ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

「ごぼうのガトーショコラ」のレシピ 【手話キッチン】

記事公開日:2023年02月01日

レシピのポイントを手話でお伝えする「手話キッチン」。今回のレシピは、ごぼうを使ったスイーツ「ごぼうのガトーショコラ」です。濃厚なチョコレートにごぼうの風味がぴったり!しっとり&さっくり2つの食感が楽しめます。

画像(伊藤ホサナさんさん顔写真)
教えてくれたのは…
調理のポイントを手話でお届け 菓子教室講師 伊藤ホサナさん

材料 直径15cmの丸型1台分

ごぼうの甘煮  ごぼう…………(10cm×4本)
 きび糖…………100g
 水………………100ml

ガトーショコラ生地  チョコレート……140g
 無塩バター………60g
 ココアパウダー…25g

 卵黄……………3コ分
 きび糖…………25g
 薄力粉…………20g

 卵白……………3コ分
 きび糖…………30g

ごぼうスティック
 ごぼう…………(10cm×2本)
 チョコレート…適量

つくり方

(1)ごぼうはこすって泥をしっかり洗い落とし、薄い酢水(分量外)に20分さらす。

画像(10センチに切ったごぼうを薄い酢水に20分さらす)

(2)鍋にごぼうとひたひたになる程度の水(分量外)を入れ沸騰したらお湯を捨てる。これを2回繰り返し、ごぼうのアクを抜く。

画像(下処理が済んだごぼうを弱火で15分ゆでる)

(3)ごぼうの甘煮を作る。(2)のごぼうを弱火で15分ゆで、みじん切りにする。

画像(ゆでたごぼうをみじん切りにする)

(4)鍋に水と砂糖を入れ、煮立ったらごぼうを加える。再沸騰したら火を止め、冷ましながら味をしみこませておく(最低30分ほどおく)。

<生地作り>
(5)ボウルにチョコレートとバター、ココアパウダーを入れて湯煎にかける。
※湯煎・・材料に直接熱を加えるのではなく、材料を鍋やボウルなどの容器にいれ、間接的に熱を加えること。

画像(ココアパウダー、無塩バター、チョコレートを入れて湯煎にかける)

(6)卵を卵黄と卵白に分ける。(卵黄と卵白を使い分けることで、“しっとり”と“さっくり”が生まれる)卵黄にきび糖、薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜる。この工程が「しっとり」食感のポイント!

画像(卵黄にきび糖、薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜる)

(7)溶かしておいたチョコレートを(6)に加えて、全体がなめらかな状態になるまで混ぜる。

画像(溶かしておいたチョコレートを加えてよく混ぜる)

(8)(4)のごぼうを加えて混ぜ込む。

画像(ごぼうを加えて混ぜる)

(9)続いて、卵白にきび糖を3回に分けていれて、その都度ミキサーで泡立て角がしっかり立つくらいの固さのメレンゲにする。この工程が「さっくり食感」のポイント。

画像(砂糖を3回に分けて入れ、泡立てる)

(10)(9)の半量を(8)のボウルに移し、全体がなじんでなめらかな状態になるまで混ぜる。

画像(メレンゲの半量をチョコレート生地に加えてしっかり混ぜる)

(11)よく混ざった(10)の生地を、(9)のメレンゲのボウルに戻しゴムベラでさっくりと切るように混ぜ合わせる。全体がよく混ざりツヤが出たらOK。

画像(メレンゲの泡をつぶさないように混ぜる)

(12)オーブン用の紙をしいた型に流し入れ、数回台に落として生地の余分な空気を抜く。

画像(型に流し入れ、数回台に落として余分な空気を抜く)

(13)160℃に予熱したオーブンで35分焼いた後、生地の粗熱を取る。

飾り付け

(14)飾り付け用のごぼうスティックは、ゆでたごぼう(甘く煮たものでもOK)を細切りにし、溶かしたチョコレートにくぐらせて、冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

(15)生地をカットし、ホイップした生クリーム、ごぼうスティックをのせ、ココアパウダーをまぶして完成!

画像(「ごぼうのガトーショコラ」)
\手話キッチンのレシピはこちらから/
毎日のごはんスイーツ

あわせて読みたい

新着記事