ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

「豆乳と甘酒の和風プリン」のレシピ 【手話キッチン】

記事公開日:2022年09月12日

レシピのポイントを手話でお伝えする「手話キッチン」。今回のレシピは、目にも涼やかな和風プリン「豆乳と甘酒で作る和風プリン」。トッピングの白玉、枝豆の“ずんだあん”も手作りします。

画像(伊藤ホサナさんさん顔写真)
教えてくれたのは…
調理のポイントを手話でお届け 菓子教室講師 伊藤ホサナさん

材料 4人分

プリン
 無調整豆乳…………300ml
 甘酒…………170ml
 きな粉………大さじ2
 粉ゼラチン…5g

白玉
 白玉粉…………100g
 絹ごし豆腐……150g

ずんだあん
 枝豆……200g
 きび糖…大さじ3
 塩………大さじ1
 水………適量

パイナップル…適量
いちじく………適量

プリンのつくり方

(1)豆乳を鍋で温める。ポイントは火加減。沸騰させると分離してしまうので、中火でゆっくり温める。湯気がたってきたら、火を止める。

画像()

(2)豆乳が温まったら別皿できな粉と同量の豆乳を混ぜ合わせ、よく溶いてから豆乳の鍋に戻して混ぜるのがポイント。鍋にいきなりきな粉を入れるとダマになって混ざらず、舌触りも悪くなる。

画像()

(3)粉ゼラチンを鍋に加え、粉が溶けるまでよく混ぜる。

画像()

(4)鍋に甘酒を加えてさらに混ぜたら、鍋底を氷水などにあててヘラで混ぜながら冷ます。砂糖は使わず、甘酒の優しい甘みを生かすのが味の決め手。

画像()

(5)とろりとしてきたら、器に注ぎ、冷蔵庫で冷やし固める。(1時間半程度)

画像()

白玉 の作り方

普通は白玉粉と水を混ぜて作りますが、今回は豆腐を使います。豆腐の水分だけでこねるため、絹ごし豆腐を使います。

(1)ボウルに絹ごし豆腐と白玉粉を入れて、ダマがなくなるまでよく練る。豆腐を混ぜることによって、もちもちの食感になる。

画像()

(2)耳たぶくらいの柔らかさになったら、親指の先程度の大きさに丸め、沸騰した湯でゆでる。白玉が浮かんできたら冷水にとって冷ます。

画像()

枝豆で作る ずんだあんの作り方

(1)塩を入れたお湯で枝豆をゆでたら、豆の薄皮も取り除き、きび糖、少量の水を加えてフードプロセッサーにかける。少し粗めに刻むと、豆の食感も楽しめる。

画像()
フードプロセッサーがないときは…
すりこぎを使ってすったり、ジッパー付きのビニール袋に入れて叩きます。何もなければ包丁で細かく刻みます。

飾り付け

冷やして固めたプリンの上にずんだあんや白玉、カットした旬の果物等を飾り、仕上げにきな粉をかける。

画像()
\手話キッチンのレシピはこちらから/
毎日のごはんスイーツ

あわせて読みたい

新着記事