ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

平成がのこした宿題「子どもの貧困」~なぜ見過ごされてきたのか~

記事公開日:2019年05月16日

「子どもの貧困」という言葉を耳にしたことがある人は少なくないと思います。しかし、一見豊かにも見える日本で、子どもの7人に1人が貧困状態にある、というのはどういうことなのでしょうか。バブル崩壊とともに始まった「平成」は、雇用保障や社会保障の変化が進む中で格差が広がり、貧困が固定化した30年でした。その影響から、いま日本では7人に1人の子どもが「相対的貧困」の状態にあると言います。長い間、子どもの貧困が見過ごされてきた現状とその背景を振り返ります。

平成の30年間で貧困率が上昇 遅れた対策

これは、平成28年に厚生労働省が発表した「子どもの貧困率」のデータです。日本の子どもの貧困率は30年間で上昇を続け、平成27年には13.9%まで下がったものの、いまだにおよそ270万人の子どもが貧困状態にあります。

画像(子どもの貧困率の推移)

出典 厚生労働省 平成28年 国民生活基盤調査

実は、ここで使われている貧困率のデータが初めて世間に認識されたのは平成21年(2009年)のことでした。グラフには、昭和61年(1986年)からの数字もありますが、当時は子供の貧困率のデータは存在せず、平成21年に初めて政府がデータを発表した際にさかのぼって公表されました。

「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークの世話人でもある沖縄大学教授の山野良一さんは、子どもの貧困率が長い間公表されず対策を講じるのが遅れてしまったことも、貧困率が上昇してきた一つの要因なのではないかと考えています。

画像(沖縄大学 教授 山野良一さん)

「実は、平成18年から19年ぐらいにOECD(経済協力開発機構)がレポートを出して、その中で日本の子どもの貧困率は高いんじゃないかと指摘されていたんですけど、当時の政権はあまり認めたくなかったんだと思います。それで平成21年、政権交代で民主党政権になった時に初めて公表することになったんですね」(山野さん)

山野さんは、食べものがなく飢えるなど命に関わる状態を指す「絶対的貧困」に対し、日本における貧困は社会の中で“普通”とされる機会が得られない「相対的貧困」であると説明します。

「例えば、自分の机が持てないとか、自分の机を持ってても、部屋の中が…お家が狭くて、静かな環境で勉強ができないとかですね。それから…皆さんどうですかね、今、多くの子どもたちは1年に1回ぐらいは家族旅行に行ってると思うんですけど、そういったこともできないっていうことが、相対的貧困なんじゃないかなと思うわけなんですね」(山野さん)

貧困が“固定化”した「平成」

では、なぜ平成の30年の間に、これほどまでに貧困が進んだのでしょうか?

社会的構造の中で、この貧困の大きな要因となっているものが2つあります。1つは、雇用の劣化です。平成7年に日本経団連が新時代の日本的経営を公表。これにより終身雇用の適用範囲が限定されたことで、いわゆる一般職はパートや派遣といった非正規雇用への切り替えが進み、平成11年には労働者派遣法が改正されました。

画像(貧困の社会的要因)

「いわゆるバブル崩壊、それからリーマンショックがあって、大きな不況を経験してるわけですよね。この2つとそれらが重なることで、子どもたちを育ててる親たちにも、非常に深い影響を与えてしまったということなんですね。とくにひとり親世帯に対する影響は大で。日本のひとり親世帯の貧困率ってのは50%を超えてるんですね。先進国のなかでも最も高い部類に入るということなんです」(山野さん)

こうした状況は、本来であれば社会保障が補うべきはずのものですが、不足しているのが現状です。平成14年の児童扶養手当法改正による影響について、山野さんは次のように指摘しています。

「もともと日本って、1人親だけじゃなく、子育てをしているすべての世帯に対する、教育の保障だとか社会保障が非常に少ない国なんですね。そこに加えてひとり親に関しては、児童扶養法が平成14年に改正されて、(全部支給されるのが)年収で130万円の世帯までに抑えられちゃったんですね。131万円から上の世帯も、少しずつ減額されていくという制度に変わってしまったんです」(山野さん)

親が貧困であることによって、子どもは教育の機会を制約されることも多くなります。その状況を放置してしまうことで懸念されるのが、「貧困の社会的連鎖」です。

画像(貧困の社会的連鎖の構造)

「あまり単純化して考えるのも良くないとは思うんですけど、親御さんが経済的に困難になると、子どもたちの教育を受ける権利が制約をされちゃうわけですよね。でそうすると、例えば大人になった時にやっぱりまた、貧困状況に陥りやすくなってしまう。こういうことは、やっぱりあるんだと思うんですね」(山野さん)

次回の記事(『子どもの「相対的貧困」 食い止めるには』)では、貧困の連鎖を食い止めるために何が大切なのかを考えます。

※この記事は2019年2月5日(火)放送のハートネットTV 「平成がのこした宿題5 子どもの貧困~連鎖どう食い止めるか」を基に作成しました。情報は放送時点でのものです。

あわせて読みたい

新着記事