ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

「トムヤムクン風ピリ辛スープ」のレシピ 【手話キッチン】

記事公開日:2022年09月09日

レシピのポイントを手話でお伝えする「手話キッチン」。今回のレシピは、独特の辛み、酸味がおいしいトムヤムクンを家庭でも手に入りやすい食材で再現した「トムヤムクン風ピリ辛スープ」。料理人の藤林恭兵さんが調理のポイントを教えてくれます。

画像(藤林恭兵さん顔写真)
教えてくれたのは…
調理のポイントを手話でお届け ろうの料理人 藤林恭兵さん

材料 2人分

スープ
 水…………………………400ミリリットル(A)
 顆粒チキンスープのもと…小さじ2(A)
 ライム……………………1/8個(A)
 しょうが…………………1切れ(A)
 エビ………2尾
 しいたけ…2枚
 もやし……100グラム
 パクチー…適量

ソース
 コチュジャン……小さじ1/2
 ゆずこしょう……小さじ1/2
 ナンプラー………小さじ1/2
 ライムの絞り汁…小さじ1/2
 油…………………小さじ1
 塩…………………ひとつまみ

つくり方

(1)Aを鍋に入れて、水から煮だす。

画像()

(2)沸騰したらライムを取り出し、ひげと背わたをとったエビを殻付きのままゆでる。

画像()

(3)しいたけを切ってスープに入れる。もやしを入れることで、食感にアクセントがつく。

画像()
スープのポイント!
本場ではコブミカンの葉とレモングラスを使いますが、藤林流レシピでは手に入りやすいライムを使用。皮ごと使うことで、柑橘の香りと苦味、酸味を加えることができ、トムヤムクンの味に近くなります

(4)ソースの材料をしっかりと混ぜる。

画像()
ソースのポイント!
本場で使うのは、チリインオイル。辛み、甘み、うまみをあわせ持つ万能調味料です。
今回は手に入りやすい調味料を使い、辛み、うまみや酸味を複雑に重ねます。ポイントはゆずこしょう。辛み、苦味、柑橘の香りなど、トムヤムクンに欠かせない要素がすべて入っています。

(5)混ぜ合わせたソースをスープに入れる。

画像()

(6)最後に盛りつけて、エビやパクチーを乗せると、トムヤムクン風ピリ辛スープの完成です。

画像()
\手話キッチンのレシピはこちらから/
毎日のごはんスイーツ

あわせて読みたい

新着記事