スイッチ

作詩者

水野 優午
〈栃木県 13歳 肢体不自由〉

空想の中の僕は、
思いっきり自由に飛び回ったり、動き回ったり、走ったりできる。
いつだって僕は愉快で自由自在である。

『スイッチ』
スイッチオン
僕の背中に翼が生える

スイッチオン
僕の足はタイヤに変身

僕は愉快だ

僕は自由だ

アーティスト

【イラスト制作】
千晴
ミュージシャン/アーティスト(プロデュース)
curly_mads
グラフィックデザイナー(イラスト制作)

【楽曲制作】
千晴
(プロデュース・ラップ)
三浦大知
歌手(歌)
木下航志
アーティスト(作曲・ピアノ)
チアキ
アーティスト(歌)

自分のスイッチって自分じゃ届かない所にあるんだと思います。今回、優午くんの詩が僕のスイッチを押してくれました。また優午くんも誰かにスイッチを押してもらってるのでは?と感じました。このインスピレーションを curly_madsとイラストに。そして、さらに発想を発展させ、ハート展全体をイメージして音楽も創らせていただけることになりました。参加者は、三浦大知、木下航志、チアキ。こちらは会場で聴くことができますのでぜひ。

デジタルドローイング
450mm×450mm
※「スイッチ」に対して、イラスト作品と楽曲を制作しました。