花火

作詩者

ゴメン 手が勝手に動いたこの花火(こうけい)を見るとそうなっちゃうよねそして彼女の手の上に重なった僕の手はこの花火と連動してる様だった打ち上がる度“ギュッ”と言う擬音が鳴って

外谷 彬
〈神奈川県 33歳 精神障害〉

障害者でも、いつか立派な詩人になれることを夢みて書きつづった詩です。
たくさんの人に読んでもらえたら幸せです。

作画者

作画

大村 雪乃
〈美術家/アートディレクター〉

花火が上がる音と恋心でときめく音が、
手を握る動作と連動して情緒的でした。
一つ一つ上がる花火がとても大切な瞬間だと感じたので
シンプルに大きな花火をシールで表現しました。

いろ紙にシール
248mm×350mm