くつのいのち

作詩者

山形 弘斗
〈茨城県 14歳 知的障害〉

自分がくつになった気持ちで書きました。
みなさんにくつを大切にはいてもらいたいです。

『くつのいのち』
くつがあると走れるね。
くつがないとかなしいね。
つくはまあまあくさいね。
くつはあらう人もあらわない人もいるね。
くつやでは仲間がいっぱいいるね。
くつはよごれるとすてられるね。
でも、
くつはボロボロになるまで
はいてほしいね。

アーティスト

平松 賢人(BOYS AND MEN)
タレント

当然のようにいつも足を守ってくれる靴。
そんな靴にありがとうを思えたのは弘斗くんのおかげでした。
ありがとう!!

写真、接着剤、油性ペン、紙
150mm×207mm×71mm