを伝えてくれたこと。むしろ伝えたくて仕方がなかった思いや世界。少しでも作詩者のみなさんの勇気に寄り添えていたらいいなと思います。また紡がれた思いや物語に彩りを添えられていたら嬉(うれ)しいです。そして聴いてくださったみなさんのハートにとびこめていたら幸いです。

作詩者のみなさんの中には手書きで書かれている方もいらっしゃいますので、是非、展示作品と共に作詩者のみなさんの思いを全身で感じてみてください。

前田 愛
兵庫県出身。声優として、「Yes!プリキュア5」の水無月かれん(キュアアクア)役、「セーラームーンCrystal」の冥王せつな(セーラープルート)役などを担当。また、AiM名義でデジモンシリーズのエンディングを歌唱。

増田 俊樹さん
この度「NHKハート展」に参加させていただけたこと、大変光栄に思います。
彼らの詩に触れることで、僕自身考えさせられ、生きることへの力を感じることができました。
彼らの詩は、胸の奥に届き、想像力豊かに、様々な視点を持っています。
世界はこんなにも、多彩で表情豊かに、人を描いている。

子どもたちの詩には、彼らにしか見えない景色に魅せられ、忘れてしまっていた景色を追懐しました。僕も、彼らのように詩を書くことが好きだった。母に褒められた、あの日を思い出すことができました。

人生の先輩方の詩には、これからの生き方を示されました。
力強い想(おも)いを感じた。生きる力の光を見せてくれました。
いつまでも自分らしく、自分でいて良いのだと。

表現者として、とても羨ましい感性を持った、これらの詩を読ませていただくこと、プレッシャーの大きい挑戦になりました。
書き手の思いが伝わればと、努めさせていただきました。
年齢、性別、立場など関係無い。自分たちの世界を、詩に込めて。
少しでも多くの方に、僕らの想いが届くと嬉(うれ)しいです。

増田 俊樹
広島県出身。2010年より声優活動を開始。主な出演作は、TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」の切島鋭児郎役、「進撃の巨人」のポルコ・ガリアード役、「アイドリッシュセブン」の和泉一織役など他多数作品に出演。