ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

「りんごとサツマイ“モ”ンブラン」のレシピ 【手話キッチン】

記事公開日:2022年12月21日

レシピのポイントを手話でお伝えする「手話キッチン」。今回のレシピは「りんごとサツマイ“モ”ンブラン」。子どもたちも大好きな家庭で簡単に作れるモンブランです。

画像(伊藤ホサナさんさん顔写真)
教えてくれたのは…
調理のポイントを手話でお届け 菓子教室講師 伊藤ホサナさん

材料 直径7~8センチ 4個分

りんご煮
 りんご………………1コ
 グラニュー糖………大さじ2
 レモン汁……………小さじ1

サツマイモクリーム
 サツマイモ…………300グラム
 バター………………20グラム
 生クリーム…………100ミリリットル
 きび糖………………20グラム

 黒ごま………………適量(仕上げに上にかけます)

つくり方

(1)包丁を使わず、ピーラーを使ってりんごの皮をむく。ピーラーは動かさず、りんごを回すと皮がきれいにむける。むいた皮もあとで使うので、捨てずにとっておく。

画像()

(2)りんごを1センチほどの角切りにする。

画像()

(3)りんごを鍋に入れたら、グラニュー糖、レモン汁を入れて中火で煮る。先ほどとっておいたりんごの皮も一緒に煮る。皮の赤いほうを下にすると、皮の色がりんごに移って薄いピンク色になるのでおすすめ。

画像()

(4)こげないように、時々かき混ぜる。

画像()

(5)りんごがやわらかくなったら火を止めて、1時間ほど置いておくとほんのりピンク色になる。

画像()

(6)続いて、モンブランの主役、黄金色のクリームづくり。サツマイモを蒸し器で30分蒸す。アツアツの間に、皮をむくのがポイント。

画像()
熱いうちに皮をむくのはなぜ…?
冷めると固くなってなかなかイモをつぶせません。そうするとクリームとして絞るのも大変なので、熱いうちにやります。熱くて我慢できないときは、手袋をしてむいても良いです。

(7)イモは適当な大きさに切り、ザルでこしながらつぶす。

画像()

(8)バターを入れて混ぜたら、生クリームを加えて混ぜ合わせる。最初は、ヘラで切るように。

画像()

(9)クリームがなじんできたら、全体をすくいあげるように混ぜる。さらに、きび糖を加えて、なめらかになるまで混ぜると、クリームのできあがり。

画像()

(10)りんご煮をこんもりとお皿に盛って、モンブラン専用の道具でクリームを絞る。

画像()

(11)道具を持っていない場合は、絞り袋の先を切ってクリームを絞る。袋の口を輪ゴムで縛ると、上からクリームがあふれない。

画像()

(12)横、縦と交互に絞ると見た目もきれいになり、完成。

画像()

「りんごとサツマイ“モ”ンブラン」、ぜひお試しください。

画像()
\手話キッチンのレシピはこちらから/
毎日のごはんスイーツ

あわせて読みたい

新着記事