ままのめ

作詩者

岩元 優真
〈東京都 14歳 知的障害〉

いつもままからおこられるので、そのときのことをかきました。ままのめは、ろぼっとなみにきょうりょくです。
とてもいりょくがあるので、いたずらにすぐきづきます。

『ままのめ』
ままがおこるといちばん
こわいです。ままの
にらみはきょうりょくです。
きをつけていないと
どこからかこえがします。
いつみているかわかりません。
ままのめにはきょうりょく
なれーだーがついているに
ちがいありません。

アーティスト

渡辺 おさむ
現代美術作家

親子で対立しつつも、愛情のある親の目線に、温かい気持ちになりました。ピンクと水色の相対する色が親子を表し、それがひとつにまとまって、親子の信頼関係や幸せな未来を表現できたらと思い制作しました。
詩と作品が一体になって幸せな情景を体感していただけたら嬉(うれ)しいです。

キャンバスにモデリングペースト、アクリル絵の具、樹脂
直径310mm×40mm